2016年09月15日

魅惑の球場(メシ)

季節の変わり目ですね、雨なのかはっきりしない天気が続き気分もどんよりしています。
ごきげんよう、こうやです。雨が降るか降らないかの、降らないところをなんとか選んで生き延びています。

さて。
いただいたお誘いにうきうき乗って、行ってきました野球観戦〜!
スポーツ全般に疎いことで知られる(知られてはいない)こうやさんですが、その中では一番観戦回数が多いのが野球だったりします。
なので、ルールは、分かる、と、いいな……
場所はぼくたちのホームグラウンド、明治神宮球場。なんと大正15年の竣工、関東大震災で壊滅的打撃を受けた東京に颯爽と現れたのかなぁなんて夢想してみたり。

雨予報も覆り、ほんの少しは涙をこぼしたものの最後まで天気も堪えてくれました。良かった良かった。
当日チケットをもらうまで、否、もらってもよく場所を理解できていなかったわたしですが、いざ座ってみるとバックネット裏2列目という恐ろしく見やすい位置!うひょう!
7C3C5752-F8FB-4360-BB91-5F6BD1C6E9C2.jpg
今までは内野席?か外野席?にしか座ったことがなかったので、こんなに間近でバッターボックスが見られることに驚きました。そのため今回はどうしても守備より攻撃に意識がいってしまった……(*´∇`*)

さて。
野球観戦といったら、一番の楽しみはなんといってもジャンクな球場メシですよね!一番って言い切るよ!
この球場ならこれを食べる、というのがきっとどこにでもあるのでしょうが、わたしの場合、神宮球場に来たならば絶対食べたいのが「メガ盛りソーセージ」!!
発泡スチロールのトレイに長かったり短かったり辛かったり色が違ったりする数種類のソーセージを山盛りにしているこのジャンクとしかいいようのないメニュー、見た目のインパクトもさることながら、搾乳機のような巨大な機械でケチャップとマスタードをかけ放題なのも魅力。
今回食べたのはうっかり写真を撮り忘れたので、過去の写真を探したのですが見当たらず、ならばと記憶を頼りにイラストを描いてみたらエンバーミング処理後ポップに積まれた内臓みたいになってしまったので皆さまのご想像に委ねます。
そのほかにも、餃子や焼きそばを買い込んで気分はほとんどお祭りです。

さて。
ジャンクな球場メシと並んで球場の魅力に挙げられるのが、かわいいカメリのようなビールの売り子さん!
笑顔で練り歩き、注文を受けるとその場でいかにもおいしそうな黄金比率のビールを注いでくれる彼女たちは見ていてほっこりします。
あの熱気の中、重たい機材を背負って階段も駆け上がり駆け下り、縦横無尽の大活躍な彼女たちは汗だくで大粒の汗を光らせながらもお化粧が全然崩れてなくて、秘訣を教わりたくなるほどでした。
しかし悲しいことにわたしはビールが苦手で、割と好んで飲めるシメイビールはまずこういう形で売られておらず、つまり、魅力的な売り子さんの恩恵にあずかることはできないのでした……涙。
代わりにうろつくコンコース。球場内にはいろんなお店ができていて、銀だこやらはなんとなく分かりますが、バスキンロビンソンズやら(熱気をアイスで冷ますのかな)ストリーマーコーヒーカンパニーまでなると、おしゃれすぎて何がなにやら……お酒を出すオシャレな外観のお店もあって、すごいなぁとぼんやり。バカルディって書いてあるー(小並感)
そんな外からのオシャレだったり特徴的なお店とは別に、昔ながらの雰囲気で球場が出しているショップもあったので、せっかくならとそちらにふらふら。
すると。
あったよ面白いドリンクが。
神宮球場はヤクルトの本拠地なため、ヤクルトの一部選手を見立てた?ドリンク類の広告が燦然と輝いていたのです。
ドリンクはどうやら4種類。その中で、唯一知っていた名前を選びました。
E338A126-C444-4B9E-8649-B12628AD9914.jpg
昨年のトリプルスリー達成者?の、山田哲人選手をイメージした、その名も「山田哲人ハイボール」です。
ウィスキーのメロンソーダ割りなのだそう。
プラカップが専用のもので、山田哲人選手の背番号1と、333と、それぞれの3の由来「打率、本塁打、盗塁」の昨シーズン記録が書かれています。あと全身像とサイン。
いいなぁこれ!うらやましいなぁ!
飲んでみるとあふれ出るメロンソーダのジャンクなお祭り感に圧倒され、ウィスキー要素を感じませんが、野球観戦にはちょうど良い甘さおいしさでした。
え、一緒に映っているもの?
……初めて見たときから、一度は振ってみたかった。
傘、です。笑

しかしすごいねこの子野球観戦に来てるのにほとんど食べものの話しかしてないよ←
ちゃんと見てましたよー。はい。
この時期は、クライマックスシリーズに出られるかどうかの瀬戸際で、特にクライマックスシリーズに出られる3位を争うヤクルトと横浜の対戦というだけあって、かなり盛り上がっていました。
節操なしなのでヤクルトファンからも横浜ファンからもご教示いただき、応援。
従来のイメージ(野球放送延長のため今週のアニメは放送延期……)とは異なり、びっくりするくらいさくさく回が進みます。下手したら焼きそばを落とさずに摘もうとしている間に攻守交代してたりしました。
仕事終わりの観戦だったので途中回からで、入る前にヤクルトが1点先制してましたが、その後に雄平選手が打って皆走って2点追加!
念願の傘応援ことビニ傘「東京音頭」踊れましたー(≧∇≦) さっき映っていたのはこの東京音頭用、振り回しても周りに迷惑のかからないちびっ子サイズの傘ちゃんです。公式グッズなんだぜ。
東京音頭は盆踊りで聞き慣れているのとちょっとだけリズムが違って、最後までそこだけつまずいてましたが、そして音が全然聞こえなくて勘でしたが、楽しかったー。
遠目にもビニールがキラキラしていて、綺麗なのです。うふふ。

だいぶ盛り上がってきた終盤、飲み物追加。
3D84232A-DCDD-4C36-A54E-38D0B44EBB2F.jpg
川端慎吾選手イメージの、「川端慎吾スペシャル KSS(カシス)オレンジ」です。
バットとグローブがオレンジ色で、それに合わせたそうな。オレンジグローブ!間近で拝んでみたかった!
飲んでみるとカシス要素をまったく感じないオレンジジュースでしたが、これもやっぱり専用プラカップでかわいいので満足!
中村悠平捕手のあだ名「ムーチョ」に絡めた「中村悠平カリモーチョ」もひと口飲ませていただきましたが……コーラの薬臭い要素を赤ワインが引き立て、なおかつワインの酸味が特徴的な……うむむむむ。コーラ苦手だから余計かも。
今回は頼みませんでしたが、バレンティン選手の故郷のお酒・ホワイトキュラソーを使った「ココモポリタン」というドリンクもあったそうです。コスモポリタンはウオツカとホワイトキュラソー、クランベリージュースとライムジュースを使っているそうで、おおこれはおいしそう。
そんな、弱め(まさかノンアルコール!?)のカクテルでふわふわ良い気分での観戦でしたが……

酔いも醒める猛攻。
9回の表、最終回ですよ最終回。
筒香が塁に出て、誰かが打って、打って、また打って、筒香が戻ってきたーーー!
すみません、記憶がおぼろげなのでやっぱり酔いは醒めてなかったのかもしれませんが。
3-0のところ、突然2点入って3-2!これは……前のめりにもなるわ……
勢いづく横浜応援団。タオルをかかげて大合唱。
あと、最終回以外でもすごかったのですが、かなり鋭いファウルボールががんがん内野席に突っ込んでいっていて、そのたびにゾンビを警戒するようなアラームが鳴っていました。もうとっくにファウルボールの行き先も決まった後のアラームなので無意味な気もしましたが……
座っていたところは高いネットが張られていて、まずボールは来ない位置でしたが、ネットに食い込む勢いでボールが突き刺さったりするたびに思わずびくっとしてました。
あとネットを越すかに見えた高い球をキャッチャーが取ったらフライ扱いなのにもびっくりしました。ファウルじゃないんだ!
そんなファウルボールで一番すごかったのは終盤、座席下のスポンサー広告が書いてあるあたりに勢い良くボールがぶつかったときで、座席が揺れましたからね。
座席が、ドォンと揺れましたからね。
あれは……怖かった……あんなの当たったら骨折で済まないですよ……
改めて野球選手ってすごいなと思ったり。そりゃバッターボックスに入るときはあれだけプロテクターもつけるようになりますわ。

結局、横浜はその回で追いつききれずにヤクルトの勝利で試合終了。
てきぱきと進むヒーローインタビューの様子を眺めつつ、東京音頭を踊ります。
そうそう、5回とか7回とか、マウンドの整備が入るタイミングでチアガールとつば美が可愛らしく踊っていたのですが、こちら側には全然来てくれなくてしょんぼり。かわいかったよー
なお、つば九郎はヘルメットを脱いで中のにおいを嗅いで固まった後、ヘルメットをくるくる回しながら投げ上げてすぽっとかぶりたかったようなのですが遥か彼方に落としてしまい崩れ落ちたりしていました。これをいつ頃やってたかは覚えてませんが、けっこうマスコット出てくるのね。
そうだ、勝利で終わった最後、選手が花道みたいに並んでハイタッチしながら控え室?に戻っていくとき、つば美はマスコット然として後ろに控えていたのですが、つば九郎は割と選手の真ん中あたりで列に並び堂々とハイタッチしていた上、その後選手が一列に並んで観客席に一礼したときも監督らしき人よりさらに偉そうな位置にいたりして、あやつもしやマスコットキャラクターでなくてベテラン選手だな?と思ってしまいました。
ヒーローインタビューでも選手にちょっかい出してたし。ドアラといい、なかなか腹黒いキャラが多いのね、野球。

野球音痴すぎて後でお叱りを受けそうですが、そんな訳で楽しく観戦いたしました。
小窪哲也、梵英心、丸佳浩に続き、山田哲人、川端慎吾、雄平、筒香嘉智がわたしの現役野球選手図鑑に登録されますよ。(敬称略)
山田哲人がバッターボックスにいて、セカンドを菊池涼介が守っていて、センターにイチローがいたら、真ん中めっちゃ強いのではなんて思いつきました。違うか。

なお、楽しく帰ってきて、しれっと持ち帰ったプラカップを綺麗に洗おうと思っていた筈なのに、気がついたら丑三つ時になっていたので、やっぱりこの2杯にはアルコールが入っていたようです。
7A741BFA-65D3-415F-859E-1617399D28C7.jpg
電気つけっぱなし、寝る支度皆無で寝落ちていたのは生涯……5度目くらい?
全部お酒絡みでしたし、お酒が入ると弱いようですね。やっぱり酔い醒ましのコーヒーは大事。

またそのうち野球観戦してみたいなぁ(´艸`*)
次はどの球場メシを味わおうかしらっ(*´ω`*)
そして次はどんな応援に参加しようかしら。
調べてみたところ、やっぱりヤクルトの傘と広島のスクワット、(広島発祥らしい)個別応援歌、鳴り物、しゃもじ由来のメガホンは有名なようですが、他には千葉ロッテマリーンズの白か黒のおばけ(?)と日ハムのジャンプ(?)、西武ライオンズの旗振りが、わたし、気になります。
特に生まれて初めて生で見た影響で贔屓しがちな西武ライオンズ、やっぱり、もう一度行ってみるしかないかしら。レオを思わせる(というかレオ本人です?)キャラクターの描かれたミニ旗だったりしたら、わたし、気になる……っ!
どなたかライオンズファンの方いらしたら、わたしを連れてってくださいませんかね……笑
どこまでも野球の周辺情報に惹かれがちなこうやさんでした。

そうそう、最後に。
山田哲人選手、兵庫県豊岡市出身で、宝塚リトルリーグに所属していたそうで。
やだもうそんなこと言われたらめちゃ応援したくなるじゃないかー。
地元と好きな土地由来の選手も贔屓しがちな、こうやさんなのでした。

……野球のガチファンには怒られるやーつだぜ、これ……(;^ω^)
posted by こうや at 20:59| 東京 ☀| Comment(0) | 旅行/遊興 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]