2010年03月16日

【t25-1】北浜レトロでの悶絶

怒涛の初日が終わり、旅行も二日目となりました。
自由人な我々は、二日目が完全な自由行動。
そういうわけで、この日私はひとり「紅茶旅行」を敢行したのでした。

まず最初に向かったのは、メルヘンでファンタジックな夢の世界、乙女ならまず大好きに違いないとの誉れ高い「北浜レトロ」です。予約は入れてなかったため、開店直後を狙って向かいました。
近代建築の多く残る中之島、そのすぐそばである北浜にある北浜レトロは、その外観だけで多くの乙女を失神させられるであろうすばらしい破壊力を持っていました。
0313北浜レトロ遠景.jpg
こ、これはまるであの絵本のようではないか!

ちいさいおうち (岩波の子どもの本)

ちいさいおうち (岩波の子どもの本)

  • 作者: バージニア・リー・バートン
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 1954/04/15
  • メディア: ハードカバー



子どもの頃、誰もが一度は読んだことのあるであろう切ないお話。それが、この本。北浜レトロはそのモデルなのではないかと思えてしまうような雰囲気です。そうでなければ『カールじいさんの空飛ぶ家』といってもいいかもしれません。
お店の外観にはぁはぁしている内に開店時間となったので、おそるおそる中へ。すると既に何組かの先客がおり、その上窓際などの良い席には「予約席」のプレートが乗っていました。さすがは人気店。ただ予約すると「アフタヌーンティー」しか頼めないのがちょっと難点なんですよね。きちんと三段のアレで持ってきてくれるのはうれしいかもしれませんが。
0313レトロメニュー.jpgそういうわけで、メニューをじっくりと眺めながらひたすら悩みます。おそろしいことに、ケーキもスコーンもおいしそうなのです。両者をいっぺんに食べるにはアフタヌーンティーを頼むしかありません。ですが、今後の予定と朝ご飯のバイキングを食べすぎた(自分のせいだ!)お腹の状況、さらにはお財布事情を考えると、ここでアフタヌーンティーを頼むのは得策ではありません。おとなしく決めるしかない。スコーンか、ケーキか!
……結局私のスコーン部としての意地(?)が勝ち、クリームティーを頼むことにしました。スコーンはたくさん種類がありますが、私にとってのゴールデンコンビである「抹茶」と「あずき」で決定です。
0313レトロシャンデリア.jpgしかし、頼むものが無事に決まってほっとしたのも束の間、さらなる問題が私にふりかかりました。
それは、「何の紅茶を頼むか」。……オーマイガッド。シャンデリア様、私を助けてください。
とりあえず悩みに悩んだ末、レトロオリジナルのアッサムかニルギリにしようと決めかけました。
ところが。
「期間限定」と称して、「サクラティー」の文字があるのを、発見してしまったのです。
広尾に店を構えるロウレイズティー。ああ、あそこで試飲させてもらった紅茶は香料がすごかった、でも、サクラティー、おいしそう、ああ……
悩んだ末に、私は、サクラティーを選んでしまいました。
人生最大の失敗でした。
0313レトロ紅茶.jpg
か、香りの暴力で、とてもじゃないですが飲めません(泣)
周囲のお客様はダージリン率が高く、心底うらやましくなりました。10分前の自分に戻れたらいいのに。。。とはいえ、完全に自分のせいなので誰を責めるわけにもいかない。自分が悪い。自分を責める。
0313クリームティー.jpg
クリームティーが到着。ああ、かわいらしいワイルドストロベリーのカップの中身が別の紅茶でさえあれば……←うるさい
0313レトロスコーン抹茶あずき.jpg
そうそう。
これ、よく見ていただけますか。
……生クリーム(その上にちょびっと乗っているのはクロテッドクリームです)とジャムの量が、スコーンひとつ分と同じくらいある!
ものすごい量でした。たっぷりつけても余ってしまいましたよ。なんて大判振る舞い。感動です。
あずきスコーンはあずきの粒感はないですが、ひと口かじると濃厚なあずきの香りと甘みを感じます。ふしぎな感じでおいしいです。
抹茶スコーンもびっくりするくらい濃厚。抹茶の苦味も感じますが、それ以上にうまみがあり、もう、んまー。
おいしいスコーンを堪能しました。おいしかったです。感動です。

……次回は、レトロオリジナルの紅茶を頼みます(リベンジ宣言)あとケーキ。
ちなみにレトロビルヂングだけあり、お手洗いが大変レトロでした。こんなところがまだ残ってたなんて! これを見るだけでも、女の子は楽しめるかもしれませんね(笑)
次回更新はたぶん、紅茶の聖地についてです。ではっ。
店名  :北浜レトロ
所在地 :大阪市中央区北浜1-1-26 北浜レトロビルヂング
最寄駅 :大阪市営地下鉄 北浜駅
営業時間:
  平日 11:00〜21:30
  土日 11:00〜19:00
定休日 :お盆、年末年始
公式HP:http://www.hotpepper.jp/strJ000109383/
参考予算:アフタヌーンティー¥2100-、クリームティー&ケーキセット¥1100-
posted by こうや at 21:00| 東京 ☀| Comment(0) | 紅茶屋さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]