2013年03月26日

アクション・リ・アクション〜カフェ!へようこそ〜

日曜日のこく〜んさんに合法的に入りこく〜んさん限定メニューを食べられる面白いイベントが行われるという話をこく〜んさんで伺ったので、つるっと参加してみました。
その名も「アクション・リ・アクション〜カフェ!へようこそ〜」。
IMG_5146.JPG
高田馬場に4月1日(エイプリルフール!)に開店するカフェ!(「カフェっぽい」、と読むようです)のプレオープンパーティーという設定で、参加者=プレオープンパーティーの招待客があれこれする参加型イベントのようです。
まあ私、実は予約開始日のことをすっかり忘れていて、あっという間に満席になったということをよりにもよってこく〜んさんから伺い愕然としていたのですが、その後キャンセル待ちにうまく滑り込めたのでした。要するに徹頭徹尾こく〜んさんのことしか頭になくて、それ以上の情報はさっぱり? とりあえず主催者さんと店長さんのアカウントフォローしておくか? くらいの状態。
キャラになりきるらしい、だの何だのちらりと聞きつつ、とりあえずカフェのプレオープンと来たら毒殺でΣ(゚∀゚ノ)ノキャーとかあるのではないかと予想を立てつつ、いざ当日を迎えてしまったのでした。
さて当日。
15分前くらいにこく〜んさんに向かうと、そこには人だかりが。参加者の方々かし、ら……
……どう見ても、みなさまお知り合いのようです。なごやかな雰囲気です。笑いも洩れてます。私誰も知りません。見たことない人ばかりです。
……初訪問のときを含めても、私、まさか、まさかこのこく〜んさんで、こんなアウェイ感を味わうことになるとは思いませんでしたガ━━(;゚Д゚)━━ン!!
思わずマルエツに逃げ込みましたよね。チルドコーナーとお菓子コーナーをじっくり眺めながら頭の中ではもう「帰りたい……アウェイ無理……まじでもう……無理……」という言葉が渦巻いてました。びびりの人見知りにこの環境は厳しすぎます。
でも。
そうも言っていられません。だって、こく〜んさんで参加することを宣言してしまってますし、何より限定メニューが! 出るのですから!
13時の受付時刻にするりと入口に舞い戻り、怯えた半笑いを浮かべながら何気なく店内へ。
IMG_5144.JPG
そうそう、昨日までとは本当に違うお店になってましたよ。看板も違うし。
IMG_5145.JPG
もちろんそこまで大掛かりに変わっているわけではありませんが、知っているお店なのに違うって、なんだか不思議な感じですね。『魔法使いハウルと火の悪魔』で、ハッター帽子店に引っ越したソフィーが抱く「なんだか変な感じ」もこういう感情だったのかな、と思います。
最初に会計兼受付を済ませ、メニューの置いてある席に座り、さっそくちらり。ちなみにこく〜んさんにはじめて来たときと同じ席に座りました。カフェ!にははじめましてなのでまあ良いかしら。
IMG_5147.JPG
細長いメニューはなかなか凝ったオシャレな雰囲気、上には後ほど出されるすぺしゃる☆メニューの概要(というか名前)が、それを一枚めくった下にはなりきるキャラの設定が書かれていました。
なるほど、このキャラになりきればいいのね。ちょっとほっとします。だってなりきるべきキャラ、すなわち演じる役さえいただければ、私、それを隠れ蓑にきっと知らない人ともおしゃべりできるもん!
IMG_5148.JPG
私の役どころは「人類文化学者」。じんるいぶんかがくしゃ。言いにくいですね。文化人類学者じゃないあたりあれだ、専門は「文化学」のほうなんだろうなあ。
設定をさらに読むと、外国人風のしゃべり方の人を見ると国や文化についていろいろ聞きたくなったり(職業病ですね)「モフェルヤン」、「どらえみんご」なる謎の言葉の意味を知っているようです。
2回読みました。
「あなたは「どらえみんご」という言葉の意味を知っています」
「あなたは「モフェルヤン」という言葉の意味を知っています」
……言葉の意味、は?
え、これ、何なの? 自分で考えるの? ちょwww
混乱しつつ、店長の宣言でイベントはスタートしてしまいました。

とりあえずよく分からないながらも、おそるおそる人の話を聞き、人と話してみることに。
ところが、なぜか、なぜか、ぴたっと私をマークする人もいます。
ううう、なんか絶対疑われてる……すみません設定読む限り確実に私モブなんですけど〜;;;
イベント自体は1時間ほどでしたが、その間に5回ほど、思わずキッチンにいるこく〜んさんの方を涙目で見てしまいました。
口にしないけれど言葉はひとつ。
  「たすけてください……」
でもそのたびにお二方ともまったく同じ笑顔でにこっと返してくださいました。
知ってる、ぼく知ってるよこの笑顔。幼稚園や公園の砂場で人の輪に入れず途方に暮れて見上げたときの、親の笑顔と同じだよ。
つまり。
がんばれってことだ。
よし。
がんばろう。
設定的にモブなのは明らかですが、まさかのモブが出しきれないことのないよう一応すべての設定はクリアするぜと心に決め、心臓ばっくんばっくんしながらもいろいろと話し始めました。
そのときに気をつけたのは、「私が知っていること」と、「設定上のキャラが知っていること」を分けなければならないということ。
銀座への行き方であったり、マンゴーやパイナップルの漢字表記であったり、『秋期限定栗きんとん事件』であったり、こういうワードはきっと「設定上のキャラが知っていること」なので、素の私が答えてはいけないのだ!
それを常に念じつつ。
まあでもあっさり栗きんとん事件には反応してまさかの店長「こうもとみき」さんに身バレしたけどな!!!(ずしゃーん)それは置いておきましょう……
とりあえず話してみると、みなさん混乱しつつ一生懸命設定守ってて面白かったです。そうか、みんな条件は同じか。そう思うとにやにやしてきました。
しかしですね、なんだかどうも犯人ではないかと初期の頃怪しまれていたのと、「キャラ」と「私」の境目が分かりにくかったためか、5回くらい
「その動き何っ!?」
「……癖です……///」
というやり取りがあったりしました。が、うんでも私犯人じゃないしミスリード担当でもいいや〜とうろうろ不審な動きをしまくりましたとも。ふふふふふ。
あとあれね、初っ端に「モフェルヤンとは何ですか?」と聞かれて「幻の紅茶の名前ですよ」とうそぶいてしまい、だいぶ吹っ切れたのもあります。おまわりさん、モフェルヤンは脱法ハーブではありません。外国人風のしゃべり方をする人と見たことのない挙動不審者が幻の紅茶の名前を叫びつつ高らかにハイタッチしているだけで怪しいと決めつけないでくださいwww
さて。事件はたくさん起きました。
@爆弾を仕掛けられたよ
A毒を盛っている人がいるよ(全員助かってます)
B芸能人が紛れ込んでるよ→結婚したよwww
C発作が起きたよ(事件?w)
Dよしゆきが誘拐されたよ→保護されたよ
このwww密室でwww参加者20名とかの少人数でwwwいくつ事件盛ってるのwwwww
途中から笑いが止まらなくなりましたw なんかジェスチャーだけで伝えようとする選手とかいたり、スーパードクターは自由気ままだし芸能人は突然結婚するし刑事やおまわりさんいっぱいいるしすごい精度の予知夢見られる人いたりなんなのもうwww設定盛りすぎていろいろ飛ばしたりしてそうだけど面白すぎるwwwww
その最中にうっかり「どらえみんごとは四国の方言で『たすけてください』という意味」と適当なことを言ってしまい(念頭にあったのは完全に「ドラえも〜ん!」というあの劇場版オープニングの叫びですよね)それが見事な身振りをつけられることによってあっという間になんだか流行っててうれしかったです。みなさんも危機に陥ったら叫びましょう、「どらえみんご〜!」
結局時間内に犯人(と言っていいのか?)へはたどり着けず終わりましたが、主催の方が何度も強調していたように謎解きが主眼なわけでもありませんでしたし、何より終わってみると楽しかったー! いやあ、これはとても良いアイスブレイクでした。あといろんな関係性がすごい複雑だったのであっちでもこっちでもそっちでもどっちでもわさわさしてて楽しかった。
やり遂げていませんがやり遂げた感がすごくあります。
しかし時間で突然打ち切られたため、なんとなく物足りずざわざわしながらみなさん席へ。

だがしかし。
ここからが私にとっての本番です!
こく〜んさんの限定メニュー、テーマは「ちょっと驚きのあるスイーツ」です。その名も「春のスペシャルスイーツプレート」。
IMG_5154.JPG
内容は、いちごのワッフル・クウォーターサイズ、桜のマドレーヌ、ニコニコクッキー、そして、チョコレートムースという四種盛りでした。
IMG_5150.JPG
いちごのワッフルはこの時期定番の限定メニューですよね。わーい食べられてうれしいぞ。ワッフルをこれくらいのサイズでさくっと食べられるのはとてもありがたいですねえ。
そしてこの。
チョコレートムース。
IMG_5149.JPG
見た目はただのおいしいチョコレートムースなのですが、中にベリーソースが仕込んであって、割ると中から甘酸っぱい具があふれ出してきました。
にやにやしちゃいますよねw この仕掛けに気づいたときから、シャルロットを思い出してもう私絶対その日イチの笑顔浮かべてたwww
驚きと笑顔にあふれたプレートと、お代わり自由のセイロンを飲みながら、おそるおそる周りのみなさんともおしゃべり。
いろんなことが判明しましたよ。
まず、なぜ当初私が微妙に疑われていたかというと、どうやら私以外のみなさんは他の謎解きイベントなどでもよくお会いする方々(今回のスタッフさんも含めて!)だったらしく、そんななかにひとり見知らぬ人がいると、「スタッフの仕込み(=犯人)ではないか」と思われていたらしいのです。なるほど。それは仕方ない。
どういうきっかけで? と聞かれたのでこのお店が好きすぎて今回の会場となったお店、こく〜んさんに元々よく来ていたので〜と答えるついでにこく〜んさんを全力で宣伝しておきました。お前なにものだってレベルで。宣伝してた。
続いて。
店長に身バレしたのは、こく〜んさんで(今回のプレートのお題が出されるまで!)一番難しいオーダーをした客、ということでした。
そうなのね、本を持っていって「ここに出てくるケーキを作ってください! まずこの本を読んでください!」というのは……やはり、歴史に残る無茶なお願いだったのですね……(;^ω^)
でも今回のプレートがその記録を上回ったらしいので、ちょっとほっとしてます(*´∀`*)オイシカッタヨー
ええとあとあったかな……そうそう。
逆にオススメされたのが、いろんな謎解きイベントでした。楽しいらしいよ。人と協調とか全然できない私ですが今回のイベントは確かに楽しかったのでがぜん興味がわきました。
とりあえずいってみよー、やってみよー。ほんとかー?w
うんでもちょっとしばらくは、そちらのほうにも首を突っ込んでみるかもしれません。春になってあったかくなって、ふわふわちょっとまた世界を広げてみたいかもな開放的気分になっていますよ。あぶないねえこの子これ以上趣味の範囲広げてどうするつもりなんだい。
ミステリ好きですがトリックとか解けない子でも、大丈夫なのでしょうか。どきどきです。どちらかというと頭の体操系っぽいイメージがありますが、どんなんなんでしょうねえ。
そんなことを思いつつ、桜のマドレーヌはこく〜んさんから私への愛の証として受け取りました。
IMG_5151.JPG
尋常じゃなく好みです。外側さくさく中はふわふわ口の中と鼻の奥を満たす桜葉の香り……はふん、しあわせ(*´ω`*)

一期一会の機会でしたが、ご一緒できたみなさま本当にステキな方々で、とても楽しい時間を過ごすことができました! おいしいもの食べながらの一時間ほどのおしゃべりも楽しかったです、いろんな話聞けてよかった。
実は三種類くらいの顔を用意してあったそうなクッキーさんですが、今回は間違いなく、この表情でしょう。
IMG_5152.JPG
また機会があればぜひぜひやってみたいです。
ちなみに。
後半の部では、チョコレートムースの代わりにまた別のものが出たようです……あれなんなの、なんなのですかわたしすごい気になる……
そわっそわ。

すごい楽しい気持ちでいっぱいになった春の昼のことでした。

そして夜。
こく〜んさんに褒めてもらえた? ねぎらってもらえた?wwwのが、密かに一番うれしかったりしたのでしたwwwww
おまえはwwwこく〜んさんのwwwなんなのwwwww

客です( ー`дー´)キリッ
posted by こうや at 21:00| 東京 ☀| Comment(0) | 紅茶屋さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]