2016年10月23日

禅の教え、突き詰めてぶっ飛びKAWAII

えっと……今日……冬……?
突然の気温の変化にとても身体がついていきません。
ごきげんよう、こうやです。
寒さに震えて飛び込んだスタバでようやくTEAVANAを飲めました。ゆずシトラスティー。口に含むたび、鼻先にもわんと残る香料が気になりますが、火傷しない程度に熱い液体がお腹まで染み渡っていくしあわせに心底ほうっと安堵のため息。ああー……お茶、しあわせ……

さて。
芸術の秋ということもありまして、伺ってきました美術館。
気になるところは数あれど、まずはこちら。
出光美術館で11/13まで開催されている、大仙酷Wです。
最近は「かわいい」日本画としても評判らしい仙高ウんとは、臨済宗の僧侶。「博多の仙高ウん」として絶大な人気を誇る方だそうです。
不勉強ゆえ存じ上げなかったのですが、薦められるがままにほわわんとお邪魔して、大変しあわせな思いを致しました。

47757EC6-7FA6-4E83-A62E-9C2FD88EED81.jpg
まずもって、このチケットのかわいらしさが群を抜いていますよね。なんだこれ。たまらぬ。
臨済宗は問答を繰り返して悟りを開いていくため、とにかく普通と違った思考法が求められるのか、ぶっ飛んだお坊さんが出てくるイメージがあります。
そういえば現在絶賛連載中(……)の旅行記でも、2日目にお邪魔したお寺はどれも臨済宗でした。ユニークなお寺の数々、決して嫌いではありません。むしろ大好き。
その中でも印象的だった鈴虫寺の御説法を思わせるような、仙高ウんの作品の数々でした。

どの絵も本当にお顔が良いの。
良いお顔をした七福神やお釈迦様、人間味あふれる禅僧たち、のびのびとした子どもらになんともいえぬ愛嬌をたたえた動物たち……
仙高ウんが限りない愛をもって眺めている様子が伝わります。世界とはこんなにも楽しげなものだったのか。
その一方で、円相図など禅の教えをシンプルにあらわしたものもあり。けれどもそれも、添えられた文章になんともいえぬ可笑しみがたたえられ、そこからも仙高ウんのお人柄に触れられてうっとりとしました。
あまり広くはない会場ですが、縦横無尽な仙高ウんの作品の魅力にたっぷりと包まれる、とても良い展覧会です。
個人的には絶筆碑画賛と指月布袋画賛がたまりませんでした。布袋さまはモチーフキャラクターにもなっている、たとえようもなく愛らしいお姿ですし、絶筆碑画賛に至っては、日に日に増え続ける書画の依頼に悲鳴を挙げた仙高ウんがわざわざ丁寧に碑を建て絵までしたためて宣言した(ものの結局断りきれずに絶筆はならなかった)痛烈なもの。あの力を入れた絶筆碑画、いやあ素晴らしい。
グッズショップでもうっとり眺めてしまいました。さじ加減もたまらないなぁ。ああでもあれもこれもポストカードにしてくれればいいのに!
今現在は、ほぼフルカラーで厚さ5cmほどの図録2,400円を買うかどうか悩みに悩んでいるところです。図録、読むかしら……でも、本当に良いお顔の作品ばかりで、こんなに勢ぞろいで見られる機会はなかなかなさそうだし……うれしい悲鳴。
大胆な略図に、迷いのない筆さばき。竹を描いたものなど、あまりのうつくしさに恍惚としてしまうほどだったのでやっぱり図録買おうかなぁ!

仙高ウんをまったく知らなかったわたしですら心酔してしまいかけるのですから、この展覧会は本当におすすめです。
単純にかわいらしい作品で目の保養でも充分だと思います。
ぜひに、ぜひに。
posted by こうや at 22:46| 東京 ☀| Comment(0) | 美術/音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]