2010年01月26日

お家紅茶録12&13:ディンブラ&ルフナ@紅茶屋さん

さてさて、せっかく今年は紅茶の福袋に挑戦したというのに、思えばまだ全然感想を書いてないではありませんか。これはいけない、というわけで徐々にこれから書いていきたいと思います。
でも開け方がバラバラなので、書く順番もバラバラです。すみません。ご了承いただけると幸いです……
ちなみに今は精力的に試飲セットを消化中です。とにかく数飲んで好みの味とお店を発掘したい今日この頃。

【紅茶専門店 紅茶屋さん】http://www.rakuten.co.jp/f-koucha/
★ディンブラ
○マタカレー茶園
○BOP(蒸らし時間3分)
○2008年入荷
○100g ¥1,300-
ディンブラらしい爽やかな渋みと、食事やおやつの邪魔をしない控えめな紅茶感(?)がうれしい紅茶です。葉々屋さんのものよりは細かくないですが、くるくるっと丸まった小さな茶葉が多いので一瞬BOPFかな? とも思いました。BOPにもいろいろと大きさの幅があるのですね。これはけっこうおいしいです。
紅茶屋さんのディンブラは、木箱と網箱(?)がそれぞれ100gずつ残っているので、また後でたっぷりと味わう時間はあるのです。いやあ、開けるのが楽しみですなあ。

【紅茶専門店 紅茶屋さん】http://www.rakuten.co.jp/f-koucha/
★ルフナ
○スドゥウエリポタヘナ茶園
○スーパーBOP1(蒸らし時間3分)
○2009年入荷
○100g ¥1,500-
今まで私は、ストレートで飲んでおいしいルフナばかりに巡り会ってきました。もちろんルフナのミルクティーもおいしくて大好きなのですが、ストレートでタンブラーに詰めて出先で飲むルフナのおいしさたるや想像を絶するものなのです(ちょっと大げさ)
でも、これには。
私の愛するルフナの最たる特徴である(筈の)、甘みが、ない(泣)
確かに渋みも少ないですが、甘みもなく、断トツで感じるスモーキーな香り。
お前はキームンかっ!
そう突っ込みたくなるようなこの燻した香りはなんなのでしょう。確かに紅茶本にはルフナの特徴のスモーキーがうんたらとよく書いてありますが、今まで真の意味でそのスモーキーな香りを感じたことはなかったのだと痛感しました。
いや、強烈です。
ちょっと半泣きになりながら飲みましたwww
そして飲み終わってから気づいたのですが、これこそ、ミルクティーにすべきだったのでは……?(自爆)

そしてひとつ気になったこと。
紅茶屋さん、あまりにも誤字脱字が多い……
いや、意味を全く取れないわけではないのですが、思わず誤字を数えたくなるレベルですごいことになったいます。
紅茶の味には影響ない(……筈)のでいいのですが、ちょっと気になりますね。
posted by こうや at 22:00| Comment(0) | お家の紅茶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]