2016年09月28日

須賀しのぶ『帝冠の恋』を読んだ

なんかアンニュイめなブログ書いた直後で申し訳ないのですがちょっとこれは書くよ。
これは書くよ。

ツイッターで見かけておや、と思った名前があります。
それは、昔、わたしがむさぼるように読んだコバルト文庫の作家さんのひとりの名前。
須賀しのぶさん。
コバルト文庫の中でもかなり骨太めな作風で、幼いわたしはそれは夢中になったものですが、そういえばあのシリーズ大好きだったのに新刊を待ちきれず離れてしまったな……
そんなことを少し甘酸っぱく思い出していましたが、直後に目を剥きます。
そのツイートは出版社の宣伝で、なんとそんな須賀しのぶさんが、ゾフィーを主役にした作品を手がけたというのです。
ゾフィー。
その名を聞いてハッとしないヅカファンはいません。いませんよね?
ハンス・アクセル・フォン・フェルゼン伯爵の妹さん?と思った方は原作を読み込んでいますね。確かに同名ですが違います。
ゾフィー。
宮廷でただひとりの男と噂される、皇太后ゾフィー。
そう。ハプスブルク最後の皇帝たるフランツ・ヨーゼフ1世陛下のご母堂にして、エリザベートの姑にして最大の敵、あの、ゾフィーです!
旧体制の権化、最悪の姑の具現化として大変苦手な(個人的な意見です)あのゾフィーの若かりし頃だなんて、とても想像できません。
しかもそれを描くのが他ならぬ須賀しのぶさんですって?
ツイートを見た直後に本屋さんに走り、さっそく文庫を入手したこうやさん、あらゆる準備を整えて、万難排した本日、ついに読み始めたのでした。

そして、読み終わった今、激情の余韻に心がまだ躍っているのを感じます。
時は19世紀後半。帝国の中興の祖たるマリア・テレジア(c︎『ハプスブルクの宝剣』)に憧れを抱く若き才女ゾフィーの天真爛漫な少女時代から物語は始まります。
隣国フランスは度重なる政治不安(c︎『ベルサイユのばら』『スカーレット・ピンパーネル』)や欧州中から憎まれたナポレオン失脚(c︎『太陽王』)の後、名宰相メッテルニヒにより築き上げられたウィーン体制にも陰りが見えつつあるところ。
当時としては当然の、政略による見合い結婚の結果、年老い衰頽の見えているオーストリアに輿入れしてきたのは、バイエルンの陽射しをたっぷりと浴びて育った「ヨーロッパの薔薇」と讃えられるゾフィーなのでした……
もうさ、この時点でさ、分かるじゃん。この先がさ!
しかもこの描かれ方をするゾフィーがいずれ「あの」ゾフィー(c︎『エリザベート』)になることを知っている我々からすると、もはやこれはエピソード4〜6を知り尽くした者にとってのスターウォーズエピソード1でしょ!?
どうしたらこれがこうなってああなるのよ!って!なるでしょ!!!!!
なったの!!!
なったのよ!!!
しかもあの場面で終わるしうそでしょまじかよこうつなげやがってってなるの!!!

ネタバレを避けるあまり意味がわからなくなっていますがわたしには見えるのです。
あの場面でのひそひそ声のコーラスが。
あの場面での絞り出すような咆哮のアカペラが。
静かに佇むソロが。
熱狂のアンサンブルが。
まるで一編のミュージカルを見るかのごとく、煌めいて上演されていたのです。

ここから、あれがああなって、ここに向かって走り出していき(c︎『エリザベート』)、それでもってこっちは実はこうなって(c︎『うたかたの恋』)そしてああなっていく(c︎『1914/愛』)ああーなるほどーなるほどねーって、なっていくのです。
……自分でも書いていてこのあたりの宝塚の手厚いフォローにびっくりしてますが、とにかく脳内上演とあれとこれとそれがつながっていく快感と何より萌え転がりました大好きですこういうの大好きです。

いまわたしが挙げた作品に少しでも愛着のあるヅカファンのあなた。
宝塚知らないけれど西欧史好きなあなた。
女性の活躍が好物なあなた。
イケメン好きのあなた。
なんとなく勢いに押された、あなた。

読んでください。
そして、その後、東宝版『エリザベート』を、観ましょう。
たまらなくなりますから。
いろいろとたまらなくなりますから。

ぜひ、読んでください。

須賀しのぶ『帝冠の恋』徳間文庫2016/9/15発行。
本体価格660円。

千円握りしめてもらったお釣りで近所の喫茶店でコーヒー片手に読んでください。
そして、人目があって萌え転がれない叫べない思いを共にしましょう。

ぜひ、読んでください。

たぶんこれ、ゾフィーの固定観念がある方のほうが、より衝撃を受けると思います。
そして単純にわたしが、わたしがこういうの好きなのです。

あー!

あーもう!

物語って、最高だなあ!!!
posted by こうや at 21:24| 東京 ☀| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

りそうの、

コンロがおかしくなって火がつかなくなりました。
伝えられていたにもかかわらず、朝寝ぼけてそのコンロの栓をひねり、ついでに首もひねっていたら、間もなくガスの異臭が直撃して慌てて栓を閉めました。
それ以来というもの、わくわくが止まりません。
日常生活は危険がいっぱいですが、そのいっぱいの危険はたいてい痛みや苦しみを伴います。電車など相手のある場合によっては損害賠償を求められてしまって二重の苦しみになるかもしれず、それはさすがに申し訳ない。
でも、ガスは、痛くも危険でもないし(引火さえしなければ)、途中で起きなければ平和に終われるわけです。
まして痕もきれいだしね。
効率良くするためにはこことここの隙間を、だとか、睡眠薬があればスムーズかな、とか、かなりうきうきわくわく想像の翼を広げること数日。
かなり不健全なことにようやく気づけて慌てています。
まだ両足が地面を踏みしめているこうやです。
それもこれもこのところの日照不足でビタミンDを生成できていないせいに違いありません。危ない危ない。

本当に危ない。

さて。
そんなことになってしまうのも、未来の楽しみな予定を詰め込んでいないのが要因のひとつである筈。
そんなの舞台好きとしては異例すぎることなわけです。
大急ぎで予定を調べてみました。

新妻さんのエポニーヌ聴きたい、と思ったもののレミゼに出演予定はなし。とはいえ再演あるのねー!観たい……
来月コンサートがあるそうですが、むしろ王家の紋章再演を狙いたい気分です。
あとはお花さまかな、と思いましたが、なにも帝劇に限らなくても良いわけで。
最近すっかり宝塚のチケットの取り方忘れてますが、各組1回ずつ観るようにしてもいいのかなー。
歌舞伎もいいですね、狂言も。狂言はチケット取ってしまいました。
小劇場は公演期間が短すぎて捉えて予定空ける前に終わってしまうのが辛いとこ。

続いては美術館・博物館。
三菱一号館で梅原龍三郎展やるんですって!これは!楽しみね!
六本木のデザインの解剖展とか大好きすぎると思いつつよく見たら、この会場は本当に素敵なものばかりやるなあと納得したり。
そろそろシャガールやレンブラントのお気に入りの作品も眺めたいものですが、直近に予定がなさそうでしょんぼり。
森ビルの宇宙と芸術が気になるなぁと眺めてから、ジブリ展忘れていたことに気づいて思わず叫びました。痛恨!

ジブリといえば三鷹にもまた行きたい、ディズニーシーもそうだしランドでホーンテッドマンションも満喫したい。

そうだそうだ、やりたいことはたくさんある筈だ。
そうだそうだ、行きたいところもまだまだある筈だ。
何よりもうすぐこく〜んさんもリニューアル。
バルミューダがめちゃ好みな電気ケトル出しよりますし、これはこれはこれは。
なーんて言って必死に自分を鼓舞していたのですが。

やだー!
蘭寿とむさん!!!
ご結婚!!
おめでとうございますーっ!!!!!

最初にそのニュースを見た瞬間、笑顔のまゆさんが「ただいま」とオーク材の両開きのドアを開けると眩しい光に包まれた玄関ホールで頬を染めた新妻が「おかえりなさい、……あなた」とはにかむのを想像して、なんと恵まれた花嫁だうらやましいと思いましたが、もう一度冷静に読み直したらまゆさんがご結婚なさったのは一般男性で、いやまゆさんがご結婚なさる時点で絶対一般の男性ではないし玄関ホールで頬を染めてまゆさんの帰りを待つ新婿の想像が容易だったりしたのですがなんというかなんだろうこの心の奥底から湧き上がる圧倒的法被姿の「めでたい!」叫び。
退団の記者会見でその質問なくて怒っていたと壮さんにばらされたまゆさんが、結婚……

めでたい……(*´ω`*)

めでたい……!*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

今夜は祝杯だーーーーーっ!ヾ(*´∀`*)ノキャッキャ

とよこさんとまゆさんの凛々しい奥様に囲まれて小さくなってる美人版壮さんのランチ会の様子などめちゃ見たいので、ぜひ開催して全世界公開していただきたいものです。想像するだけで眼福です。
そして一気にしあわせモードになったので、まゆさんの周囲を有無を言わせず幸せにする力がご健在であることを痛感しました。
ふわふわうきうき。うふふふふ。

posted by こうや at 19:02| 東京 ☀| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする