2014年02月01日

【速報】甘酸っぱい乙女のムース

旧正月も明けたということで、諸事情により(大したことではありません)イメチェンをはかってきました、こうやです。
きちんとトリートメントするとこんなに髪の毛ってさらつやになるんですね……うっとり。


もうずいぶんとこく〜んさん記事を書いてなくてご無沙汰なのかとお思いの方もいらっしゃるかもしれませんが、実はこまめに行ってましたよ!
そんなわけで久々に、1日更新しようと思います(´艸`*)

image-00260201124925.png
2月のティーセットは「チョコとイチゴのムース」
こく〜んさん初の全身ムース(?)なケーキです。
下層にはチョコレートのムース。さっぱり軽めなのにチョコレートがどっしりコクのある味わいです。
上層はイチゴのムース。イチゴのムース自体、果物のイチゴのあの甘酸っぱさが閉じ込められてておいしいのですが、さらにそこに宝石のようにきらめくクランベリーのゼリーが!
このゼリーが甘み強めの甘酸っぱさで、イチゴのムースと食感も味も違うので、複雑な甘酸っぱさを楽しめます。
さらにその上にイチゴのソースがかかってて!
イチゴの!ソース!
ムースとはまた違う食感(というかソース)でありながらイチゴの甘酸っぱさがぎゅっと詰まっていて、イチゴの存在感を強めます。
そして一番上にはホワイトチョコレート。
この、甘さだけを表現するために生まれてきたようなこの子は、全体の雰囲気をやわらかく甘く包んでいきます。

2月にはあの製菓業界の陰謀……もとい乙女の味方、バレンタインデーがありますが、そんな乙女のそわそわとした期待と不安と努力の込もった可愛らしさを体現したかのようなケーキでした(´艸`*)

合わせるお茶は、今や簡単には手に入れられないアリアとフォームミルクを贅沢に使った「ふわふわミントミルクティー」。
チョコレートとミントの相性の良さはこく〜んさんの12月のティーセットで添えられていたチョコミントのムースでも痛感したところではありますが、いや、これはおいしいです。
単品でも充分においしいところ、コクのあるチョコレートムースと甘酸っぱいイチゴのムースと一緒に味わうことで乙女のもつ爽やかな空気感を表現していき、口のなかがさっぱりとした幸せで満たされていきます。
はぁん……アリア好きぃ……(*´∀`*)

こく〜んさん比で乙女度の高いケーキとのことですが(笑)大変可愛らしくておいしくて、堪能いたしました。

ちょうど昨日あたりから春めいた空気に包まれ出した東京。その、冷たい冬からゆっくりとほどけだした気候によく合う、爽やかで未来の明るい光を眩しく見つめたくなるようなティーセットです。
2月は一番短い月、この子に出会える機会も一番少なくはありますが、ぜひぜひ、ぜひとも、この乙女の甘酸っぱさを味わっていただきたいですな(*´∀`*)
posted by こうや at 13:13| 東京 ☀| Comment(0) | 紅茶屋さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする