2010年03月18日

【聖地】ムジカティー初体験【巡礼】

聖地。
その言葉から何を、そしてどこを想像するでしょうか。
たとえば宗教。ユダヤ教もキリスト教もイスラム教も、聖地(メッカ)は同じ場所、すなわちエルサレムにあります。
そのことが現在の紛争の原因のひとつともなっていますね。
それでは、紅茶好きにとっての聖地はどこなのでしょうか。
紅茶を飲む習慣の発祥となったイギリスのロンドン?
それとも、紅茶の生産地の始まりであるインドのアッサムやスリランカ(セイロン)のキャンディ?
いえいえ、日本人の紅茶飲みである以上、聖地といえばここ以外にはありません。
そう、大阪は堂島です。

紅茶好きになると、(私だけかもしれませんが)とにかくいろんな産地や名称、ブランド等を調べるようになると思います。
リプトン、トワイニングに始まり、マリアージュ・フレールやダマン・フレール、クスミティーなんていうのもあるのかーとふむふむしていると、やがて国内にも目を向けるようになります。
日東紅茶などの有名どころからルピシアを抜け、リーフルにジークレフ、カレルチャペックあたりまで来た頃には、気づけばその名前を刷り込まれています。
そう、その名は「ムジカティー」。
記憶をどんなに辿っても、いつ初めて聞いたのか覚えていない。けれど、名前を口に出すときの歴史の重みに満ちた尊敬と畏怖の念、それでいて親しみやすく思わず笑みのこぼれるような印象は、はっきりと自分の中に刻まれています。
そう、それこそが「生ける聖地」であり「行ける聖地」(誰が上手いこと言えと)、堂島に店を構えるMUSICA TEAの威力であるのです。

紅茶好きであり紅茶飲みとなった以上、聖地への巡礼は一度はしておきたいもの。
そういうわけで、北浜レトロで控えた水分(……)を補給すべく一路ムジカへ!
ムジカへ!
ムジカ……え?
0313ムジカビル入口.jpg
すみません、なんかすっごいモダンなビルに着いちゃったんですけど(滝汗)
初めての人なら必ず戸惑うであろう入り口で、私も一瞬わたわたしました。でも大丈夫! 不安になったら、三階部分を振り仰いでみてください。オシャレでモダンなビルなのに、そのフロアだけ壁に棚&そこにごちゃごちゃと物が置かれている様が確認できる筈です。そこが目的地なのです。
0313ムジカ看板2.jpg
入り口で看板も確認して、意気揚々と店内へ。フロアに到着するなり目にする有名な木箱だらけの入り口部分……より驚いたのは、エレベーター前まで並ぶ人の列でした。
土曜日の昼下がり、超混雑。
さいわい一人席が空いたため私はほとんど待たずに座れましたが(同行者? 何それおいしいの?)複数で土曜日に行かれる場合には覚悟が必要かもしれません。
0313ムジカカウンターメニュー.jpg
カウンターは総ガラス張りの壁面に沿って六席ありました。ほぼ全て独立したテーブルで、ところどころ謎の蝶番がついていたりもします。木箱の再利用なのかしら?
えらく縦長のメニューは、そこここにコラムやコメントがあったりしてそれを読むだけでも楽しくて仕方ありません。いろいろ書いてあって、楽しーい! でもあんまり長々と読んでいると店員さんが所在無さげになってしまうので、決めようと思います。
スコーンとケーキでまたも悩みますが、さすがにさっきスコーンを食べてしまったのでケーキセットにしてみました。
0313ケーキセット.jpg
木の実のタルトです。紅茶はケーキセットの場合セレブレーションブレンドに統一。他の紅茶を選びたければ、単品で頼むしかありません。まああんまり値段的には変わらないので、それも良いかも。
0313ブレンド.jpg
こちらも有名すぎる象のティーコジー。絶妙な目つきの悪さがたまりません(笑)
セレブレーションブレンドはたぶんディンブラ(とヌワラエリヤかな?)メインの、爽やかな紅茶でした。一杯目は本当に爽やかでぐいぐい飲める、ケーキのお供に最適な雰囲気。ケーキセットの紅茶だけあって、ケーキの邪魔をしないブレンドにしてあるのでしょうか。
そこから徐々に味が濃くなり(二杯目はどこか懐かしさすら感じさせる「紅茶」の味でした)三杯目はさすがに渋みも強くなっていたので、ここで牛乳を投入。手が滑って入れすぎてしまいましたが、それでもおいしくいただけました。ミルクティーにしたときはお砂糖を入れるとおいしいですね。
そうそう、木の実のタルトは、木の実がこれでもかっ! ってくらい上にざくざくのっていて、かなり食べ応えのあるタルトでした。素朴なおいしさです。
大混雑していたこともあり、有名な「紅茶資料」はほとんど見られませんでしたが、その人々のざわめきや雑多な雰囲気もあわせて、私はモロ好みの大好きな空間でした。
大阪の人はこの「聖地」を「いつもの」紅茶屋さんとして使えるんですよね……うらやましすぎる……(*´・ω・)(・ω・`*)ネー
若干本気で大阪への移住を考えかけたコーなのでありました。

だからといってまさか、数時間後に再訪するとは思いもよらず(笑)
それについてはまた次回〜。
posted by こうや at 09:00| 東京 ☀| Comment(0) | 紅茶屋さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]