2010年01月24日

【c19-1】HATTIFNATT

あちこちのブログやレビューで結構安定した人気を誇っているHATTIFNATTにお邪魔してきました。高円寺店の方です。
駅からそれほど遠くない、あずま通り(だったかな?)沿いにお店はあります。すぐ側には同じ系列の雑貨屋さんも。外見からして非常に可愛らしいお店です。ちなみに、店名の由来はムーミンに出てくる「ニョロニョロ」だそう。日本語訳だとニョロニョロですが、あれは原語では「ハティフナット」と呼ばれているのだそうです。今回初めて知った豆知識(笑)
0120HATTIFNATT.jpg
入り口は135cmと小さめ。全体的に子供のサイズに合わせて作られているそのお店は、子供の頃よく遊んだツリーハウスに久しぶりに入ったときのような懐かしさを感じさせます。
1階にはレジとキッチンがあり。狭い階段を上がると意外に広い2階があらわれました。カントリー調のスペースと、壁面いっぱいに色とりどりの絵が描かれた子供部屋のようなスペースがあります。どちらのスペースからも急な梯子がかけられ、ロフトのような座敷部分に上がることもできました。
ちなみにカントリー調の雰囲気はこんな感じ。
0120ハテフ店内1.jpg
若干ごてごてしすぎていると思えるほどに店内は様々な「面白さ」に満ちあふれています。1階の店員さんを呼ぶ方法も一風変わっており、下向きの矢印を勢いよく引くというもの! これは子供喜びますねー。
ここでは結構しっかりとご飯を食べられるようです。ただ元パティシエがいるそうなのでケーキ類もオススメとのことで、モンブランにもかなり惹かれたのですが、あまりお腹が空いていなかったのでシフォンをチョイス。そしてポットサービスという文字につられてダージリンを選んでみました。
0120ダージリン.jpg
しばらくして運ばれてきたダージリンは、シンプルながらも可愛さ漂うティーセットに入っていました。手編みに見える底敷きはいかにもオトメな感じ。なんだか別の次元に紛れ込んでしまった気分です。
店員さんが注いでくれた最初の一杯をウキウキしながら口にして……
あ、あれ?
目が点になりました。
薄くない? 香りもしないし、色の割に味もないのだけれど……
いやいや、でももしかしたらまだ淹れたてだったのかもしれない、と思いながらポットを覗くと。
茶葉入ってないよ……orz
ここ最近はありがたいことに出先でほとんどいつも私好みの濃くておいしい紅茶ばかり飲めていたので、ちょっと久々の衝撃でした。いや、決してまずくないわけではないんだけど、なんというか、とにかく薄い(泣)せっかくポットで出してくれるのであれば、もう少し茶葉を入れてくれれば、いやむしろ茶葉ごと出してもらえると好みの濃さで飲むことができてうれしかったのですが。
0120シフォンケーキセット.jpg
とまあ、そんなことを考えてショックを受けていると、シフォンが到着しました。生クリームとはちみつがかわいらしく添えられた、なかなか大きなケーキです。
シフォンは単体だとややパサついていましたが、生クリームやはちみつを足すとそれなりにおいしいですね。それにしても、最近食べられる生クリームの範囲が広がっている気がしてうれしい限り。この調子で普通に食べられるようになるといいなあ。

ちなみにこのお店、紅茶よりもコーヒーに力を入れているようです。カプチーノか何かを頼むと、ラテアートでかわいい顔を描いてくれたりするようなので……次に頼むならコーヒー系かも?
店名  :HATTIFNATT
所在地 :東京都杉並区高円寺北2-18-10
最寄駅 :JR中央線他 高円寺駅
営業時間:12:00〜24:00
定休日 :なし
公式HP:http://www.too-ticki.com/hatt-HP/
参考予算:ケーキ¥441〜、紅茶¥525(セットで¥100引き)
posted by こうや at 21:00| Comment(0) | 珈琲屋さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]