2016年02月14日

チョコレートを弄ぶ日

ばればればれんたいーん♪
ごきげんよう、こうやです。
眠い……

さて本日はバレンタインだったわけですが、今日の予想最高気温に慄いて昨日のうちに配り歩いてしまったためわたしの中ではもはやバレンタインは過去のものでした。
むしろ今日デパート行ったらチョコレート特集やっててびっくりしたくらいだ!ひゃふ!

そんな訳で、年に一度このときにだけがんばってお菓子作ったでよ。
今年は……なにを作ったんだろう……(困惑)
ブラウニーという声があったのですが、結果的にはなんだか別のものになりました。

4F0DDCAD-741F-4AB9-B306-928C2543E5C7.jpg
じゃーん!
マフィンカップで焼いた、フランスのレシピを参考にした素朴なチョコレートケーキさんです。
自家製wラムレーズンとくるみとチョコチップをたっぷり混ぜ込んだ具沢山に、粗熱取れてから粉糖でおめかししてみました。
家族からの評判はおかげさまで良かったのですがさてさて。押しつけたみなさまのご感想……怖い:;(∩´﹏`∩);:
気力が尽きたので今回のラッピングは手持ち風でシンプルにしてみました。

こっちは本命?版。複数名で食べる頭の大きさですねw
焼いた感じの見た目はいっそうガトーショコラになりました。わふわふ。
ADB3445D-FFA3-44D4-BB26-6620DEE7842C.jpg
ハートの器で焼いたのさ!
外はしっかり焼けて、中はしっとり濃厚チョコレートになっている……筈。
押しつけたみなさまが体調を崩されていないことを心よりお祈り申し上げます。こら。

ちなみに、先日伊勢丹で見つけたおもしろチョコレートも食べてみました。
自分で食べたんかい!というツッコミは置いておいてねw
8D0214DE-3BD7-4473-ACFC-D86075ED765C.jpg
京都の料亭、和久傳さんの「恋衣」。
手前から、桑の実(ココアパウダー)、若摘山椒(ホワイトチョコレート)、蕗の薹(チョコレート)です。
桑の実は、普通においしい。表面がココアパウダーで、中にガナッシュ、そして中心に桑の実。甘酸っぱく、でもラズベリーよりも酸味が少なくて、普通においしい。
若摘山椒は、外側のホワイトチョコレートにたっぷり練り込んであって一瞬びくっとしますが、ジャパニーズスパイストリュフと思えば。
思えばまあ。練り込みあんことの相性が良いのでなんとか。
そして蕗の薹。蕗の薹……
D6236E8E-4AB4-44E1-BE6D-6661ED7512C5.jpg
どうしてこれを作ってしまったのでしょう……
蕗の薹の苦味と白あんの絶妙な不調和にチョコレートのアクセントが、おおおおお……
なんだか絶妙に絶妙にずれていて、ひたすら、おおおおお、となっています。
おおおおお。
辛い。

ちなみに、桑の実はフィーユ・ブルーさんのパルフェタムールと相性が良く、若摘山椒は同じくフィーユ・ブルーさんのエテュードと合いました。
蕗の薹は流し込んだので分かりません←
写真は撮り損ねましたが、一緒に買った「柚香」(ゆずピールのチョコレートがけ)はえらいおいしかったです!オランジェットの苦味がない版で、とても食べやすいのだー(*´∀`*)
この子がムジカのクリスマスブレンドと永久機関だったので、機会があればぜひぜひ。お召し上がりいただきたい一品。
おいしいバレンタインとなりました。

みなさまもハッピーバレンタイン♪
posted by こうや at 22:43| 東京 ☀| Comment(0) | ごはん/甘味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]