2015年06月26日

【Advent RUHUNA14】直伝アレンジティー

ごきげんよう、こうやです。
分厚い雨雲の襲来に、九州のみなさんはさぞや不安だろうと思う一方で、頼むから関東にたどり着く前に雲散霧消してくれと心より願っている昨今、みなさまいかがお過ごしでしょうか。

さてさて、こんなタイミングでいいのかと詰め寄りたい気分もありますが、ムジカの堀江さん(Mr.T!!)に教わった夏のアレンジティーを少し改変して、作ってみました。
ありあわせの材料を使ったらえらい豪華になってしまった、みたいな、お話。
8F3FAADF-758B-4757-AF75-D59BF8B07EAA.jpg
ルフトリオティー、です!

作り方はいたって簡単。
いつものポットでいつもの分量ルフナを入れたら、さらにオラトリオを1TBぽいっと放り込み、一緒に蒸らします。心持ち長めに、5分以上は蒸らしてみました。
その間に、グラスに氷をたっぷり入れて、グラニュー糖を3g(1本分くらい)ふりかけておきます。
蒸らした紅茶をグラスに注いで、よーーーくかきまぜる。氷がすべて溶けるまで、かきまぜる。
これでできあがり。
しっかりとしたベースがありつつ、華やかな香りと甘酸っぱさがふわふわ踊る、とってもおいしいアレンジティーになりました♪

これ、元々は、昨夏に芦屋ムジカへお邪魔した際出していただいたもののアレンジ。
そのときは、リプトンイエローラベルとポンパドールのローズヒップ&ハイビスカスを蒸らして、確か一度別のポットで急冷してから氷とお砂糖を入れたグラスに注いでくれました。
普段の倍量の茶葉等で蒸らしているので茶液は濃くなりますが、氷が溶けるのでそのぶん薄まり、飲みやすいアイスティーになるのです。
今回、それを思い出してやってみようとしたのですが、手持ちにちょうど良いのがなくて、寝かしてあったオラトリオ開封に至ってしまいました(;^ω^)
しかも、あまり冷えたものが得意ではないので、急冷省略バージョン。とても心地よい「常温ティー」になりましたとさwww
や、でも、これ、ルフナの良いところが伸びてルフナの弱みをうまく補えているすごく素敵な紅茶だと思うんですね!
これからますます暑くなりますが、時どきこんなアレンジティーを楽しめるなら、なんとか乗りきれる気もしてきます。

たまにはこんな紅茶も飲むんだよ、と、アピールしながら、ラストスパートのアドベントでございました。
posted by こうや at 08:09| 東京 ☀| Comment(0) | お家の紅茶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]