2010年08月06日

【t39-1】アジアンなえいこく屋(7月ひとり旅その4)

一晩寝て(……はいなかったのですが、ともかく身体を休めて)午前4時半。
好きなだけ無茶をできるひとり旅の朝は早いです。
元気良く新大阪駅に向かいました。
ああ、なんて爽やかな朝っ★
……なんて思っていたら、まさかの事態! 駆け寄ってきた紫のシャツの気味悪いオジサンにロングスカートをがばっとめくられ&ついでに太ももねっちょり触られるという絶叫事件が発生。
いきなりテンション駄々下がりしつつ、始発電車に乗りました。
向かうは名古屋!

数回電車を乗り換えて(ほとんどが始点〜終点まで乗りっぱなしでしたが)名古屋に着いたのは8時頃。途中京都駅ですごく降りたくなりましたが、時間の制約もあったためここはぐっと我慢の子。青春18きっぷを握り締めて、名古屋の地に降り立ちました。
千種で降りて、危うく栄に歩いてしまうところでしたが、途中で気付いて引き返し。
どうにかたどり着いたのが、このお店です。
0725えいこく屋外観.jpg
えいこく屋さん!!!
右が紅茶の販売店、左がカレー屋さん。少し離れたところにパーラーもある、ほとんどえいこく屋通りな雰囲気のところです。閑静な参道といった雰囲気の、ちょっとオシャレな通り。
0725えいこく屋内装.jpg
カレー屋さんのほうに入りましたが、中は完全にアジアンな雰囲気。そして6人がけの大テーブルが多いかな? 2人がけのテーブルは手前に2つあるだけのようでした。奥の方はよくわからなかったのですが……ご近所にお住まいらしいおばさま方が井戸端会議で盛り上がっておりました。地元に根付いた紅茶屋さんのようです。いいですねえ。
さて。何の紅茶を頼もうかな!
メニューを見ると、なかなか面白そうな紅茶があれこれ。世界のデザートセットなんていうものもあり、食欲をそそります。
今回は、定番のアッサムにしてみました。ルフナの次に好きな紅茶。アッサムやディンブラなど、とにかく重ための紅茶が飲みたくて仕方ないんですよね。ルフナがあればぜひ飲みたかったのですが、メニューには見当たらず……
そんなことを考えていると、来ました! どんっ!
0725モーニングマフィン.jpg
マフィンおっきい(゚д゚)!
名古屋名物、モーニングサービスです。紅茶を頼むと、マフィンかトーストがついてきます。
このマフィン、外側はカリっとかたく、中はもっちもちで、とろけるバターとの相性も良く、ただもうとにかく「お得」感満載。
アッサムはもう笑っちゃうくらいコクがあり、強すぎるくらいにしっかりとしたお味。代用機の暗所に弱い携帯電話では全然うまく撮れませんが、キレイな紅色の水色もポイントです。
ストレートでもミルクティーでもおいしいアッサムでした。はふう満足満足。

そうこうしているうちに茶葉販売店もオープンする時間となったので、いそいそと移動。
えいこく屋さんにはルフナがいっぱいあるんですの〜♪(・∀・)イイ!!
ルフナとサバラガムワを足すと7種類くらいあるのではないかしら。一つのお店で売っているルフナの種類としてはたぶん最多。
あまりにうれしかったのですが、たいてい80g1260円というちょっとお高めのお値段なので、悩みぬいた結果「オークションで金賞を受賞したルフナ」を買ってきました。これで中東の富豪気分に浸れるかも?(笑)
新茶シーズンのためか、昨シーズンのダージリンやニルギリのセールもやっていたりと、なかなか庶民に優しい紅茶屋さんです。
店名  :えいこく屋
所在地 :名古屋市千種区山門町2-58
最寄駅 :地下鉄東山線 覚王山駅
営業時間:8:00〜22:00
定休日 :火曜日
公式HP:http://www.eikokuya-tea.co.jp/
参考予算:紅茶¥450〜、ティータイム¥600〜
posted by こうや at 23:00| 東京 ☀| Comment(0) | 紅茶屋さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]