2016年09月09日

夜の街で酔いどれた話

ブログを放置していると思う割には、月イチくらいの頻度は保っていて自分を褒めてみたりする、身内に甘いこうやです。ごきげんよう。でもうっかり先月は更新ないね?あれれ?
暑い夏、台風週間、みなさまいかがお過ごしかしら?ご無事でらっしゃいますか?わたしは夏の初めに度重なった体調不良に笑うしかありません。日本の夏はわたしの身体に向いてない。はやく朝晩以外も秋になれ。

さて、世間を賑わす政治ファンタジー映画こと『シン・ゴジラ』ですが、うっかり既に2度観てました。作り上げられた世界観にうっとりし、こんなだったらいいなぁと感涙し、ワンシーン出演の俳優さんを「ウォーリーを探せ」のノリで見つけてはきゃっきゃしています。あとゴジラすてきね。観れば観るほどすてき。蒲田くんの可愛らしさは言うまでもなく。
その感想もおいおい書きたいなぁ書けるかなぁ書けないかもなぁと思いつつ、ある夜のお話。

シン・ゴジラに胸躍らせて映画館を後にして。
そのまま家に帰るには小腹が空いているし、少し時間にも余裕がある。ましてここは新宿だ。
なんとなく呑みたい気持ちになったので、久々にふらふらと階段を下りました。
初めて連れて行っていただいたバー、「イーグル」さん。
何年ぶりか分からないくらい久々の再訪で、わくわくしながら自動のガラスドアをくぐったのですが、階段にはびっしりと待ち人。嬌声が響き、浮かれた空気が濃厚に漂っています。
ほとんどボディランゲージで店員さんと話をして、どうやら容易には入れなそうだと諦めたところ、お詫びカードをいただきました。
そのカードを矯めつ眇めつ表に出て、ふと思いつきで足を向けたのは。
イーグルの姉妹店とカードに書かれていた、昴です。
歩いて1分足らずの、イーグルとは逆にビルの7階に位置するそのお店は、エレベーターが開いた瞬間からバブリーでした。
こちらにも数組の待ち人がいたものの、テーブル席の回転が早く、さほど待たずに入れます。
待っている間、常連らしきお姉さまに話しかけられたり。普段の客層とは違うので物珍しかったのかもしれません。

そして通されたテーブル席は、カウンターからあまりにも離れていました。
でも落ち着くなぁ、と4人席でひとり、ぼんやりメニューを眺めます。
お酒に弱く、ジンとテキーラが苦手でミントもそんなに好きでなく、そもそも炭酸が苦手な時点で多くのカクテルを敵に回すこうやさん。なぜバーに来たといわれるレベルかも。
そんなわたしにとって、長年の願いではあるものの、どこのバーでも頼む「定番の一杯」をまだ決めかねています。
仕方がないので、ゴジラが現れる前の平穏な海をイメージして、「ガルフ・ストリーム」を。
38E76A3E-AA94-462E-BD57-C0B8AB51D216.jpg
爽やかな青色がすっきりした魅力を放ち、割に飲みやすいカクテルです。ピーチとパインで夏らしいですし。
バブリーな店内の説明紙をぼんやり読んだり、カクテルチャートを眺めているうちに、カウンターが1席空いたと伺い、いそいそと移動。

2杯目にお願いしたのは「元気が出るカクテル」。
そして出てきたのは、季節の生フルーツを使った、スイカのカクテル「真夏のソルティ」!
ED45727D-14B9-4E1B-9C4B-DC6A3E9FB38A.jpg
待ち時間に常連のお姉さまからも薦められていましたが、見た目がw インパクトや色味も含めて、ゴジラwww
思わず笑ってしまいました。先にカウンターで嗜んでいたお姉さまにも「頼んだのね!」と喜ばれ、後ろから抱きしめられたり乾杯したり。お胸のやわらかさにどぎまぎしてしまうあたりこうやさんの男子高校生感すごいよね。
そこまで積極的にスイカを好まないわたしでも、ごくごくさっぱりイケる、オトナの夏の味でした。
スイカジュースっぽいけどウオツカ入ってますからね。強いよ、これ。

このあたりでだいぶふわふわしてきまして、そろそろ締めねばと思うあたり。
バーで飲むときの締めの一杯はだいたい決まっています。
バーテンダーさんに委ねる、「何かのミルク割り」。
通常はカルーアミルクやカシスミルクなどで知られるでしょうが、意外といろんなお酒がミルク割りに合うのですよ。
今回は杏仁豆腐風の「アマレットミルク」になりました。
7748670C-0421-4E19-AAA5-E4E31FF8CF78.jpg
おいしかった♪

ちなみに、薦められるままにおつまみもいただきましたが、わざわざ一口大に切ってくれたりと至れり尽くせり、お酒を飲んでいる客がまるで幼稚園児のよう。
いや、脳みそはそれくらいまで退化しているかもしれませんが。
EB07FE7E-DF73-4EB4-93D7-F46F9F032376.jpg
ガーリックトーストもさることながら、ザワークラウトつきのスパイシーソーセージは、お酒のおつまみにぴったりでした。
おいしい……

いかにもなファストファッションに身を包み、しかしのんびりどっしり構えて飲んで真っ赤になってほわほわしている独り者を心配したのか、バーテンダーさんや店員さんに大変良く面倒を見ていただき、すっかり良い気分でお店を後にしたのでした。
チャージなしというありがたさ!でしたが、飲みすぎ食べすぎだったなあ。
エレベーターで地上に降りるだけで体力を使い果たし、回る世界が止まるまでしばらく縁石にしゃがみ込んでしまったりもしましたし。典型的な酔っ払いのような千鳥足で、よくまあ粗相もせず襲われず事故にも遭わず帰宅できたものだと我ながら呆れる醜態。
終電のアナウンスをぼんやり聞いて、気づけば午前様ではありましたが、幸い二日酔いに苦しむこともなく、五体満足で翌朝を迎えられたので何よりです。

次はもう少し自制して、おいしくちょっぴりお酒を飲もう。
昔バーに通っていた頃は、ウィスキーの水割り含めて3〜5杯とか飲めていた筈なのになぁ。弱くなったのかなぁ。
それとも、3日連続飲み会参加した後だったから、肝臓がへばっていたのかなぁ。

そんな、書いたはいいもののそのまま下書きに放りっぱなしだったブログネタを今さら放出。うふふふふ。
喫茶店だとかバーだとか、好きなんです、わたし。
posted by こうや at 22:47| 東京 ☀| Comment(0) | アルコホル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]