2009年08月14日

【c17-1】QUNE

0812qunebig1.jpg系列店もコーヒーはおいしいのかな。
norari:kurariでの衝撃的なコーヒーに気を良くし、そんなことを考えて系列店のQUNEに行ってみました。
ちなみに系列店は現在全部で四つ。
  長男・うるとらカフェ(未)
  長女・norari:kurari
  次男・QUNE
  次女・もぐら食堂(未)
長男云々は私のイメージですが……出来た順番はこんな感じのようです。
QUNEはシックな打ちっぱなしが印象的。通されたのは仕切りを向いたカウンターっぽい席でした。横はなんとブロック塀! 前は全面磁石! 席とテーブルはどちらも木目が透ける程度に黒く塗られた木製です。メニューは机の間の抽斗のない抽斗部分(伝わります?)に挟まってて、なかなかスタイリッシュ。そして真っ黒(笑)
おいしそうなケーキセットにも惹かれましたが、お腹がそんなに空いていなかったので「サービス珈琲」をチョイスしてみました。これは要するに日替わりコーヒーなのでしょうか。
堅い椅子に身体をもぞもぞさせていたら、コーヒーが到着。長方形のミニトレイの上に、カップとお砂糖の入った角皿、ミルク、スプーンがちょこなんと収まっています。こういう小さなトレイはかわいくて使い勝手も良さそうでいいですね。白いマグカップを手に取ります。
……あ、酸味ってこんなにさっぱりするものなんだ。
酸味の強いコーヒーは、決して好みのタイプではありません。でもこのコーヒーの酸味はさっぱりしていておいしい。思わず唸ってしまう飲みごたえでした。
お砂糖とミルクを入れます。濃厚なコーヒー用ミルク(生クリームかな?)はかなり粘りのある強い主張をするもので、コーヒーの雰囲気をがらりと変えてしまいました。でもそれもまたなかなか乙なもの。
手帳にメモを書き付けたり、お気に入りの本をまったりと読み進めながら、贅沢な時間はゆるゆると過ぎていったのでした。
ちなみに今回、初めてお代わりを頼みました。お代わりは100円引きでの提供。元値が安いのでまあ気にならないですね。
好みでなくてもおいしいコーヒーと、好みでないのに妙に落ち着ける空間という、今までの自分の許容範囲が狭く偏りすぎていたのではないかと反省させられる、良いお店でありました。
ちなみにサービス珈琲以外にもコーヒーの種類があり、苦みの強いコーヒーも頼めるようです。
次はこのコーヒーに挑戦してみたいなあ。
店名  :QUNE
所在地 :東京都新宿区戸塚町1-101-2
最寄駅 :東京メトロ東西線 早稲田駅
営業時間:10:30-22:00
定休日 :日曜日
公式HP:http://ultrastyle.jp/QUNE/index.htm
参考予算:ランチセット¥850〜、コーヒー¥300〜
posted by こうや at 21:00| Comment(0) | 珈琲屋さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]