2014年03月01日

【速報】春の味わいタルト

ごきげんよう!こうやです。
……さんがつ、ですね。
どうして3月なんでしょう?
2月は逃げるといいますが、文字通り逃げていったような気がします。もうちょっと一緒にいたかったよ2月……(;´Д`)
やー、先月はお仕事が大変なことになっていてひぃひぃしてました。
特に後半は、毎日ブログ更新という目標も達成できず、Twitterですらつぶやかず、泣きながらお仕事をする毎日……
イベント屋なので人を楽しませるお仕事をしている筈が、自分がつらくて楽しくないという一番ダメなパターンに陥っていました。
Twitter始めて以来、一番つぶやいてないかも!なんと250ツイートもしてないようです。日にちも少なかったとはいえびっくりだね。
ま、もうしばらくはそんな日々なのですが、気持ちを入れ替え、いっぱいいっぱいにならずどうにかして楽しんでいきたいと思います。

そんなわけで!
気分転換だよ!
毎月恒例(に戻したい)今月のこく〜んさんです(*´ω`*)
今月は「黒豆とよもぎのタルト」。
トライフルやパフェのようなフルーツたっぷり明るい色味のものという予想は見事に外れましたが、萌え出ずる新芽を思わせるたたずまいです。
image-00260301123641.png
土台のタルト生地はアーモンドプードルたっぷりのしっとりさん、そこにたっぷりの黒ごまが。肥沃な黒土を思わせる色合いです。
そしてその上はよもぎ生地に大粒の黒豆。
黒豆のやわらかな艶めきは今にも生まれようとする新たな生命の息吹を秘めた種のようですし、よもぎの落ち着いた緑は硬くなった冬の土を突き破り芽吹き出す草々の新芽を思わせます。
傍らに添えられたバニラアイスもあいまって、雪解けて春になる様をあらわした日本の春のタルトになっているように感じました。

image-00260301124120.png
さてお味。下までざくりと切り取って頬張ると、一番に黒豆の甘みを感じます。次いで黒豆を包み込むよもぎの香り。そして最後に、黒ごまの香りがふわりと、しかし圧倒的に口のなかに広がります。
日本の春の味だ……(*´∇`*)
黒豆はどちらかというとお正月を連想しますが、お正月も初春だしね!春だよね!←
そしてここにバニラアイスを投入すると、首すじをひやんとさせる冬の風のようになり、雪解けの春を夢見る味に変わります。
アイスの有る無しで現在と未来を行き来できるタルトといえるでしょう。

そして、お茶はエテュード。
間違いないね、このどっしりとした味わい、キームン強めの香りは重厚な土を思わせます。
タルト生地は甘めでさくさく、黒ごまの風味もあるものの生地自体の味わいはそこまで強くありません。
そこにこの紅茶を足すことで、タルトの見た目で感じた肥沃な黒土を味わうことができるのです!
いやぁ……すごいねえ。
単純にエテュードが好きなこともありますが、冬から春に移り変わる絵巻物を食べているような気分になりました。
おいしかったー(*´∇`*)
あったかい頃に食べたらまた印象変わりそうなので、早く春よ来い!と!思っています。

おまけ。
先月のケーキを再掲してみましょうか。
image-00260301125139.png
……うん。先月はキラキラピンクに宝石のような赤が散っていて、乙女度高めなケーキでしたね。ムースだからかふるふる揺れてて、その見た目も含めてめっちゃ可愛かったー。
わたしがこれを最後にいただいたのが27日だったので、乙女度高いケーキから、絵巻物なタルトまで、わずか3日でここまで振れ幅のあるケーキを食べられる。
こく〜んさんの月のセットはそれぞれに物語性が強くて、おいしく物語を食べられるところも、もう本当に大好きです(´艸`*)
ま、その物語って、ほぼわたしの妄想なのですけどねw
posted by こうや at 13:00| 東京 ☔| Comment(0) | 紅茶屋さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]