2015年08月16日

Master's Tea〜紅茶道中さんの試み〜

昨日は終戦記念日でしたね。正午の黙祷で、改めて、この「戦後」の期間を延ばしていかなければと思いました。
世の中には戦争がまだまだあふれかえっているのを承知の上で、なお、二度と日本が「戦前」になってはいけない。
そう思います。代わりに将棋やチェスをやってれば良いのさ。スプラトゥーンでもいいじゃない。
ごきげんよう、こうやです。

さてさて、Amazing"楽器"cafeに続き、おいしい紅茶のお話。
株式会社紅茶道中さんにお邪魔してきましたー!
紅茶の卸をなさっているこの会社、発足したばかりとのことでぴかぴかですが、紅茶に長年関わる方が満を持して作られただけあって、コンセプトと味は折り紙つきでした。
主にわたしがよだれを垂らしてうらやましがる(笑)神保町の一角に、その事務所はあります。

紅茶道中さんが取り扱うブランドは「Master's Tea」。
「知識や技術がなくても、紅茶のおいしさを存分に引き出せ」て、「お客様が何度も繰り返し飲みたくなる紅茶をいつでも提供」するというコンセプトのもと、専任のブレンダーさんが命を注いだ個性あるブレンドをそろえています。

そのブレンドが、すごかった。

まずはひとつめ。スタンダードブレンド。通称、「犬」。
FFB6CA04-09C8-4CF3-A256-A4E169601811.jpg
沸かしたてのお湯で、蓋をして蒸らしさえすればとってもおいしくなるこの紅茶。
スタンダードの名に恥じぬ、これぞ「紅茶」の味でした。
正直、おいしい。
紅茶好きをやってしばらく経って気づいたことのひとつに、これがあります。
「いつ飲んでも同じおいしさ」を出すということ。
これね、難しいんですよね。偉そうなこと言ってますけど伝聞もしくは消費者目線ですがw
紅茶は結局農産物なので、時期によって取れる味が違います。
それをブレンドすることで、一年中安定した「同じ味」を提供できる。それは、恐ろしく難易度の高いことなのです。
リプトンや日東紅茶や赤川次郎がすごいのは、それを可能にしたから。え、なにかひとつ違うって?笑
さらに言うと、意識せずに安心して飲めるお茶であること。これも大きい。
先日、祖母宅にお邪魔してきたのですが、そのときには乾く暇もないくらい緑茶やほうじ茶やお抹茶がひっきりなしに出てきたんですよね。
そしてその産地なんて誰も気にせず、目の前のお茶が「甘くておいしい」「渋くておいしい」くらいの感想でごくごくぐびぐび飲み続けるの。
わたしは、紅茶もこの境地に達することができれば大成功だと思うのです。
そして、犬は、それが可能な味だと、思うのです。
青みや渋みなどのとんがって引っかかる部分がなく、でもきちんと紅茶の味わいを残して、ミルクを入れるとこっくり甘い。
もちろんそのままでも、おいしいおいしい紅茶です。
そして珍しいことに、これ、甘いものというよりも(もちろん甘いものにも合うことは間違いないのですが)ランチドリンクときて、ごはんと一緒に飲みたくなる味なの。
おかずを食べた後にさっぱりできる味なのです。
犬は人類最古のペットと言われ、人間に合わせて生きてきてくれました。
だからこの犬も、人に合わせてくれるのです。
そんなことを思う味でした。
液色を撮り忘れたのは一生の不覚w 撮ったつもりでごくごく飲んじゃってました。

さて続いてはスペシャルブレンド。通称、「猫」。
7170AEA0-6B06-4CD3-A93F-AF6AB9B7BF76.jpg
犬と猫はここまで違うか!と、愕然とするお味です。
すーごいの。これ、すーごいの。
蒸らし時間を失敗するととんでもないことになりそうな、でもハマったときの馬力は大きい、そんなお茶。
およばれしたときに出される「お紅茶」の、おいしいものの味がしますです。

どんなに紅茶に興味がなくても、犬と猫を同時に出されたら味の違いに気づけるような、そしてそれでいてどちらも頭に思い浮かぶ紅茶の味を具現化したような、そんなそんな、お味。
正直、わたしは猫の青みが苦手です。
でも、猫だから。猫はあるがままにいるだけで、人が合わせていかないといけないですもの。
そんなことを思うお茶でした。
や、でもね、こちらもおいしいの。
よくこんな対極のブレンドを出せたなと、賞賛したくなるくらいなの。

ほかにもブレンドは出していく予定で、それを組み合わせて展開していかれるそうです。
本当のところ、職場近所の、ランチはともかくドリンクが残念なところに売り込みたいくらいの完成度!この紅茶出してくれたら通うからさあ!頼むよ!頼むよ!
そして、今後喫茶店を開く予定の方にも全力でおすすめしたいです。コーヒーは自分でこだわれるけど紅茶はどうしようなんて考えている方、チャンスですよ!笑
もう少しして、あちこちの喫茶店で普通に犬や猫(正しくは、スタンダードブレンドやスペシャルブレンド)が楽しめるようになったら、もっと積極的に紅茶好きも増えるでしょうし、もっと紅茶が日常的なものになっていくと思います。

気になった方はまずぜひお問合せしてみてください。
そして出す際にはわたしにご一報くださいな。飛んで行って飲みに伺いますので。笑

株式会社紅茶道中
posted by こうや at 20:06| 東京 ☀| Comment(0) | 紅茶屋さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]