2016年10月26日

SKI2016-13 そして竹林へ

秋色の掛布団カバーを買って意気揚々と替えてみたら、夏色の掛布団カバーとほとんど雰囲気が変わらなくて愕然としています。
好きな肌触りのものが限定されすぎているせいですね。ごきげんよう、こうやです。
シーツも同じ素材の同系色しかないので、もう仕方ないです。一年中同じ色味。

さて、ゆるゆると2日目の午後を過ごしてますよ。
天龍寺を後にして、ゆるい坂を上がって北上。
縁結びで知られる神様を目指して左折した瞬間、すさまじい既視感に襲われました。
あれ……わたしここ、来たことある……っ!
AE834986-6252-49EF-A599-70F6D15CD82F.jpg
すっかり忘れていたのですが、卒業旅行で友人と嵐山に来たときに通ったようです。
つまり、初めてだと思ったあの神社も、既に経験済み……
うっかりぽんなこうやさん、苦笑しながら竹林を越えた先は、野宮神社でした。
斎宮が禊を行ったなんて信じられないくらいこぢんまりとした小さなお社は、人がごった返しています。
お参りをして、ぐるりと回って御朱印をいただきました。あらかじめ書いている紙をいただくタイプ。
驚くほどの竹林なので、風が吹くとさらさらさらと葉擦れの音が。その爽やかさは、京都の風の音と言われれば納得するほどでした。
竹の音は良いものです。

野宮神社を後にして、竹林の小径を再度お散歩。嵐山の目抜き通り(通りの名前を知りませぬ)に戻ってそそくさと向かった先は。
喫茶コーナーがありそうだぞ、と目星をつけていた、老松さんです!
夏柑糖という爽やかなお菓子が夏の定番であるこの和菓子屋さん、新宿にも店舗はあるものの、喫茶に入るのは初めて。
どきどきしながら通された先は、思わぬゆったりとした席に、坪庭が優しい安らぎを与える夢のような空間でした。
夏柑糖の時期は過ぎてしまっていましたが、代わりに晩柑が出ていたので頼みます。
間もなく、運ばれてきたものは。
0D855A4D-5D58-4EC8-9592-EDDDFFC04677.jpg
まるまる半分出てきたぞwww
晩柑は、グレープフルーツの中身をくりぬき、たっぷり果汁をゼリー寄せにして中に詰め直したなんとも贅沢な一品。夏柑糖はグレープフルーツの代わりに夏みかんを使っています。
爽やかな香りと甘みがたまりません。疲れて渇いた身体に染み込みます……ふうううう
あったかいお茶と、晩柑。
このままいつまでもぼーっとしていられそうなほど、しあわせな時間を過ごすことができました。

力を戻して渡る渡月橋。
40B54A28-7156-44F5-B49F-C4AFDAB61A33.jpg
なんともいえない眺めです。

そろそろ京都市内に戻りたい気持ちもあるものの、このまま戻るのもな、という気もあり。
少し悩んで、駅近くの神社にお邪魔してみました。
133203DE-130B-4BF2-8685-2471427D5717.jpg
櫟谷宗像神社、だそうです。
お金の神様だとのことでしたので、そういうお願い事をしてみたものの、お参りが済んで振り返った瞬間、目に飛び込んできた幟に鮮やかに染め抜かれた文字は。
「えんむすび」
えー!お参り前に言ってよー!笑
思わず笑ってしまいましたが、モンキーパークに隣接した面白い立地のこの神社。ちょっとした清涼剤になりました。

到着したときからひたすら疲れ果てていた嵐山編もこのあたりで。
大好きな阪急の、抹茶色の座席に身体を沈めて、一路、四条に戻ります。

そろそろいい加減に2日目を終えたいものですね。どうやったらさくさく進むのかしら。
ではまたね。
posted by こうや at 20:33| 東京 ☀| Comment(0) | 旅行/遊興 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]