2015年09月21日

京都の夜、ひとり迷子

ごきげんよう。
昼間は日差しが強く照りつけるようですが、夜はめっきり冷え込みますね。
お抹茶とあんみつを食べたくなって、ふらり京都に来てます。こうやです。

こうやさん、シルバーウィーク、なめてた。

桜の時期でも紅葉の時期でもない京都、もう少し、過ごしやすいと思ってましたが。
京都駅に降り立った瞬間感じた絶望。うごめく人の群れ。歩くより遅いバスの進み。終わりの見えない渋滞。何かを食べるのに何時間単位で待たないといけない、この、日本屈指の行楽地。

しんどいねえ(;´Д`)

楽しみにしていた祇園徳屋さんは、あまりの行列に泣く泣く諦め。
この時間ならと特攻した一保堂茶舗さんも、ごった返す人を見て諦め。
駅ビルにくっついていて遅くまでやっている中村藤吉さんも、うねうねと続く待ち列を見た段階で踵を返し。
わたしのお抹茶計画、頓挫です。

ええ、心から言えます。
わたし、京都、なめてた。
わたしがふらりふらりと遊べていた頃は、そう、わたしが学生だったから、人の少ない平日に来られていたのです。
暦通りの休みな社会人になっても同じつもりでいたら、あかんのです。

それでも、いくつかはお目当ての場所に行けました。
オトナだから、京都駅に着いて最初に市バス一日乗車券を買いました(しかも元取れるくらいちゃんと乗ってる!)
オトナだから、お金で時間も買いました(タクシーにまで乗った!)
ええ、京都駅と四条のほうはね、距離がありますからね(心得顔)

でもね。
チェックインして荷物をホテルに置いてから……
そうそう、聞いてくださいよ!
オトナだから、ちゃんとホテルに泊まるのよ!もう漫画喫茶で眠らずに過ごしたりしないのよ!!オトナってすごいね!!!
ええとそれで、荷物をホテルに置いてから、お土産を買いに行って、狙っていたお土産がことごとく売り切れていた事実に打ちひしがれて。お土産どうしよう……(´Д⊂ヽ
まあそれで、ふらりとごはんを食べに行き、アテもなく歩いた木屋町通。
おいしそうな素敵なお店をいくつ見つけても、予約以外受け入れ不可だったり満席でお断りだったりと散々な目に遭います。
地酒とおでんのお店なんて本当においしそうだったのに!京都来たらお出汁の効いた和食食べたくなるのに……おばんざいやーい……
しかも、京都は夜が暗い。
東京のノリでいたらいけんと痛感するくらい、閉店時刻も早ければ道も暗い。
夜の闇が深い街。
それが決して不快ではないのですが、なにぶん生物学的にひ弱な個体がぷらぷら歩くには根源的感情……恐怖を呼び覚ましやすい雰囲気。
本能に従い羽虫のように明るいあたりまで戻ってきて、危うくごはん難民になるところだったわたしが滑り込んだのは、慣れ親しんだ名前「進々堂」でした。

わたしにとって進々堂といえば京大北門前店であり、さまざまな京大小説に出てくる喫茶店であり、パンとコーヒーのおいしいお店。
でも、三条で入ったお店はブーランジェリーなんてオシャレな横文字とオシャレなメニューの並ぶレストランです。
でも、牛肉の焼いたのとかを食べたい訳じゃなかった(´・ω・`)
入ってから若干途方に暮れつつメニューとにらめっこしてスープを注文したら、研修中と大きく書かれたネームプレートをつけた店員さんに「それだけですか?」と無表情に聞かれ、ひっそり心傷つきましたが、ちゃんと出てきて良かった。オニオングラタンスープ。
15F9D73B-AD29-4939-BBCB-7F6F96B20F09.jpg
どんなときでもあったかい汁物は心もあっためてくれます。

さて、なぜ三条にいたかというと。
いざというときの逃げ場があるからです。
はじめてお邪魔したときに落ち着けた喫茶店。
3427BCD8-2B34-44EE-A741-E390DFFC24CA.jpg
その名も六曜社。
一階と地下とがあるこのお店、たまにはと思って一階に入ってみようとしたらラストオーダーが過ぎていますと言われてしまい、おとなしく地下へ。
地下は18時からバー営業なのだそうですが、雰囲気は昼間とそれほど変わっていませんでした。
お邪魔するたびに同じ席に通されるな、と思いつつ、カウンターのいつもの席へ。
軽食メニューはすべて終わってしまったとのことで、またも名物のドーナツを食べそびれてしまいましたが、何せ人気メニューで売切御免だから仕方ない。
素直にブレンドコーヒーを注文です。
9BEB0B78-F7D2-45B2-99CF-7C8AF2DE7A9F.jpg
昔ながらの日本の喫茶店、酸味の効いた味わいがなんともおいしい。
個人的に京都はコーヒー大国だと思っていて、おいしそうなコーヒー屋さんがあちこちにあるしそれぞれに違った魅力を発揮していますが、昔ながらの喫茶店に詰まった歴史はやはり格別のものがあります。
でも今回は特においしそうな喫茶店を多く目にして、いちいち入りたくなって困りました。お抹茶とコーヒー漬けになりたくなる街、京都。
持参した文庫をほろほろと読んで、それが心に刺さるものだったので途中でコーヒーリセット。
ぽやりぽやりと散歩して、せっかく一日乗車券を買ったからとバスに乗って帰ります。

いいもん。
出町ふたばで買った豆餅と、持参した犬(Master's
Teaのスタンダードブレンド)があるもん。
ホテルで一人飲みしてやるんだから。

そんな訳で京都の夜が更けていくようです。
みなさん、シルバーウィークを、舐めたらあきませんよ。

明日は行ったことのない方角の京都に思いきり移動してみる予定!
予定は未定!
むんむん!
posted by こうや at 22:38| 東京 ☁| Comment(0) | 旅行/遊興 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]