2009年08月10日

【t04-2】Tea Salon Gclef

0801gclefbig1.jpg海外に短期留学する友人の壮行会を兼ねて、お昼ごはんを食べてきました。
吉祥寺のティーサロンジークレフです。
今回はラッキーなことに窓際の席をゲット。暖炉も近くて、もちろん使われてはいませんが何だか得した気分です。
お腹も空いていたので、ワッフルランチプレートを選ぶことにしました。ランチプレートなんていうのもあるんですね。友人は生ハムとクリームチーズ、私はチキンと豆を選んでみました。メニューの写真から判断するに、どうやらひよこ豆は入っているようで期待が高まります(何の?)
ランチプレートにすると選べる紅茶は限られてしまうようですが、それでもダージリンは選択肢にありました。「本日のダージリン」という枠組みがあったのです。さすがはダージリン、人気なのでしょうね。選べる紅茶は確か、
     本日のダージリン
     本日のアイスティー
     アッサム
     ニルギリ
     ヌワラエリヤ
     ウバ
     ディンブラ
     ケニヤ(があったかどうか……)
だったように思いました。友人は本日のアイスティー・アールグレイを、私はヌワラエリヤをチョイス。スリランカではハイグロウンティーとローグロウンテイーが好きな私。両極端だ(笑)
窓からふと外を見ると、路地に燦々と陽光が差し込み、如何にも平和な雰囲気。人をくつろがせるためにある光景のようにも思えます。
0801gclefbig2.jpg友人と近況報告など何となく語っているうちに、カップと紅茶が到着しました。砂時計をニヤニヤ眺めてしばし待ちます。ちなみにアイスティーはピッチャーでの提供でした。アイスティーがあんなにたくさん飲める喫茶店は、あまり見たことがありません。お得な気分。
やがてランチプレートも到着。ワッフル二枚は想像以上のボリューム! その間にヌワラエリヤの準備も整ったので、紅茶をカップに注ぎ、まずはプレートのスープをひと口飲んでからワッフルに向かうことにしました。
コンソメスープは可もなく不可もなく。ワッフルは、サクサクが少し汁気を吸ってしっとりしたワッフルと小さく裂かれたチキン、実の詰まった歯ごたえの豆に甘酸っぱいソースがかかっていて、何とも癖になる味わいです。
ですが、少し食べ進めて不思議に思いました。
ソース、ビネガーだよね……?なぜ甘いんだろう。
そう、ワッフル自体が元々甘いので、全体的に甘酸っぱさが漂っていたのです!これは面白い味になるわけだ。
豆はひよこ豆、大手亡(おそらく)、いんげん豆の三種類くらいだったと思います。それぞれ違う個性の豆はやっぱりおいしい。私は豆好き(笑)いろいろ好きなものがあるなあ。
別にサラダもついてきましたが、ワッフルにも玉ねぎやレタスがふんだんに盛られていました。野菜を食べるとさっぱりしますね、野菜もなかなか。
ヌワラエリヤは爽やかな渋みと若草の甘みがよく感じられました。家で飲むより高円寺で飲むより心なしか香りが立ってるような気がするのですが、これはやはり水の違いなのでしょうか。
それにしても我が友人はよくしゃべります。一から十までひたすら趣味の話。私も嫌いではないですが(その友人の影響で興味を持ったのが始まりですし)あなた様の熱い熱い心と行動にはとても敵いませんとひれ伏したくなるほど。気づけば、壮行会でなくて単なる昼食会みたいになってました。一応元気付けのお手紙とか書いていったのですが、その手紙が浮いて感じられましたからね。あなた人生に関わることしに海外行くんじゃなかったのかね。
しかし友人が元気に未来へ向かえそうなので何よりでした。
戻ってきたらまたご飯でも食べようぜー。
posted by こうや at 21:00| Comment(0) | 紅茶屋さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]