2009年08月06日

【c16-1】norari:kurari

0723norakura1.jpg最近再び喫茶店開拓意欲が湧き、お昼を喫茶店で食べようとうろついてみました。norari:kurariはトラップみたいな螺旋階段を昇り、開けるのをためらってしまう素っ気ないドアの先にある、子ども部屋のような小さくて素朴なお店です。
0723norakura2.jpg座席は少し戸惑ってしまう低さ。連れは「おままごとの席みたい」と評していましたが、まさにその通り。テーブルの中にぴったりと椅子を収納すると立方体になりそうな、ころころしたフォルムです。でもそこまで座りにくくはありません。すぐに慣れてなかなか快適になります。小さくはないのでご飯も普通に食べられますし。
特にランチセットというものはありませんが、ケーキはもちろんベーグルや丼のドリンクセットが豊富なので迷ってしまいます。けっこうお腹が空いてきたので、カリフォルニアライスセットを頼んでみました。単品+40円でドリンクセット! これは安い(笑)
0723norakura3.jpg注文待ちのお客さんが多く、出てくるまでに少し待ちました。その間にも続々とお客さんがやってきます。人気店ですねえ。男性三人組がやってきたときには少し驚きました。雰囲気はいかにも女の子が喜びそうなお店なので、男性だけでは入りにくいのではないかと思っていたのです。でも、出てきた料理を見て疑問は氷解しました。
カフェ飯という言葉から想像する量より、遥かに多いのです。これなら男性の常連さんもいそうです。最近は男性だからたくさん食べるとも限らなくなってきているようですからこの発言はジェンダーに関わるかも?(爆)
0723norakura4.jpg私が頼んだカリフォルニアライスとは、簡単に言うとシーフードサラダご飯。レタスにアボカド、イカやホタテやエビをマヨネーズで和え、更に明太子とマヨネーズを別に添えています。ご飯はほかほかで、その熱さとサラダが意外によく合う! はふはふ食べるとしあわせ。マヨラーにはたまらないかもしれません。ただヘルシーなようでいてけっこうカロリーはありそうですよ。
連れは牛トマトを頼みましたが、そちらは具もアツアツなので湯気がもうもうと立っていました。目を細めながら頬張っていて、満足の模様。ボリューム満点でけっこうおいしいなら言うことはありませんね。
0723norakura5.jpgぺろっと平らげお腹をさすっていると、飲み物を持ってきてくれました。ホットコーヒーは和風の器に入って登場です。木製のソーサーの上にお砂糖とミルクも乗っていて、こぢんまりまとまっていてかわいい。
構えずにごくりと飲んで、そのまま固まりました。
何これ……おいしいっ。
正直、こういうお店でしかもセットドリンクでこんなコーヒーが出てくるとは思いませんでした。うわあこれはおいしい!
私の好きな深煎りなのか、深く豊かな苦みがゆったりまろやかに口の中を満たします。鼻に抜ける香りは濃厚で「今、私はコーヒーを飲んでいる!」としみじみ感じ入ります。これはカタカナで「コーヒー」と書くよりも漢字で「珈琲」と表記したいかも。そんな、懐かしの豊かな味でした。
ひと口分のブラックを心行くまで味わい、お砂糖を入れようとします。あれ、このスプーン見覚えが……シュガーレードルとして出されたものは、なんとティーキャディスプーンでした! わあい、これでお砂糖を何グラム入れたかすぐに分かるぞ★(爆)
さらさらとお砂糖を振り入れてざっくりとかき混ぜ、再びいただきます。お。お砂糖を入れたことで先ほど濃厚に感じた苦みが薄れ、その代わりに爽やかな酸味が口いっぱいに広がりました。ああ、お砂糖の効能はこういうところにもあったのかと、深く納得。
ごくっと一気に飲み干してしまうのがもったいなくて、ゆっくりゆっくりちびちびと、お酒をなめるように楽しみました。
コーヒーを飲むためにだけでもまた来たいと思えるお店です。でもコーヒーは単品だと550円。……セットの方がお得かなっ(笑)
店名  :norari:kurari
所在地 :東京都新宿区馬場下町14ー6 2F
最寄駅 :東京メトロ東西線 早稲田駅
営業時間:10:00-22:00
定休日 :日曜日
公式HP:http://ultrastyle.jp/norarikurari/
参考予算:ランチセット¥850〜、コーヒー¥550〜
posted by こうや at 21:00| Comment(0) | 珈琲屋さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]