2016年02月06日

酔いどれ日本酒備忘録01 米心@渋谷

ごきげんよう、昨夜もすっかり酔っぱらい、こうやです。
今月に入ってから、もとい今年に入ってから飲酒量が増えていて危険です。たぶん、悪い酒飲みではない筈なので(そもそも弱い)まだあれですが……気をつけます。

さて、ウィスキーの味を覚えたことで酒呑みへと転じたこうやさんですが、最近は醸造酒もイケるようになりました。
具体的には、ワインと日本酒。えへへ。
そのなかでも、最近マイブームの日本酒について、飲んだ記録を残すことで、今後の参考にしようという趣旨の記事でございます。
過去の情報は自ブログ検索でまかなう系自給自足タイプ。
まあ、前からちょこちょこ書いてはいましたけどねー

さて、そんな訳で。
ご縁があって今回お邪魔したのは、渋谷は道玄坂を少し上がったところにある「米心」というお店です。まいしん、と読むそう。
階段を降りると入り口に少し戸惑いますが、躙口っぽい感じ。中は酒精が支配?する別の世界、ということかしら……
躙口系入り口を中心に、左右に伸びた細長い店内。左手はテーブル席や団体席が中心のよう。躙口目の前から右手にかけては、入り口向かいの長辺に沿って開けた厨房と長いカウンターがあり、反対側の長辺沿いに2〜4人席が3つくらい壁にくっついてます。右側の最奥がお手洗いです。
今回は右側のテーブル席に案内されました。

メニューを開いてまず目を丸くしたのは、圧倒的な酒の量。多い、多すぎるよ……
名前と産地、味の一言説明まであり、大変丁寧な筈なのですが、なにぶん種類がありすぎて到底選べません。知ってる名前を見つけると妙にほっとします。数がありすぎると選べないって、心理学の研究にもありましたね。日本酒に詳しければ楽しいでしょうが、初心者はせいぜい5〜6つの選択肢で充分かもしれない……
とはいえ、大きくカテゴリー分けしてくれているため探しやすく、決して種類の豊富さを誇るばかりではない細やかさもありがたい。戸惑いますが。笑
それに対して、おつまみはぺらっとした紙の片面にびっしり書かれているものと、壁に貼られたオススメくらい。なるほどここは酒の店。
初心者はもちろん選べませんので、知ってる名前をどうにか見つけ出してほっとしてました。
とりあえず飲み比べしよう〜
DC2356DA-15B0-4301-825A-4A943842E21A.jpg
龍勢 夜の帝王(純米日本酒、広島)
気軽な晩酌用に作られたもののようです。色づいているのが特徴かな?
常温でいただいたところ、気軽に飲むにはかなり重めの辛口でした。辛口で合ってるのかな?日本酒の表し方がまだよく分かっていませんが、米の甘みよりもぎゅっとした香りと辛みがごくりと爽やか。すっきりはしてない、かな……ぎゅっとしてます。
伝わる?これ。笑

次はこれー。
4E1083AC-6FA6-452A-BB51-F3C25927D16A.jpg
天狗舞 山廃仕込み(純米酒、石川)
天狗舞は、夜の帝王よりもさらに色が濃いの。山廃仕込みという、熟練の技で仕込まれたもののよう。
日本酒にしては?というか、味も濃い!蒸留酒に近い感じで、辛みもかなり舌にくるので、わたしは杯を空けられそうにありませんでした。
これは来るわーすごいわーよれよれだわー

AC237F8D-BCC3-4836-A301-4382532ABD29.jpg
このあたりでおつまみ紹介。先に言っておきます。どれもべらぼうにお酒と合いませんでした!笑
左上から時計回りに。
まずは玉子焼き。出汁の効いたとろとろ、にしてはしっかり形の残るもの。大根おろしとの相性がおいしい。
続いては3種類からひとり2種選べるお通し。菜の花と、鶏肉のごま和えです。鶏肉は単体でおいしいのにお酒と合わない!菜の花に合うお酒も頼めず残念でした。
その後ろにはホタルイカのなにか。お酒のおつまみになりそうな濃いめの味付けですが、お酒よりごはんが欲しい感じ。笑。
次の玉子焼きっぽいのは、極厚油揚げのねぎ味噌焼き。油揚げにねぎが挟んであり、みそ味に仕上げてあります。これもおいしかった!
そして気づき始めたぞ、わたしの好きな味のおつまみはわたしの好きな味の日本酒と合わないな……!?!?
ちょっぴりしょんぼりしつつ、〆は焼きおにぎりとあら汁です。
この焼きおにぎり、刻み紫蘇が混ぜ込んであってめちゃうま!あら汁のおいしさも格別!むしろ普通にこのおにぎりとあら汁で晩ごはんにしたいくらいやー!
ほっとするあったかさでした。これはおいしい。

今回、完全にうっかり写真を撮り忘れましたが、梅たたききゅうりみたいな名前のおつまみがあって、これは注文必須です。
なぜなら!南高梅系の甘めな梅で仕上げてあるので、酸っぱすぎずうまく絡み、きゅうりの水気も相俟って爽やかな口直しになるのです。
そしてそれ以上に、夜の帝王との相性が!抜群なの!
今回、マリアージュといえるマッチ具合だったのはほぼ唯一この組合せでした。たぶん夜の帝王には梅が合う。

頼んだ食べものとお酒が合わなすぎて、助っ人的にさらに投入してみました。
それがこれ。新政(あらまさ)です。しかもただの新政じゃないの、なんと、元旦しぼりなんですって!縁起物ですねえ。
87E70BA4-BE3A-416C-862A-FB3BD7DD6C7C.jpg
新政 元旦しぼり2016「猿の惑星」(純米酒、秋田)
正直、元旦にしぼったからといってそんなに味が変わるとは思いませんが、スタイリッシュなサルのロゴイラストに、太平山三吉神社でご祈祷してもらったというお酒は、新年にぴったりです。気分もとってもすてき。
そして何よりおいしいのよー。常温でいただくと、飲み口は甘さを感じますがきゅっと辛みもあり、濃厚ながら後味はさっぱり(*´д`*)アハァ
これは今回頼んだ中でもっともわたし好みでした。うへうへへ。
新政は、地元・秋田にこだわっているようで、秋田産のお米を使い、酵母も自蔵で発見された6号酵母というものを使っているそうです。
それだけあってこれはおいしい!以前もいただいたことがあったのですがそれもおいしかったので、新政、要チェックです。
あ、でもやっぱり、頼んだおつまみとは合いませんでした。残念ー笑
焼きおにぎりとあら汁ですっかり気持ち良くなったわたくし、珍しく〆に甘味を頼みませんでした。
なかなかいろんな種類を飲むのが難しいのですが、少しずつ自分の好みを見つけていければ良いなあと思います。
とりあえず、夜の帝王には梅きゅうり、好みの味は新政!
うっふふーたのしいわー
posted by こうや at 18:52| 東京 ☀| Comment(0) | アルコホル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする