2015年10月03日

心も和むお酒の神さま

あの旅行からもう1週間以上経ったという事実を理解できずにいます。
時の流れの速さとは!ごきげんよう、こうやです。
そろそろ京都を後にしようかな……

そんな訳で、駆け足で残りの京都。
ええと、まずは旅程組立ての段階で時間がなさすぎると外しておきましたが、やっぱり行きたいよね。
→京都リベンジ2:伏見稲荷大社
→京都リベンジ3:晴明神社
→京都リベンジ4:下鴨神社
→京都リベンジ5:錦市場とカリカリ博士

さて、こんなお馴染みをリベンジに回してまで今回向かったのはどこかというと。
鈴虫寺でした。
37B78C4A-8EF5-4721-9BC1-C152DC0EC98B.jpg
京都市内から乗り換えでけっこう時間がかかること、ホームページの様子から、完全に普通のお寺さんだし穴場だと思って朝イチより少しのんびりめに行ってみたら。
まさかまさかの長蛇の列。
正直、思いもよらなすぎて目を剥きました。
聞けば鈴虫寺は30分程度の「鈴虫説法」を聞けるのだそう。しかもそれ、canじゃなくてmustなんですか……
わたしが到着した段階で軽く250人を超えている人の波は、止まることを知らず伸びていきます。
そして並ばずに境内に入ってお参りだけすることは許されないのだそう。
左様ですか……
待ち時間、朝ごはん代わりにお団子を食べてみたり、竹林に心安らかになろうとしてみたりはしましたが、秋らしくない強い日差しと人の量に先にげんなり。
一応50分ほど待ち、次の入れ替えで潜り込めるのを期待しましたが、石段半ばで列が止まり次の回でのご案内=もう50分ほどお待ちいただきますと言われた段階で諦めました。
9D5D5B31-FE40-42BE-91EF-419B30C52483.jpg
でもね、眺めはとってもすてきなの。
→京都リベンジ6:鈴虫寺

しかし自分の調査不足と予想外の人に怒り心頭なわたくし、帰り道で見つけた神社にお参りしまくります。ふたつだけどね。

まずはここ。
28BD7BA4-25D6-4815-B749-913591577B02.jpg
月読大社。
ひとりにだけ通じればいいです。
とある思い出が去来し、懐かしさににまにましながら参拝。
ゆったりとした空気が流れる場所でした。

さらにてくてく歩いた先は、駅名にもなっている松尾大社です。
せっかくなのでお参りお参り。
C914E28B-DB8A-40D5-9910-1F8ACBA7A892.jpg
抜けるような青空と御本殿。
見るもしあわせそうな光景にも出会い、なんとはなしにほのぼのしていたとき。
目に入った看板に、引き寄せられました。
62BC477D-8B3E-4C25-98EF-53B0757D3909.jpg
んもうほんとに、どこに何が転がっているかわかりませんね!(喜色)
どうやら松尾大社はお酒の神様だそうで、毎年新酒がたくさんお供えされるそう。なるほど、境内で一番に目を引いたあの大量の樽酒は、そういうことでしたか……!
入場無料のお酒の資料館は、お酒の歴史や種類、作り方に至るまで豊富な展示物と丁寧な説明パネルで、大変見応えがありました。
お酒、飲みたくなるね。

そんな訳で京都編はこれにておしまい(≧∇≦)
引き続き伺った番外芦屋編は既に書いているので、次はいよいよ大阪編!
こちらもまたのんびりいきますので、気長にお待ちいただけると幸いです\\\\٩( 'ω' )و ////

京阪に来たら乗らずにはいられない最愛電車、阪急電鉄に乗って向かいますよん。
この、あずき色の電車に乗って、抹茶色の座席に腰を下ろさないと、帰ってきた気がしませんものね。
ごとごと、向かう先は、まずは古代遺跡です……!

posted by こうや at 07:56| 東京 ☁| Comment(0) | 旅行/遊興 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする