2011年09月13日

【t26-5】ひとり旅2011夏・10.5kmそのさん

怪しい場所は好きですが、歓楽街は苦手です(怖いから)
そんなこうや、一本曲がる道を間違えて夜の北新地をうろうろする羽目になりました。
こ、怖かった……
実害は何もなかったのですが(あったら困る)呼び込みのお兄さんや呼び込まれた後の赤い顔したスーツさんたちがわらわらといて、なんかその雰囲気にどぎまぎしてました。
東京名古屋京都大阪の歓楽街はどこも色が違いつつ似通ったところもあって、初心者は目を白黒するばかりです。
こういうとこにはこう……新宿鮫的な……ハードボイルドな方と一緒に訪れてみたいものですな。
でもハードボイルドな方と来ると逆にとんでもないトラブルに巻き込まれてしまうのかもしれませんが。
それはともかく。
はじめて迷ってちょっと泣きそうになりつつ、晩ごはんを食べにやってきたのは。
ただいま! の、場所。
IMG_4307.JPG
MUSICAでございます。
大阪に来るたびに一日二度は訪問してしまうムジカ、今回は驚くべきことに一回だけでした(普通です)
夜なのでちょっとがっつり、というかいつも通り、アフタヌーンティーセットを頼みます。
最初に食べてすっかりハマってしまった「なめこ」(お酒のきいたショコラの上にクレームブリュレの載った、かわいくて大人向けのケーキ)を頼むつもり全開だったのですが。
IMG_4312.JPG
……おや?
IMG_4316.JPG
気づいたら、別のケーキに……(笑)
レモンタルトです。
なめこもあったんですよ! きちんとありました! でも!
食べたことのない、そして確実に私が好きであろうことが予測できる「レモンタルト」の魅惑の文字がガラスケースに躍っていたら!
……頼んじゃうじゃないですか。
さっぱりとしたレモンムースの中にレモンソース(ジャム?)、スポンジ、そしてタルトという四層構造のこのタルト。
爽やかなレモンの香りと酸味が効いていて、夏にぴったり……でもタルトのどっしりとした食感が秋の到来を思わせて、つまりは夏の名残りを惜しむのに最適なケーキでした。今の時期にぴったりー!ヾ(*´∀`*)ノキャッキャ
紅茶はダージリンのオータムナル'10。
IMG_4321.JPG
ダージリンの華やかさもありつつ、どっしりとした味わい。かなりウッディな重みがあって好みの味でした。うまうま。
しかし面白いくらい「ムジカのお茶」感がありました。同じダージリンでもお店によってカラーが違うのは、これはもう農園違いとかロット違いとかだけではなくて、そのお店の味というものが一本きちんとできているからこそなのかな、と思ったり。
ムジカの紅茶はどれを飲んでもムジカって感じがすると思うのです。少なくとも私はすごく、その「ムジカの味」が好き。
ああなんかよくわからない……
そうそう、久々のムジカで衝撃を受けたことをひとつ。
  棚 が 綺 麗 に な っ て る ……!
以前来たときはどれもこれもぐちゃぐちゃにとりあえず「棚に乗ってる」的な状況だったように思うのですが、それが綺麗に整理されていました。
IMG_4311.JPG
茶缶コーナー。
IMG_4310.JPG
ムジカの棚がこんなに綺麗に整理されているの、はじめて見ました。見やすい! 以前の混雑も好きですが、このように並べられるとまた圧巻ですね。
大阪の夜のひとときをゆったり過ごせました。
おまけの照明。
IMG_4325.JPG


ちなみにこの後阪急電車に揺られて京都へ移動、先斗町をうろうろしてまたちょっぴり怖い思いをしたりしました(ただのあほです)
そして翌日はいよいよ京都めぐりー!
……京都レポは間が空くかもしれませんが、楽しみになさってくださる方がいらしたら、気長にお待ちくださいな。
ではでは、こんなあたりでおやすみなさい。
posted by こうや at 23:00| 東京 ☀| Comment(0) | 紅茶屋さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]