2016年10月18日

演劇・ゴジラ・シェイクスピア

終わらない仕事を定時に放り投げて、走りに走って滑り込んできました。
早稲田大学演劇博物館主催、シェイクスピア没後400年記念特別展「沙翁復興ー逍遙からNINAGAWAまで」関連イベント「狂言とシェイクスピアの出会い」​@早稲田大学大隈大講堂っ(≧∇≦)
ご出演はもちろん、野村萬斎さん。聞き手は演劇博物館副館長の児玉竜一先生です。

もう……最高でした……

昭和元禄落語心中とのコラボイベントを大隈講堂でやると聞きつけたものの、とっくに申込期間は締め切られていた上に逆立ちしても参加できない日時だったため歯噛みしていたとき、偶然に見つけたこのイベント。
小躍りしながら申し込み、最後方の席ながらなんとか滑り込みで当選したのです。
喬太郎師匠の死神もめっちゃくちゃ聞きたかったけれど(昨年ご縁があってから、すっかりファンなのだ)、こちらも楽しみ♪

D2253F48-B503-4755-A145-8B6F42C44A09.jpg
イギリスから帰ってきたばかりの萬斎さん。光沢のある茶色のスーツ(遠目のためどんな洋服かよく分かりませんでしたがたぶんスーツ……)に合わせたのは、ロンドンのポール・スミスで買ったという「手が上を向いたゴジラのネクタイ」!
店員さんはダイナソーと言っていましたが、これはゴジラだ!と嬉々として買われたそうです。ちなみに靴下もおそろいとのこと。笑

そんなシン・ゴジラのお話に始まり、幼少期の演劇との関わりからシェイクスピアとの出会い、そして演じるまで、たくさんたくさんお話しいただきました。
まだその余韻にふわふわしていますが、抜粋。

まずシン・ゴジラ。
『のぼうの城』でご縁のあった樋口監督から直にお伺いがあり、まず監督陣とお会いしてどんなことができるかを伝え、ご了解いただいてから実際の演技に入ったそう。
モーションキャプチャーの時には着込むところから含めて半日ゴジラを演じっぱなし!実際に撮影したのは2〜3時間ほどだったそうですが、クタクタになりましたと。
モーションキャプチャーとしては立ち上がるところからやった筈で、いわゆる蒲田くん(まさか萬斎さんの口から「蒲田くん」を聞こうとは!)はやっていない筈……だけれど疲れ果てていたためよく覚えていませんとのことでした。笑。
演じるときには切り顎の面を着けたいと要望し、それを作っていただくまでに2〜3回やり取りをしたそうです。狂言で四つ足の動物を演じるときもそうですが、やはり面があることでなりきっていけると。
このあたり、何度も立ち上がっては実演していただき、拍手が起きると「所詮肉体労働者ですから」と笑いもとっていました。
火を吐くシーンも演じました。そのときは、能の道成寺での清姫の動きを参考にしたそうです。エネルギーを放出するイメージは同じ、と。自分は実際に道成寺でそれを演じることはないけれど、能と狂言は親戚同士ということで参考にしましたとのこと。

人でないものつながり?として、昭和天皇も演じられましたねと児玉先生。
そこつなげる!?と笑いつつ、やはりその他の人(というと語弊があるかもしれませんが)と一線を画す存在として古典芸能の演者が演じることの多い昭和天皇をやらせていただきました。
能狂言での全体の見わたし方や、ジャパンフェスでロンドンへ行ったときの打ち上げで皇太子殿下が演説をなさったときの、誰のことも見ていないけれどすべてを見通している、あなたに語りかけていますということがはっきりと伝わる視線や動きが、大変参考になったとのことでした。

そもそもお母さまの影響で本を読むようになり、中学生のときにシェイクスピアを勧められたものの、脚本の読み方に慣れていなかったため読み通すこと自体が大変だったそう。お父さまにはむしろ中国の京劇やポーランドの前衛芸術・カントールなどに連れて行かれ、衝撃を受けたそうです。そりゃそうだ……
シェイクスピアを見始めたのは大学に入ってからで、ほぼ同時期に演じるようになったと。
それ以前にも演劇集団円の方と共演の機会はありましたが、本格的に組むことになるハムレットのオファーがあったとき、お父さまにそのことを伝えると、
「やっていいかどうかではなく、わたしもハムレットをやらないかと誘われたことがある」と許可がどうの以前に張り合われた、と、笑い混じりにおっしゃっていました。親子以前に別個の演者として対抗意識があったのかも、と。
その後、ウィンザーとヘンリー4世を翻案した「法螺侍」をジャパンフェスでロンドンへ持って行き、高橋康也先生の緻密に考えられた翻案と字幕の妙もあって好評を得た。
そして、イギリスで演じることで教わることも多いと思い、文化庁芸術家在外研修制度を利用してロンドンへ留学したそうです。
ただ、ロンドンでシェイクスピアをやりに来たというと「退屈なものを!」だの「つまらないよ!」といった反応を受けて、これはまさに日本で能狂言が好きと言ったときと同じ反応だ、と思ったそうです。
イギリスのシェイクスピアは長い伝統とはいえ脚本と劇場くらいしか残っていませんが、狂言はそれに加えて型……演出方法も伝わっており、それは大きな強みだと考えたそう。ただその頃イギリスでもフィジカルシアターが台頭してきており、それは良かったと。
リニューアルしてロンドンのグローブ座は、橋掛かりがないくらいで能舞台と近いと感じたそうです。また、イギリスの舞台はどうしても舞台を作り込み「足し算」で解決しようとしていきますが、それはグローブ座には馴染まない。むしろ引き算で解決しようとする能狂言の方が、観客に「約束事」を押し付けていけてグローブ座で演じることには馴染むだろう、など。

途中からは実際の映像もふんだんに取り入れてお話しくださいました。
法螺侍、は実演でしたか。まちがいの狂言、国盗人、マクベス。
どれも本当に魅力的でうわあああ全編観たいぃぃぃ!
生で見逃している自分を叱りつけてやりたいほどでした。
他にも魅力満載で、シェイクスピアをやるにあたって河合祥一郎さんと夜っぴて翻訳して新訳を作り上げたり(大学時代にそれを聞けていたらもう少しまともな発表ができたかも!)舞台に乗せるにあたっても引き算や面を活用したりと、ああもう全部書き起こして残しておきたいほどですが語りつくせませんのでこのあたりで。
本当に素晴らしい時間をありがとうございましたとしか言いようがありませんでした。

ふわふわと夢見心地で講堂を出て、ふと河合祥一郎さん版のマクベスを読みたくなりあゆみブックスへ急ぎます。そのまま神楽坂まで歩いて一杯やろうかななんて思っていたら。
ない。
ない……っ!
それに気づいた瞬間、踵を返して高田馬場まで猛然と歩き、芳林堂書店へ駆け込みました。
そこでも、ない。
……そこで気づきます。なんで日本作家「河合祥一郎」で探しているのだわたし。
心を落ち着かせてから、海外作家「シェイクスピア」で探したら、即座に数冊見つかりました。
そりゃそうだよね……絶対あゆみブックスにもあった筈なんだ。あそこにはたいていの良きときに読みたい本がある筈なんだもの。悔しい。あほだわたし。
ただ芳林堂書店にはマクベスがなかったため、次に気になっていた上に解説が萬斎さんだったハムレットを購入。ついでにおまけも。笑
7D2C5C71-DE7D-4E75-8000-BC10904F9C6F.jpg
とっくにこく〜んさんは閉店している時間で、高田馬場あたりでひとりでゆっくりできる場所をそれ以外に知らないわたしは、地下のカンタベリ・カフェに吸い込まれてみました。
たばこの煙に燻されて若干気持ち悪くなりつつ、なんとか心の足を地につけ直します。
37256898-2829-4315-B1F0-9306FADE5036.jpg
まあ、コーヒーがおいしかったので良いのです。

校正皆無のため読みにくいかと思います。すみません。最後にその他の雑感。
早稲田通りを歩きながら気づいたこと。ビルが新しくなって、全体的にこざっぱりとして、そしてつまらなくなった……チェーン店、増えたなぁ……
早稲田松竹は今週の金曜日から岩井俊二監督特集。リップヴァンウィンクルの花嫁やるよ!今はキャロルやってるよ!なにそれ観たい入れてくれ。
芳林堂書店はエスカレーター上がってすぐ左の本棚で大々的に広島東洋カープ特集やってました真っ赤だったすごかった小窪哲也(ない)。そこから進んだ島では大々的にゴジラ特集、そのさらに奥の本棚に接した平積みスペースでは昭和天皇実録特集が組まれていて、なんだこのわたしホイホイゾーンはと頭がくらくらしました。自宅最寄りの本屋さんの貧弱な品揃えを思い出して泣けてきた……
あゆみブックスの斜向かいくらいにあった大きな本屋さんはファミマになってました。本屋さんがなくなったこと自体は知っていても、地下鉄上がってすぐのあの天才的なホワイトボード芸を目にできないと胸がきゅっと詰まります。

こんなところかなー。

思い出したらまた呟くかもしれませんが。
本当に貴重なお話をお聞かせいただきましてありがとうございます。
これからのご活躍も楽しみにしてます!萬斎さんはもちろん、演劇博物館も!!!
今度はきちんと展示も見に行かないとなぁ。

しかし落語は元々好きなものの、最近狂言に完落ちして野球にハマりつつあり今度お相撲も生観戦する予定の毎朝ラジオを聴きながら支度して出勤しているわたし、なんだかものすごい勢いで時代と逆行している気がしてちと不安だったりします。巨人・大鵬・卵焼き……
posted by こうや at 22:18| 東京 ☀| Comment(0) | 映画/舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月16日

SKI2016-11 あんこの甘さが愛らしい

日本シリーズ、日ハムと広島の対戦に決まりましたね!
かなりの距離を隔てた相手なので、どんな対戦になるのかどきどきです。お互いのホームでやり合うんですものね。盛り上がるだろうなぁ。どのラジオで中継するのかなぁ。楽しみだなぁ。
日ハムはまだ大谷選手くらいしか知らないのでどなたかご教示お願いします。プロ最速の男、大谷亮介。いやぁすごいねえ。
ごきげんよう、こうやです。

さて。
阪急嵐山線で意識を失っていましたが、無事に気を取り直して到着したのは嵐山駅。
そう。せっかくなので嵐山観光もしてみよう大作戦です(((o(*゚▽゚*)o)))
阪急からだと少し距離はありますが、あの渡月橋もわたりますよー!
33509224-FA4E-4D5F-BA42-23455CE5F22D.jpg
こうしてみると、嵐山の風景ってもんのすごくわたし好みです。橋の上に立ってみると山がすぐそばでびっくりしますけれど。遠景というより近景に山がありますけれど。緑は目に心地よいですね。

しかし、渡月橋を渡り終えたあたりでわたしの体力が底を尽きました。
もうとにかく休みたい!わたしを座らせて!
心の叫びに導かれ、よろよろと目抜き通りを歩いていき、ふと吸い込まれた先は。
天龍寺の目の前にある、「稲 ine」の茶房です。

この稲、喫茶と食事処が隣り合う別棟にあり、食事処はおとうふ中心で結構なお値段のするようですが、茶房は入りやすい雰囲気。
2階へ上がると、親子連れと多国籍の喧騒に包まれて、いかに観光客にとって入りやすい場所であるかがうかがえます。
目抜き通りに面した窓際のカウンター席に座り、メニューをじっくり眺めて頼んだのはこちら。
36647140-7831-40ED-907A-B7CA41438393.jpg
本わらび餅あんみつ〜(*´ω`*)
竹の器に入っているのがなんともたまらずかわゆいです。もう♡
本わらび餅はつるんとしておいしく、ほうじ茶アイスももちろんあんこも、どれもほっと心癒されるお味でした。
おいしかった!
この甘味処はさくら餅が名物のようで、今回はメニューになかったのかタイミングかでいただきませんでしたが、ぜひ一度食べてみたいものです。
あんみつでほてった身体を落ち着かせ、あたたかいお茶をすすりつつ窓の下を通る大行列を眺めてまったりしていました。お祭りでも始まるのかと思った大行列、どうやら最後に人力車に揺られてきた金キラ絢爛衣装に身を包むお祖母様の寿のお祝いのようで、その豪華さにびっくり。いったいどちらのお家の方なのかしら……
大行列のしっぽの先まで見送って、なんだか良いものを見た気分になりました。

休んで体力回復したあたりで今日は満足。
せっかくなのでこれから天龍寺へ向かいますが、それはまたの機会に。
ではではね。
posted by こうや at 20:48| 東京 ☀| Comment(0) | 旅行/遊興 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月15日

きちんとしてるってうつくしい

こんなうつくしい秋晴れの日、お外に出ないなんてもったいない。
ええ今日も仕事です。ごきげんよう、こうやです。

先日、こんな素敵ないただきものがありました。
E13AD3EC-2CF2-497F-9DB8-6C4D9601AAD8.jpg
八幡製鐵所のお土産だそうです。
一見何の変哲もない成形チョコレートのようですが、このボルトとナット、なんと……はまるんですって。

どうぞお菓子で遊んでくださいという、お土産としても秀逸な一品!遊ぶ遊ぶー(≧∇≦)
EE49BF7B-B91F-4894-8AEF-5F0A20B7D555.jpg
ひたすらひゃあひゃあ叫びながら遊んでしまいました。締めても緩めてもスムーズ!なんとうつくしい工業製品!
ただそれっぽい形になっているわけではなく、きちんとこうして繋げられるというのが素晴らしいの一言に尽きます。
うわー……これでお菓子の家作りたい……組むところからやりたい……
そんな壮大なことを考えつつ、最後はバラバラにして口に含みました。雄ねじと雌ねじの感覚が舌に伝わる愉悦。最高か。
一気に八幡製鐵所行きたさが高まったこうやさんでした。

こういうお土産たまらなく好きなんですわぁ。たまりませんなぁ。

その流れで、高校時代に六角レンチを持ち歩いていたことをなつかしく思い出していたら、どうやら主流派ではないことを知りました。
あると便利なのにね、六角レンチ。わたしのカバンにはたいてい、六角レンチと予備のヒューズとゼラ見本帳の3点セットが入ってました。
なつかしいなぁ。また遊びたいなぁ。
posted by こうや at 17:10| 東京 ☀| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする