2016年10月25日

焼きまんじゅう原理主義穏健派

やっぱりホームは強いなあ。
そしてどちらの四番打者もさすがの貫禄、カッコいいねえ。
ごきげんよう、こうやです。

さて。
皆さんの地元には、いわゆる郷土料理や地元グルメのようなものはありますか。
いまいちどこの出身でどこが地元と呼べるか判然としないわたしですが、地元メシにはそれなりにこだわりがあります。

わたしがこだわる地元メシは、その名も焼きまんじゅうといいます。
群馬県のローカルフードなのですが、なかなか他人に伝わらないものだったり、します。
焼きまんじゅう。
皆さまこの言葉からどんなどんなものを想像するでしょうか?
要するにおまんじゅうを焼いたものなのです。
そうなのです。
つまり、こんなものです。
BDF65225-9237-4394-9EB7-99D746D0538B.jpg
大丈夫でしょうか、イメージしたものとだいたい一緒でしたか?
この焼きまんじゅうとは、ふかしたおまんじゅう(日本のいわゆるおまんじゅうよりも中国の饅頭寄り、要するに肉まんの皮だけを想像してください)を竹串に刺して、黒糖などで甘くした味噌ダレをつけて焼いたものです。お祭りの屋台などで売っていて、これを焼くのは炭火焼の焼き鳥を焼くときに使うようなアレなので、直火にかけて味噌ダレに少し焦げ目がついたあたりがとってもおいしくてはふはふしながら焼きたてにかぶりつくのが至福。
たぶん、思いついたように時折ブログにも書いていたような気もします。

そんな焼きまんじゅう、先日東銀座のぐんまちゃん家前を通りかかったら売っていたので、まんまと吸い込まれてきました。
55046585-7A82-4801-8C57-FB9C426614C9.jpg
東京まで出てくる焼きまんじゅう屋さんなので、非群馬県民にも配慮してか「あん入り」なる謎の焼きまんじゅうも売っていました。聞いてみたところこしあんが入っているそうな。なんだそれ!焼きまんじゅうなのか!?そのまま食べろよ!そのままの君がいいんだよ!
とは思ったものの、穏健派なのでまあいいかと自分も日和ってミニサイズとやらの焼きまんじゅうを購入。4つ1串で150円。串は抜かれてました……
一番最初の写真でいうと、右上が一番スタンダードな焼きまんじゅう、真ん中がミニサイズ、左下がどうもあん入りのよう。サイズの違いが伝わりますかしら。
ミニサイズ、ぺろりと平らげてしまったので、普通の焼きまんじゅうでも余裕だったかもしれません。この焼きまんじゅうが好物すぎて、小学生のときでも2串3串当たり前だったなと思い出しました。その代わり、その後のごはんは一切入りませんでしたが。

そんな穏健派こうやさん。
もし過激派だったら暴れていたのではないかと思うようなメニューも、店頭にはありました。
どどーん。
90868289-C185-45EB-9B9C-CE5AC38C2B09.jpg
焼きまんじゅうパフェwwwww
なにそれwwwww
ぐんまちゃん家にソフトクリームマシンがあるから思いついただけなのではwwwww
見つけた瞬間爆笑してしまいました。夏だったら頼んでた!笑
味噌ダレとソフトクリームは案外相性が良いような気もしますし、実際そこそこ売れ行きは良さそうでした。
あん入りの焼きまんじゅうは即座に許容しかねますが、こういうアレンジは嫌いではありません。
もしかして、食べてみたらあん入りの焼きまんじゅうも好きになるかもしれませんが、それは裏切りのような気がして躊躇してしまってます。
そもそも自分の故郷でもないのでエセソウルフードという噂もありますが。

聞いてみたところ、ほぼ毎月数日間とはいえ出しているそうなので、気になる方はぜひ。
冷凍焼きまんじゅうもぐんまちゃん家では常時売っていますが、家で焼いてもあの味にはならないのです。炭火焼?むしろ直火大事。
ついでに峠の釜めしの出張販売もあり、まんまと指をくわえたこうやさんでした。
posted by こうや at 23:01| 東京 ☀| Comment(0) | ごはん/甘味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]