2016年10月05日

SKI2016-05 きなこなこなこ

日をまたぐ前に心が折れそう……
いやいやがんばると決めたのです。ごきげんよう未だに初日のこうやです。
いったいどのくらいの方がこのブログを読んでくださっているのかしら……笑

さて。
清水寺を後にして、坂をどんどん下っていきます。
伏見稲荷大社、いえ、それ以上にここは人が多い!
車両通行止めな訳でもない坂いっぱいに、上る方や下る方がひしめき合い、その隙間をタクシーが飛ばしています。
お店の売り子さんも負けじと道まではみ出して、呼び声も威勢が良い。
いやぁ、すごい空間……
坂の途中にある、お気に入りの七味家さんで七味を買い求めながら人混みを逃れ、そこから産寧坂へ折れていきました。山椒の香りは癒しです。

産寧坂は街並みも綺麗にしていて、眺めているだけでもしあわせ。
それでも、さすがに疲れが溜まってきていて、景色も良いけどおやつもね、という気分に。
そんなところへよーじやの文字を発見し、ふらりと立ち寄りました。
残念ながら物販のみでカフェはありませんでしたが、人波から一時でも離れられてほっとします。
買い物を済ませて更に下り、そろそろ限界だと悲鳴をあげかけたとき、突然こんなお店が目に飛び込んできました。
FF1D0521-FBC2-48CA-B7AF-D98225647CA3.jpg
わたし好みの可愛らしい外観とお店モチーフ。そして嫌いなはずのない文字。
そのままふらふらと吸い込まれてしまいました。

きなこ家さんはその名の通り、全品にきなこが入っているようです。
月曜から夜ふかしでマツコが口にしたメニューもあるとのことでしたが、悩みに悩んで「アイス抹茶きなこミルク」を選んでみました。
ああでもぎりぎりまで悩んだきなここあ、今思い出しても飲んでみたかった……笑
BD89D56B-8899-43F3-9EA6-82A10966F409.jpg
疲れた身体に甘さがありがたかったです。お茶請けのきなこクッキーと冷茶もおいしかった。さっぱりしました。
小さな臼も置いてあり、希望があればきなこを挽けるようでしたが、スルーしてしまいました。珍しい!よほど疲れてたのね!(;´∀`)
全体的にかわいらしくまとまったお店で、まったりできます。奥の大テーブルが囲炉裡だったりと、椅子席ですが和風な雰囲気も取り入れていたり。客席にはしていませんでしたがキッチンとつながるカウンターがかなりどっしりとしていて見ごたえありました。
しかしきなこ、意外に何にでも合うからもっとどんどん使っていこう。

しばしの休息と栄養補給、それでも完全回復とまではいかないようで、清水坂から京都駅まではバスに乗ります、が、立錐の余地もない混み具合に危うく酔うところでした。いっそ歩いた方が気持ち良かったかもしれません。とはいえどんな混雑でも一応バスの方が到着は早いのですね。
何度信号が変わっても進めない交差点にいらいらしたりもしつつ、ようやく着いた京都駅でそそくさとバスを降り、ロッカーの荷物をピックアップ。
1730、いよいよお宿へ向かいます!

本日はこのあたりで。
明日はいよいよ、初日の最大イベントにたどり着ける、かな……笑
posted by こうや at 00:54| 東京 ☀| Comment(0) | 旅行/遊興 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]