2011年09月03日

ひとり旅2011夏・10.5kmそのいち

ふらりと旅行してきました。
今までひとり旅はほんと無茶ばかりしてきたので、今年は無茶せず楽しもうと思ったのですが……
終わってみたら、二日間で38.8km歩いてたとか……ヽ(´Д`;)ノアゥ...
元々歩くのが好きなのに加えて、一度歩いたことのある場所は「あそこまで徒歩で行ける」イメージが刷り込まれてしまっているのも問題なのかもしれません。
多方面にご心配おかけしました、すみませぬ(;´Д`)
ということで、まったり振り返りたいと思います。

ちなみに今回の旅行の目標は、ずばり「やり残しゼロ」!
これまで気になりつつも行けなかった場所、食べなかったものにチャレンジするつもりでした。
キーワードは以下の通り。
  1.手塚治虫
  2.たこ焼き or サンドイッチ
  3.なめこ
  4.夜は短し歩けよ乙女
結論からいくと、達成率は25%……orz
やり残しまくりの旅となりました。でもまあ、それも仕方ないですよね。
さてはじまりはじまり。

ちょう重要イベントを午後に終わらせ、その日の夜中に夜行バスで東京出立。
早朝に梅田に着きました。
そこから小豆色の阪急電車(路線は違いますが有川浩さんの小説の舞台にもなりましたし映画化もされたので一躍有名になったかと)にごとごと揺られること数十分。
宝塚駅に到着です。
ちょうど始発から終点まで乗ったことになりますね。平日の朝だったこともあり、そこそこ人が乗っていました。
電車を降りて、日本というよりも南欧風の街並みを眺めながら歩きます。
IMG_4211.JPG
宝塚大劇場まで、こんな名前の小道? 遊歩道? が続いています。花のみち。
その名の通り、あちこちで花が咲いていました。花のイラストもありました。犬のお散歩をしている人も多かったなあ。
IMG_4230.JPG
真っ青な花とか。
IMG_4231.JPG
愛らしい小さなお花もたくさん。

街並み自体眺めていて飽きないので、それなりの距離もあっという間に歩けます。
そういうわけで手塚治虫記念館に到着。
IMG_4303.JPG
まずこの外観。
決して広くはないのですが、あちこちに心くすぐる装飾があります。この写真の中にもサファイヤや火の鳥がいるの、わかります?
IMG_4302.JPG
火の鳥に見守られつつ、館内に入ろう、と、したら……
IMG_4300.JPG
ぎゃあ!
いろんな漫画のキャラクターたちの手足型がアルコープに!
テンションが上がります、やっぱりマグマ大使は大きいなあとか、いろいろ見つけてはニヤニヤ。
アトムは真面目な様子が伝わってきますね。左右対称に綺麗にあとをつけています。
IMG_4299.JPG

サファイヤとチンク。仲良く並んでいます。
IMG_4298.JPG

そして私の大好きなユニコ。ちょっぴり不安そうに少し寄っているのがわかります。かかかかわゆい。。。
IMG_4297.JPG

もう記念館前だけでかなり興奮していました。ここまでは入館料もいらないので、お近くにお越しの際はぜひぜひご覧になってみてくださいませ。

さて、入館料700円を払って館内へ。
記念館は地上二階地下一階(?)の三層構造になっています。一番下は子ども向けのアニメーション体験コーナー、真ん中が入り口で手塚治虫さんの歴史コーナーとプチアニメ上映、一番上にミュージアムショップ、カフェ、図書館、イベントスペース。
正直、あっという間に回れてしまうかな、と思いました。小さな館内、展示物もそこまで多くないように見えたのです。
ところが。
先ず最初に誘導された、手塚治虫ヒストリーコーナーが。。。
ものすごい密度でした。。。
細長いカプセルがいくつも並んでおり、手塚さんの歴史を追いながらさまざまなトピックスやそれに応じた資料を見られるのですが……いやあすごい。よだれ出ます。手塚さんが子どもの頃に描いていた漫画や習作などなどが何気なく飾られているのですよ。これファンでなくともたまらないでしょう。うはあたまらぬ。
正直一番見ごたえのあるのはとっつきのこの部分なので、ここでぎっちり時間を使ってしまっても良いと思います。私はなかなか抜け出せませんでしたwww
楽しかった……
ふらふらになりながら地階へ。地下とはいえガーデンフィールズに抜けられる(でも今は閉鎖中?)出口もあり、地下と呼べばいいのか一階と呼べばいいのかよくわかりません。体験コーナー周辺の展示をさらっと見ます。
ポーズを取っているチンクをぱしゃり。
IMG_4274.JPG
どうしてミラーボールの上に立っているのwww
そこからエレベーターに乗って最上階へ。ちなみに階段にはマンガの歴史が、エレベーターにはキャラクターのイラストが満載でした。すごい……!
最上階に行き、ふとミュージアムショップを覗いたら、なぜか前面に『涼宮ハルヒ』シリーズが展開されていました。
なぜだ……ここは手塚治虫記念館であっていとうのいぢ記念館ではないはず……
思わず頭の中を「???」マークが飛び交いましたが、企画展をやっていたためだったそうです。
詳しくはこちら→osamu moet moso feat.いとうのいぢ
手塚さんのキャラクターをいろいろな方々がトリビュートしていたのですが、とにかく愛があふれていたのとみなさん『リボンの騎士』に思い入れがありすぎ!wwwな展示で、すごく面白かったです。可愛いし。
さらにフューチャリングということで、いとうのいぢさんの手塚治虫トリビュート作品はもちろん、ハルヒや他作品のイラストを山ほど飾ってあるコーナーもあり。
楽しませていただきました。思わずポストカードをたくさん買い込んでしまいましたわw
ミュージアムショップで買い物をすると、300円のドリンクの一部が180円でいただけるとのことだったので、カフェに移動。
IMG_4285.JPG
メニューはこんな感じ。コーヒーが気になったのですが、180円になるのはジュース系だけだったので今回は見送り。
ここで出しているコーヒーのキャラクターも手塚治虫さんが考えたものだそうです。魔女っ娘マコちゃん。
IMG_4286.JPG
私は疲れていたので糖分補給を兼ねてパイナップルジュース。パイナップルとかココナッツとかマンゴーとか、南国トロピカル系の味が好きなのかもしれない最近気づき始めましたw
IMG_4288.JPG
ちなみに座席もかわいいんですよ! お花のテーブルに葉っぱの椅子だったり、丸太のテーブルと木製ベンチだったり。ジャングルカフェだけあって、森の中にいるような雰囲気でした。
IMG_4289.JPG

たくさん展示を見て、買い物もして、図書コーナーで手塚治虫さんの漫画を読みふけり(海外で出版されて言う英語版や中国語版の漫画もありました!)想像以上に堪能して、最後に向かったのはプチアニメ映画の上映コーナー。
正直全然期待していなかった、というか、何が見られるのかも分かっていなかったのですが。
オリジナルアニメ「オサムとムサシ」、良かったです。楽しかったです。
戦中、少年オサムが甲虫ムサシと不思議な交流をし、ほんの少しだけ周りも共に成長する、そんなアニメ。
今このときに見たためか、ほっこりじんわり胸にしみました。見られて良かった。

そんなわけで、手塚治虫記念館、想像以上に堪能できたのでした。今回の旅行で唯一目標達成できたところでもあるので、余計に感慨深いですねw



おまけ。
お手洗いのタイルがかわいすぎる件について。
IMG_4290.JPG
ひたすらチンクがかわいい。お持ち帰りしたい。
IMG_4291.JPG
たまらんのう(*´Д`)ハァハァ
posted by こうや at 12:00| 東京 ☔| Comment(0) | 旅行/遊興 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]