2014年01月19日

よだかのレコード「注文の多い料理店からの脱出」にいってきた

もー!
もー!
もーーー!
ちょーーーう楽しかったーーー!(≧∇≦)

こんばんは、こうやです。
どうにか体調が最低ラインを超え、人並みの活動ができるようになりました。
脳みそはまだまだドジっ子モードでごめんなさいが続いてますが。
風邪って怖いね!みなさんも冷えと過労にはくれぐれもご注意くださいませ。

さて。
以前から気になっていた団体、よだかのレコードさんによる一日限りの追加公演「注文の多い料理店からの脱出」に参加してきました。
初・東京カルチャーカルチャー、そして初・SCRAPさん以外の謎解き団体となります。

これがねえ。
もう滅法楽しかったー!(≧∇≦)

まず、「よだか」のレコードさんが、「注文の多い料理店」から脱出する公演を打つとか、それなんて宮沢賢治の世界、じゃないですか。
それも、注文の多い料理店ですよ。すごく好きなお話で、中に入り込みたいし、そして脱出したい!まさに!まさに!
そんなわけで、とっても楽しみにしておりました。

東京カルチャーカルチャー自体も初だったのですが、普段は飲食物も出しつつあれこれイベントを打っているようで、カルカルのイベントによく参加してるのでーという流れで今回初リアル脱出ゲームですな方もいらっしゃいました。なるほど。怪談ナイトなどやってたイメージがあります。この前あまちゃんファンの集いをここでもやってたような?
リアル脱出ゲームもよく行われていますよね。

ネタバレ禁止公演なのであれもこれも言いたくて言えなくてうずうずですが。
image-00260118234007.png
とりあえず、このロゴに惚れましたね。このロゴを見られただけで、かなり満足。わたしこういうのすごい好きなのです。字体もたまらんし、周囲も、なんというか全体の完成度が、完全に確立してて、かわゆす(*´ω`*)
始まる前からはふはふしてました。

謎自体は、笑っちゃうほどてんこ盛りでしたー!
さすがは注文の多い料理店というだけのことはありますw
そして、小さな謎から大きなものまで、とにかくあらゆるものが「注文の多い料理店」の世界観のなかで見事に活きていて、それにまずびっくりしました。けっこう最初の小問ってこういう関連性そこまで持ってなかったりするのに、もう最初からちゃんとその世界。

わたしたちは「注文の多い料理店」に迷い込んでしまった腹ぺこの狩人で、無事に生きて戻るためにいろいろとがんばります。
宮沢賢治のあの、うつくしくも残酷な物語の世界を踏襲しつつ、あの世界のように猟犬に頼るのではなく自らの力で生き延びるための道を切り拓く。
「物語の主人公体験」という言葉を、リアル脱出ゲームでよく耳にしますが、正直なによりもこの言葉を実感できた公演でした。
残念ながら脱出成功はならずだったのですが(惜しかったのでめっためた悔しい!)こんなしあわせでたのしい60分を過ごせたことをうれしく思います。

はあかわいかった。

かわいかったといえば、今年度のナゾガク?での周遊謎が初登場なのかな?
コップリンは予想外にかわいかったです。
一月の公演ということでよだかの神社なる物販コーナーがあったので、覗いてみました。
image-00260118235013.png
神社はお稲荷さんで、まずそこにテンション上がります。まあ、山猫軒の中(近く?)に物販=お仲間とはいえ狛「犬」は呼びませんよねw
そこでは、よだみくじというおみくじを引け、おみくじを引くとおまけの持ち帰り謎「コップリンと不思議なダンジョン」ももらえます。
image-00260118235227.png
写真は、受付でもらった年賀状とよだみくじ、持ち帰り謎の表紙。
このね、逆さにした水玉のコップみたいのをかぶっている子がコップリンです。
なんかこの子、味があってかわいいんですよね。
しれっと山猫軒にも迷い込んでましたし、よだかさんの公式キャラになっているのかしらなんて思いつつ。
こういうキャラがひとりいると、親しみやすさが断然違うなあと思います。
個人的にですが、ひとりでもメインのこういうキャラがいてくれると、その団体の統一性があってうれしいというか、要するに今話題のゆるキャラですし、コップリングッズ出してほしいよねって話です。
紫色で隅っこにコップリンのイラストが金か黒で抜かれて、裏面によだかのレコードのロゴが入ったクリップボードや方眼ノートあったらわたし買います。出してくれないかしら。需要と供給がまだ合わないかしら。楽しみに待ってますので!
持ち帰り謎もやるのが楽しみです、ちらっと見た限りコップリンかわいすぎました(´艸`*)

過去の公演を見ると、こういう宮沢賢治ワールドだけではなくいろんな切り口からやっているようなので、他の公演にも行ってみたいなあと思います。
四月には「よだかのレコードblack lebel」と称してDJイベントと連動した(?)リアル潜入捜査……だったかな、「EURECA」という公演を予定しているそうです。
行きたい……来年度はちょっとまだ予定詰めるのが怖いので先行発売は見送りましたが、気になる予定にいれておこうと思います。
よだかのレコードさん、これからぜひよろしくお願いいたします♪

ちなみに、今回お手伝いしていたなかにハテクリさんというこれまた別の謎解き団体さんがおりまして、今度「社畜からの脱出」という公演を打つそうですが、とりあえず題名の限りは脱出できる気がしません。笑

さらに。
本日(日付変わって昨日か)のわたしはほんとドジっ子間抜け野郎かつクラッシャーで多々ご迷惑をおかけしましたが、優しく対応してくださった諸スタッフ方、特にモギリちゃんとハテクリさん、入江陵介選手似のイケメンくんにこの場を借りて深くお詫びと御礼を申しあげます。
本当にすみませんでした。
そして、ありがとうございました。
posted by こうや at 00:25| 東京 ☀| Comment(0) | 謎解き/脱出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]