2014年03月21日

身体に良さそうなカフェ

みなさまごきげんよう。
……朝、早起きしなくて良いということがこんなにしあわせだとは!
二度寝大好きっ子なので、最近はあえて4時頃に早起きし、もう一度まどろんで二度寝気分を味わって仕事に行くようになっていましたが、今日はほんとにほんとの二度寝を満喫できました。
二度寝、最高……!
お休み、最高……!
春の陽気も感じられる季節になり、あちこにでさくら味が花開くようになっておりますし。この季節を贅沢に楽しみたいと思います。

さて。
先日訪れたウッディシアター中目黒、その斜向かいくらいのご近所に、こんなカフェがありました。04AABC4A-9150-49E8-A9C6-0DA34742BE5B.jpg
香食楽、と書いて、「かくら」と読むそうです。
薬膳カレーとカフェのお店。
薬膳と言われるとわたしはクコの実ととりあえず身体に良い東洋の食べるものなイメージしかないのですが、店内の読みものを一通り眺めた感じ、大雑把な意味合いはそれでおーけいのよう。
薬膳カレーというのはなんぞやと思いましたが、インドなどの香辛料だけでなく中国や日本の薬味などもふんだんに使ったもののようです。へええ。
観劇後のごはんで入ったのですが、ちょいちょい気になるメニューがあってどれにするか迷います。でも全部は食べられないなぁ……と思っていたら!
通常サイズのカレーではなく、「一口カレー」というものがあるではないか!
これはわたしのように選べない人向けのメニューなのか!
メニューには、飲み会後のしめごはんとして……と書かれていましたが、なるほどつまりはそれくらいの量なのね、と、うきうき頼みます。5B35C25C-1EA0-4158-8197-B4E8F9818DFE.jpg
……一口?
出てきたのは学食カレーの小サイズくらいありそうな、割としっかり量のカレー。
ふむ。
ちなみにカレーは4種類から選べました。
お店の名前を冠した香食楽カレー、わたしが頼んだ黒カレー、そして美肌カレーとベジカレー。
この黒カレーはいかすみなどそういう黒系の食材が入っているそうで、食べるとなるほどいかすみの旨みがぎゅっと詰まってました。魚介系というよりいかすみ系。いかすみ好きなのでうきゃうきゃしてました。
でもこれ、甘口なんてメニューにはありましたがけっこうしっかりスパイスの辛さが効いているので、辛いの苦手な人は要注意です。
福神漬けも毒々しい真っ赤ではなくて、こりこりした食感がありがたいおいしさ。もむもむ。
一口という名称には疑問符でしたが、おいしくいただきました。

……そうすると、デザートも欲しくなるよね。C9F3F238-68C4-4BDF-B682-4200EC11A270.jpg
パウンドという文字を見るといてもたってもいられなくなってしまうくらいにはいつの間にやらパウンド好きになっていたわたくし。
ブルーけしの実とクリームチーズのパウンドをいただいてみました。
米粉を使っているというこのパウンド、なるほどしっとりしています。べちゃっとはなっていないけれど水分多めな感じで、ぷつぷつの食感とクリームチーズの重たい味わいにお腹いっぱいになりました。
メープルシロップもけっこう重たいほうなので、全体的に満腹感がすごいことに!笑
見た目も予想より大きくて満足度は高い一品でした。
もう少し軽くても良かったくらい。笑

そして、食後の飲みものも。
アルコール類が割合充実しているのかな?と思いましたが、薬膳茶?だったかな?身体に良さそうなハーブをたっぷり使ったお茶などもありました。
でも。
カレー食べたら、食後はこれでしょう。D618F2EB-A94E-4343-A688-0536A0E4EA45.jpg
チャイでございます。
てっぺんにはシナモンがばさばさかかっていて、スパイスと!紅茶を!牛乳で煮出しました!な、味でした。欲を言えばもっと紅茶が強くても好きかも。でもカレーの後にはチャイですね。

身体に良いものって、突き詰めるとおいしくなかったりしてしまうイメージがありましたが、割とバランスがとれていたかなと思いました。
単純に、こういうカレー好きです。笑
乳製品だったかな、を使っていないケーキやクッキーもあり、肉類を使っていないカレーもあるので、アレルギーや宗教上の理由で食べられない人も安心かもしれません。
なにより、ウッディシアターのすぐそばにあって23時まで営業しているので、観劇後にふらっと立ち寄るのに最適です!
各劇場のそばにこういう場所があればいいのになぁ、とふと思ってしまいました。
もちろん、コンセプトを見る限りそういう客層をメインターゲットとはしていないのでしょうが。このね。立地って、大事ですよね。うん。
posted by こうや at 13:50| 東京 ☀| Comment(0) | 紅茶屋さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]