2010年08月22日

【t06-7】ルフナ部員注目!

100822_1814~01.jpg
緊急事態発生です。このノミモノ、大問題なんですけど!!!

夏期休業明けから、G clef高円寺店で出されるようになった新メニュー。
その名も「ルフナのミルクティ・シェイク」。
ルフナのシェイク&ルフナのアイスが楽しめるという超豪華な一品で、告知された瞬間から楽しみでうずうずしていました。
しかも実はレギュラーメニューのルフナのアイスを食べたことが無かったため、二重にラッキー☆な気持ちになるメニューなのです。

パフェ同様、こちらもなかなかの大きさです。でもアイスティーと同じくらいの高さかも。そのグラスに縁ぎりぎりまでシェイクが入っています。今にもこぼれそうあわあわw
100822_1815~01.jpg
ちょっと俯瞰。原初の海(シェイク)に大きな島(アイス)がぽっかり浮かんでいるようにも見えますね。あれ、心なしかイザナギとイザナミの姿が見えたり……はしませんがw
まずはシェイクをこぼれる心配のなさそうな高さまで飲み、その後にマドラースプーンでアイスを掬う作戦でいただきました。クリームソーダの飲み方をアレンジした感じ。そういえば、父親と喫茶店に入って必ずクリームソーダを頼み、そこでそういう“正しい飲み方”を学んでそれ以来その飲み方を守り続けている男の人の回想の物語を以前読んだことがあります。それを読んで幼い頃の私は「へえ〜っ、これが正しいクリームソーダの飲み方なんだ」とクリームソーダという名称もろとも覚えたのですが、肝心の本の題名をどうしても思い出せません。何だったかな……
それはともかく。
シェイクをすすった瞬間、しあわせになりました。
何これ! アイスミルクティーとは違う、ミルクティーの姿!
正直、今までミルクティー味のアイスなど冷たい加工製品系は苦手でした。何だか変な香料っぽい味がして、舌に謎のざらつきが残って。そのざらつきは茶葉の滓などだったのかもしれませんが、どうも私はあまり好きにはなれなかったのです。
ところが。
さすがは紅茶屋さん、そんじょそこらの紅茶味とは訳が違う!
まずね、きっちりミルクティーなんですよ。紅茶の味も出ている、「何か色のついたミルク」ではなくてミルクティー。ただかなり甘みがついているので茶葉自体の甘みはちょっと分かりにくいかもしれませんが、コクがあっておいしいです。
そして、ディンブラでもウバでもアッサムでもなく、ルフナの味。なんというのでしょう、もはや懐かしさすら覚えます(笑)
ルフナアイスの方は、最初「ん? ルフナ?」と不思議には思いましたが(若干アッサムセカンドっぽい雰囲気があったので)、でもミルクティーのアイスとして充分おいしい。シェイクとは味が違うので(食感の違いの影響も大きいのかな?)いいアクセントになりました。
いやでもやっぱりシェイクだ。私このシェイク大好きです。メガヒット。もう少し甘さ控えめでもいいかもと思いつつ、終わりかけたときには既に「もう一度飲みたい……」と思ってました(笑)さっぱりした飲み口なのでいいのかもしれません。ただしちょっとお酒っぽい感じもしたのですが、それは気のせいかも。

こういうものでルフナの知名度が上がるとうれしいですね。「あら〜、このルフナのシェイクっておいしいじゃない。ルフナって茶葉の名前? 買って帰ろうかしら。ええとルフナルフナ……あらっ、100g630円!? 安いわあ、今度からお家で飲むのルフナにしましょ」なお客さんも増えるかも!(爆)

今年の夏は、G clefさんの限定メニュー猛攻撃にふらふらになっています。ああまだあれもこれも食べたい〜><
そして月末か来月頭には新茶ラッシュの模様です。アッサムセカンドが楽しみすぐる(*´∀`)
ああ……もうG clefさんから離れられない(笑)
posted by こうや at 23:00| 東京 ☀| Comment(0) | 紅茶屋さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]