2016年02月02日

まいたけとの出逢い

え……もう、2月……?
ごきげんよう、こうやです。
近頃、流れる時があまりにも早すぎて愕然としています。

さて。
ショックはともかく、2月です。
正確には、2月1日です。
つまり何か。
こく〜んさんの新しい月のセットを食べる日、ですよね。

わーブログで書くの久々な気がする!
さっそくご紹介っ(≧∇≦)
899C40F1-F52B-4EC6-B091-AB31743E3806.jpg
2月のティーセット。
チョコとラムレーズンのミルクレープです。
クルミをざくざく入れたビターなチョコケーキを土台に、ラムレーズンを入れたホワイトチョコムースを挟んだ、新作のミルクレープ。チョコガナッシュも挟んであります!
ラムの香りが大人リッチな味わいです。
バニラとスミレと柑橘の香りの紅茶というとんでもない組合せの「パルフェタムール」がセットのお茶で、しかも確かに合うから素晴らしい。

そしてね。
新作の筈なのに、なんだかとても、懐かしい気分で食べられたのです。
なんでだろう?初めてわたしが食べた月のセットがミルクレープだったからかな?
そんなことを思っていましたが、ふとした発言で合点がいきました。

「このケーキ、なめこっぽいね」

なめこ。
このブログを読んでくださっている方でなめこといえばあああのお味噌汁によく入ってるぬめっとしたあれね、と思う方はよもやおりますまいが。もちろんそれがなめこですしそのなめこも好きなのですが。が。
なめこといえば、堂島ムジカを代表する名物ケーキであり、わたしの最愛のケーキのひとつであり、何ならtwitterアイコンです。

そのなめこは、ざっくり言ってしまえば、「クラッシュアーモンドを円周上にまぶしてラムレーズンを入れラム酒を染み込ませたビターな円柱状のガトーショコラの上に半球状のふるとろクレームブリュレをのせ、提供直前にバーナーで表面を焦がした」ケーキです。
この月のケーキは、「大きく刻んだウォールナッツを入れたビターなチョコレートケーキの上にホワイトチョコムースとラムレーズンを挟んだミルクレープをのせ、ラムで香りづけをした」ケーキ。
……ほら!なんとなく!構成要素が!似てる!!
クレームブリュレとホワイトチョコムース&ミルクレープが一番の相違点といえばそうなのですが、食感似てるし。おいしいし。
そう、おいしいの。
そんな、なめこを彷彿とさせつつきちんと違うケーキで、そしておいしいこのケーキは、いわば。
「まいたけ」ですよね。
……ほら、香りまつたけ味しめじって言うし。謎。
そんなわけで、このケーキは通称まいたけということになりました。はい。

こく〜んさんは実物のなめこをお召し上がりになったことがないそうで、なめこの再現は難しいかと諦めかけていたのですが、こんな形で縁者に出逢えた気分になれて、とってもうれしいです。
なめこにはムジカのサバラガムワが良く合いましたが、このまいたけにもパルフェタムールが合うのですね。
フィーユブルーさんで唯一、ルフナのブレンドしてあるこのお茶が、合うということなのですね。
ちなみに、しっかりとしたボディながら甘やかなスミレと爽やかな柑橘の香りがケーキのラム風味の後追いをし、バニラとなって抜けていくのが実に至福です。苦手でなければ絶対パルフェタムールが良いですよ!
あ、パルフェタムールは完璧な愛という意味なので、気になる彼氏彼女等々と一緒に食べてみておいしいねえなんて言い合いながらふとそんな話をして頬を赤らめあったところで「その名前の由来になったリキュールを飲みに行こうか」とオーセンティックバーに連れて行ってしっとり絆を深めるのもありだと思いますよ!ただしくれぐれもブルームーンを頼まれないよう注意してくださいね!リキュールのパルフェタムールを使った代表的なカクテルであるブルームーンは「できない相談」という意味で、誘いを断るときの常套句なのですね。完璧な愛なのになんて皮肉!同じカクテルならバイオレットフィズあたりで色味を楽しんでおきましょう!!

むむむ……なんだかだんだんよく分からないテンションになってきました。
なめこを書くにあたり過去の自分の記事を参照したのですが、我ながら引くくらい熱く語っていて、この人大丈夫かな……となりました。
でもその熱が若干移ったかもしれないw 気をつけよう。

何はともあれ、とってもおいしいこのケーキがまさかのいつもより日数の少ない月のセットになっていますので、なるべく食べ逃しのないよう、みなさまどうぞお気をつけくださいませ……!

日付変わってしまいましたがこのあたりで。
まいたけ、わたしもまた食べに行きたい!書いてるうちに行きたくなったよ……なめこ……もとい、まいたけ……
posted by こうや at 00:14| 東京 ☁| Comment(0) | 紅茶屋さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]