2014年02月22日

忘れられた実験室の忘れられない話を書きたいけどまとまらなかった

今年オープンしたばかりの、道玄坂にあるヒミツキチラボでの初の新作公演、「忘れられた実験室からの脱出」に行ってきました。

名作と名高い「マッド博士の異常な遺言状」のスピンオフ作品として位置付けられているこの作品、前評判がかなり高くてわくわくしてました。
もしかしたら唯一無二になるかもしれないという新システムも導入されているらしく、それってもしやああいうことかな、でもそれは厳しいのではないか……などなど考えてみたり。
結果としては、あらゆるピースをすべて手に入れたにもかかわらず、そこに至るひとつを凡ミスしてあんだっしゅほーいでしたが、うん、なんというか、経験できたことはとても良かったと思います。

なんとなくいろいろと考えたことをメモ代わりに書いておきたくて。
感想というより、備忘録です。
image-00260222210706.png

そもそも、リアル脱出ゲームってなんなのでしょうか。

ほぼSCRAPさんの公演にしか参加したことがないため、これ以降はほぼSCRAPさんに限って話してみます。確かリアル脱出ゲームの元祖はSCRAPさんなので、そこまで外れはしない筈。
わたしの理解では、リアル脱出ゲームとは、もともとネットゲーム……というかパソコンゲーム?だった「脱出ゲーム」をリアルにやってみよう、というところから始まったもの、です。
だから、リアルにやる脱出ゲーム、で、リアル脱出ゲーム。
わたしはその本家本元の脱出ゲームをやったことがなく、リゲームのイメージしかないのでもしかすると的外れかもしれませんが、わたしの理解によるリアル脱出ゲームというものは、アジトの常設公演です。
部屋中を探索(クリック)して手がかりを集め、文字通り物理的に脱出する。
アジトにはまだ半分くらいしか参加したことがありませんが、今のところGUNKANの「ある牢獄からの脱出」が一番好きな公演です。あのがちゃがちゃなギミックが、クリック連打のわちゃわちゃ感に近いかなって。
ある程度のストーリーがあったり、自分を主人公にした「物語体験」を味わうというよりも、閉じ込められたという「設定」とそこから制限時間内に「脱出」しなければならないという目的、その可否を純粋に問うだけの、ジャンルとしての脱出ゲーム。です。
それに対し、二つの新たな流れが出てきたのだと思います。
ひとつは「脱出ゲーム」からの派生ではなく、どちらかというと懐かしのあの「ゲームブック」……つまりTRPGの流れに近い、「物語体験」を楽しむもの。
そしてもうひとつが、いわゆる周遊型と呼ばれる、より日常に沿った形でゲームを楽しむというものです。
今回は周遊型は割愛します。まとまらぬ。
物語体験を楽しむものには、非常設型の公演が当てはまると思います。人狼村からの脱出や、コナンや宇宙兄弟とのコラボ作品、マッド博士に、今やっているあるオークション会場からの脱出など。
ここでは閉じ込められたなどの設定を膨らませてオープニングがつき、その物語の一員として、「周りのテーブルの人はなかったことにして」テーブル内完結で謎解きをします。
この謎は、アジトのような探索中心というよりも、もっと論理パズル系のもの。
わたしは探索があまり得意でもなければ「なぜこんなことをするのか」というところが引っかかると楽しみきれない(そういう意味ではパズルルームは納得できました)ので、ストーリーと謎解きが合致していれば楽しめます。
謎解きが好きなら、「この謎を解くとこんなストーリーになる」で楽しめるのかもしれません。
でも本読みの性なのか、「この物語を楽しむために」を主体にしてしまうんですよね。
この物語において、どうして謎を解かねばならないのか。
謎を解くために、物語をくっつけてはいないか。
究極、謎はなくてもいいのです。私はね。
素敵な物語を味わえれば、それでいい。
でも、テレビや映画のようにただ与えられるだけでなく、より能動的に物語に関われる手段として、きっと謎は存在している。
その意味で、わたしが好きな公演は「潜水艦ポセイドン号からの脱出」であり、「マッド博士の異常な遺言状」であり、「魔法禁書エンラッドからの脱出」なのです。あ、エンラッドさんはまた後で触れますが。
特に、よくまとまっていたなあと思うのがマッド博士。
この謎の出題者(もちろん真の出題者は主催者ですよ)が見えている。架空、設定であっても、盤上の敵が存在する。
その仮想敵に勝つために、謎解きを進めるというのが、一番しっくりする解き方なのです。
だって、あの手の謎なんて、そうでもしないとこの世の中に出てこないじゃないですか。
ファイブレインの世界じゃないんだから(ごめんなさい見たことはないです)
仮想敵でなければ、ポセイドン号のように、別の価値観の場所……ある種のファンタジー空間に行くのが、しっくりきます。
なんだろう、ポセイドン号はたぶん西澤保彦さん好きだと好きなんじゃないかしら。だいぶ違うねすみません。言っててずれててびっくりした。
マッド博士なんかはファンタジーにもミステリーにも通じるものがあるのかなと思います。場所設定がいまいち納得いかなくて探索はどうつながるの?ってなりましたが。考えすぎですねそうですね。
で、この方向性をさらに推し進めるのか、もしくはよりアジト寄りにするのか、分かれるのが、大規模公演だと思います。
巨大神殿はアジト寄りですね。エンラッドさんは物語寄り。
個人戦の大規模公演では周りの人をどう考えるかによって違うのかなぁと思います。うん。なんだろう。大規模だからこそ軸にぶれを感じてもやもやするところもあります。エンラッドさんが好きだったのは、全編通してマジクエストという「作り込みのなされた異世界空間における仮想敵=魔法禁書エンラッドさんのルールに則ったうえでエンラッドさんから脱出する=お眼鏡に叶った遊びを達成する」という、エンラッドさん自身が楽しんでわたしたちと遊んでいる感じがあるというか。
ああもう。
まとまらない。

これだけ長々と書いたのはなにかというと。
今日参加した忘れられた実験室は、どちらのジャンルとも違うなあと思ったからです。
基本的には物語体験を楽しむ側なのですが、さらにそれぞれのテーブルが、制限時間内にひたすら「物語を紡いでいく」体験のできる公演だったなあと。
思うのです。
以前、はじめてリアル脱出ゲームに参加したときに、わたしはこれを「渡されていない脚本を手探りで探しつつ演じる」舞台のようなものだと感じましたが、それをさらに強く感じたような。
気がします。
しかも、わたしたちはもはや役者ではなく、物語の登場人物そのものだったような。
パソコンのゲームから始まり、さらにTRPG的要素の潮流ができたそこに、ノベルゲーム的な形ではあるものの物語そのものが流入して。
また違う形の流れが、できる可能性があるのかもしれないと、思いました。
でもこれ、主催者側の負担がめっちゃ大きいですし、規模の拡大もロングランも容易ではありません。
それこそどこぞの劇団のようにそれぞれの組が順に、といった形でないと、息切れしてしまうと思います。
んー。
なにを書きたいのかわからないぞ。
とにかくひとつ言えることは、物語の設定、構成、盛り上がりに至るまで実に美しく練られており、オープニングに始まり謎解きからエンディングまで実に楽しめたということ。
そして、マッド博士と、だてこロイドことラボ子さんのことが大好きになれたということです。
マッド博士……面白い人だなあ。
ミステリーにおける怪人二十面相やモリアーティ教授のように(古いかな)リアル脱出ゲームにマッド博士がいることは幸福なのだと思います。
うん。
いわゆるリアル脱出ゲームではなくて、リアル物語紡ぎ空間……リアルノベルゲーム?そんなカテゴリーに近くなってはおりますが、その新しさも含めて、わたしは、好きです。
そしてその好き、は、諸手をあげて楽しかったー!わきゃー(≧∇≦)となるタイプではなく、むしろしみじみ噛み締めてこんな風にぐだぐだいろいろこねくり回して考えていきたいタイプの好き、です。
わたしの好きなタイプの小劇団の公演観た後に近いなぁ、この感じ。
やっぱり、かなり、舞台寄りなのかな。
双方向性舞台。お互いに創り上げる物語。

公演終了後、どうしようもなく物語世界に浸りたくなり、立て続けに3冊読了したのはわたしです。
物語の持つ訴求力に気づける作品でした。

んー、でも、なんだろう、書ききれない。
うまく言語化できないもどかしさがあります。
とりあえず、パズルガールズさんはすごいな、よくこれでゴーサイン出したな(褒め言葉として)というのがあります。ご自身で何度も企画検討を重ねて作り上げていったそうなので、その熱意と、なんというか、すごいな。と。思います。
思わずニューシングルのCD予約しちゃったからね。そのくらいにはわたしに影響ありました。
うむ。
そのうちまた、落ち着いたらなにか書くかもしれません。

んでもって。
もうすぐリアル脱出ゲームを始めてから1年が経つので、主観全開個人的好み爆発のランキング書いてみます。
熱が冷めてから書かないとあれかもですが、まあ勢いも含めて。

1位:忘れられた実験室からの脱出
1位:魔法禁書エンラッドからの脱出
3位:潜水艦ポセイドン号からの脱出
4位:マッド博士の異常な遺言状
5位:人狼村からの脱出

夜の遊園地(ただしデバッグ参加)や摩天楼もかなり好きですし、マグノリアやオークションも良かったのですが、今だとこうなっちゃうかなぁ……人狼村は遊園地や摩天楼とほぼ一緒だからちょっとした気分でまた変わりそうですが……今は、こんな感じ。
ていうか、これ、ほとんど、ストーリーとして好きな順だわ。全体の出来だとまた変わってくるかもしれません。
結局どこまでも物語好きの本読みなんだな、わたし、と、痛感しています。

まとまらないうえに長いなあ。あ、ねこの日だ。にゃあにゃあにゃあ。
posted by こうや at 22:22| 東京 ☀| Comment(2) | 謎解き/脱出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月14日

ばれんたいーん

ごきげんようならぬ修羅場りよう、こうやです。
大きな山をえっちらおっちら登って、よーーーやくあとは下るだけ!となって両脚にターボをかけたら突然現れた峻烈な山岳に激突して脳震盪な気分です。
あまりにいっぱいいっぱいなのを見兼ねて先輩が残業付き合ってくれました。ありがとうございます……!
今月はとにかく毎日更新を心がけていたのですが、追い詰められすぎてさくっと忘れてました、ショックだーーー。
これもそれも、今月が28日しかないせいですね。31日まであれば、あと3日あれば、もう少し楽だったのに……
これからも積み上がってる仕事量が尋常でなく修羅場なので、どうして昨年度はあんなにのんびりへらへらできていたのかと首をひねっています。

そんなことをつぶやこうとして昨日すっかり忘れてたみたいです。あちゃー。
昨夜は疲れ果てて帰宅後、夜中にちまちまお菓子作ってましたー。
お風呂挟みつつフィギュアスケート見つつ夜中まで……おかげさまで、プル様ショックもジェレミーの衝撃も練りこまれたものとなりましたが……
年に一度の無茶スケジュールでございます。

昨年、もうトリュフはやらない!と思ったつもりだったのに、今年もまたトリュフにしてしまいました。(๑´ڡ`๑)テヘペロ
今回は自家製ラムレーズンを仕込むところからやりましたぜ。ラム酒の分量を計算に入れてなくてチョコレートゆるくなったのは焦りました。

そんなわけで、ラムレーズンのトリュフです。
image-00260214222113.png
かわいいカップにいくつかずつころころ。
不器用なので形が整ってなくてごめんなさい。ココアパウダーまぶしてごまかしたので許してね。

もうひとつは、よくお家で焼くので定番のお菓子。でも、そのままだと芸がないかなと思い、くるみを刻んでたっぷり練り込んでみました。
くるみのブールドネージュです。
image-00260214222246.png
冷ましきらないうちに粉糖をまぶしてしまったので全部溶けてところどころはげちゃった(;´Д`)
ま、見た目はともかく、紅茶にめためた合うお茶菓子なので許してください。はい。

この2種類をそれぞれカップにころころして、まとめてラッピング。今回はシンプルに包んでメッセージカードをつけてみました。
image-00260214222417.png
色味の違うふたつのころころお菓子で、冬のお茶時間を楽しんでくれたらなあという思いを込めてます。

あと、余ったチョコレートガナッシュをタルトレットに流し込んでアーモンドをトッピングした簡単なものも。アーモンドとラムレーズンのチョコレートタルトレットです。そのままですね。こちらも軽く粉糖をまぶしたのですが、写真撮りそびれたー(;・∀・)

今日お会いした方々には強制配布いたしました、毎年この時期はチョコテロ失礼しますです。

今年はもう少しいろいろお菓子作ってみたいなー。
家にオーブンも電子レンジもないのですが、オーブントースターくんは幸いいますので、精いっぱい活用していきたいですね。
でも、クッキーとか使うとバター量に青ざめてなかなか食べられなくなってしまうのが残念……←

あ、お菓子の感想いただけるとわたしがめっちゃ喜びますー。ぜひぜひ。
おまけに、別バージョンのラッピング。
image-00260214222931.png
冬のラッピングといえば毛糸でしょ!笑
posted by こうや at 22:30| 東京 🌁| Comment(0) | ごはん/甘味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月11日

お酒とチョコはよくなじむ

建国記念の日ですね!
ごきげんよう、こうやです。

久々にお家にいられるお休みだったので、一日ごろごろしちゃってました。
いつもの時間に目覚めてしまってからの二度寝(至福)、お布団乾燥機にかけてお部屋の掃除してごはんして甘いもの作ってDVD見て……そして合間合間に絶えることなく紅茶を淹れる。
やー、くつろげましたわー。
お外で遊ぶのも大好きなので暇があると飛び出していってしまうのですが、お家でのんびりする日は設けないとダメですね。何より部屋が荒れてると心もすさむので、定期的にお掃除しないといけません。まだまだ気づくと紙の束がお部屋を占拠していくのでうまく整理したいものです。
今日はカレンダーやポスターをえいやっと剥がして、広い面の壁をシンプルにしてみました。結果すごく部屋が明るくなってうれしい!ごちゃごちゃしてるよりもシンプルなほうが良いみたいです。机の上や本棚ももっとシンプルに片したいなあ。また次のお休みにでも。
充実したお休みでした。
なんていって、持ち帰ったお仕事にまだ手をつけてないのですが……
こ、これからやるんだもん:(;゙゚'ω゚'):

さて。
先日、バレンタインのチョコレートをいただきました!
はじめて見る、見るからにおいしそうなものでわたし歓喜!
image-00260211200629.png
ROYCEの生チョコレート、期間限定の山崎シェリーウッドです!
サントリーのシングルモルトウィスキー「山崎」をぜいたくに使ったというこの生チョコレート。
香りが!香りがたまりません!(*´∀`*)
なんともフルーティーな香りがチョコレートの香りと溶け合って、口に含むと生チョコレートらしいやわらかさの向こう側に馥郁とした……陶然としてしまう美味が、そこにありました。
独り占めしたくなるおいしさです。なおかつ、やみつきになり止まらなくなるおいしさです。
たいていのお菓子はルフナと相性が良いと主張しているわたくしですが、こればかりはウバですわ。ウバとチョコレートの相性は抜群です、特に青山TFのダストウバがよく合いました。
期間限定で滅多に買えないもののようなので、覚えていて来年は自力ゲットしたいと思います(`・ω・´)
本当にありがとうございます、おいしかったです(*´ω`*)
わたし、しあわせです(*ノ∀ノ)

この時期は本当に、いつも以上においしかったり珍しいチョコレートが増えてうれしくなりますね。
そこで週末、わたしに、チョコレートをくれるかわいいコ、大募集です(´艸`*)
トリュフや生チョコレートはもちろん、チョコレートクッキーやマカロンも好きですよ。なによりかわいこちゃんの気持ちが込もってたら、うれしくない筈がありません。
こうやの鞄にはまだ若干の余裕がございますので、みなさまの真心、お待ちしております(´艸`*)
posted by こうや at 20:32| 東京 ☁| Comment(0) | ごはん/甘味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月10日

オイリーはおいしー

露骨に修羅場っています。
露骨に修羅場っているのに、体力がなくなると職場から自然消滅するのでいつになっても溜まった仕事が片づきません。まるで根雪のように降り積もっていきます。
ごきげんよう、こうやです。
最近、先輩方が優しいのがつらいです。もっと効率良くお仕事をできる人になりたいですね。

このところはごはんがわたしの癒しになっているので、もう銀行の残高には目を向けず(´;ω;`)、おいしいものを食べています。
今日のお昼はこんなのでした。
image-00260210221906.png
イタリアンの、ちょっぴりお高めランチ。出張がてらふらりと入りました。
前菜が盛合せで、ローストビーフやたことじゃがいものジェノベーゼ、お豆のトマトスープなどいろいろ少しずつ楽しめるのがうれしいです。
が、何より好きだったのはバーニャカウダ風ディップのスティックサラダでした。バーニャカウダおいしいよ。なすもかぼちゃも生でいけるよ。
バーニャカウダというものにこれまでそれほど興味がなかったのですが、先日飲んだときに連れが頼んだバーニャカウダが、お酒に合うし、とてもおいしかったのです。
image-00260210222227.png
にんじんの苦手なわたしが、ソースをたっぷり絡めたとはいえ生でばりばり食べられるなんて!すごいわ!
それ以来バーニャカウダと聞くとちょっと期待してしまいます。サブウェイの期間限定メニューだったバーニャカウダ風のサンドも好きでした。
アンチョビとガーリック、オリーブオイルの非常にオイリーな感じがバタ臭くて良いですね。

バタ臭いといえば、メインも。
image-00260210222350.png
キャベツとベーコンのラグーソースパスタです。
ラグーソースとはなんぞや?
最初ラグーンと勘違いしてましたが、具材を細かく刻んで作るソースのことのようです。ミートソースもラグーソースの一種なんだとか。
なるほど、とろっとろに溶けたキャベツが濃厚に絡んでました。ラグー自体はフランス語でシチューの意味だそうなので、細かく刻んでとろとろに煮込んだようなソースというイメージでいいのかな。
チーズもたっぷりかかっていて、なんとも身体に悪そうなおいしさでした。こってりオイリーなパスタって、時どき無性に食べたくなります。何かが足りてないのでしょうね。

イタリアンはけっこう好きで、職場近くの大好きだったお店がなくなってしまったのを実に残念に思うのですが、時どき名前が横文字すぎてよく分からなかったりします。
試しに頼んでみて、こそっとぐぐって納得しつつ食べることも。
そしてさすがイタリア、なのか、ずらりと並んだ酒瓶がグラッパやグラッパをベースにしたリキュールばかりで気になりました。
めっきりお酒も弱くなってしまったのですが、またいろいろ飲んでみたいですねえ。

食いしんぼうなので、そろそろ体重計からも目を背けないといけませんね。はい。
posted by こうや at 22:33| 東京 ☀| Comment(0) | ごはん/甘味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月09日

ほっとアイマスク

ごきげんよう、こうやです。
昨日の荒ぶり方はちょっとした若気の至りです、とでも言わんばかりにうららかな陽射しがさしこむ一日でしたね。道路は車の轍と雪かきの成果と足跡で、危険と安全が入り混じっています。
その一方で、植え込みや陰などの人が歩かないところは白い雪がまだこんもりと積もっていました。
image-00260209075129.png
昨夜はしゃいでつけた足跡、エクスクラメーションマークっぽいなと思っていましたが、冷静になるとあの積雪のなか7cmヒールで闊歩してたとか正気の沙汰ではなかったなぁ。
本日は素直にスニーカーを出動させましたが、水が染み込みやすいバッシュなので昨日よりさらにどきどきしています。思ったより歩道が除雪されてて助かりました。
道路がぬかるんでいる状態で夜を迎えて路面凍結するのがなにより怖いですな。せっかくのこの日和のうちに明日以降の対策もしていかなければなりません。既に手遅れなところも少なくなさそうですが、特に裏道は怖いぜよ。

でも、この気候なら、足元と頭上にさえ気をつければ投票に行けそうですね!都民のみなさま行かれましたか!!

さて。
身体中に老廃物を溜め込みまくってよろよろしているわたくし、歳上の男性の肌ツヤに衝撃を受けました(色白でもち肌のうえつるぴかで吹き出物と縁がないなんて、そんな、うらやましいことがありますか……!?)
コツはとにかく身体を冷やさないこと、だそうです。身体を冷やさず、じっくり半身浴などで老廃物を流すこと。
なるほど、と思いつつ、今すぐ取り入れられない実家暮らしの悲しさ。お風呂はちゃきちゃき入って次に譲るのが我が家のマナーです。30分入ってると文句言われますが可能ならば1時間くらいのんびり浸かってたいよう。
老廃物たんまりといえば、お肌はおいおいなんとかするとして、まずはここしばらくの悩みである目の下のクマをなんとかしたい!
コツは冷やさないこと、ということは、あるいは……
image-00260209080432.png
そういうわけで、もうずっと話題の商品、蒸気でほっとアイマスクを導入してみました。
香りがいろいろあるようで、まずは大好きな柑橘系、ゆずの香り。
使い捨ての個包装になっており、封を切ると不織布製のアイマスクが出てきます。
空気に触れるとじんわりあったまっていき、目に当てると、じんわりほぐれていきます。そして鼻に届く香り。
ふぉぉぉぉ、これは気持ちええ……!
アイマスクをして寝ると、一瞬にして爆睡でした。もうそれだけでもありがたいです。眠りが深くなった気がします。
そして、翌朝。
……クマがないぞぉぉぉぉぉ!Σ(゚∀゚ノ)ノキャー
感動しました。わーい!目の下が白いー!ワーイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワーイ
前夜の眼筋マッサージとアイマスクの相乗効果での結果だったようですが、かなりうれしいです。
そしてあまりの気持ち良さに、手放せなくなってます。毎晩の癒しやでぇ……

しかし昨晩は、午前1時過ぎにお仕事の連絡が入って叩き起こされ、飛び起きてアイマスクもぎとり、その後もびくびく1時間おきくらいに目覚めてしまっていたせいか、朝になって若干薄くはなったもののクマがしっかり残っていました。
大切なのは、冷やさないことと、きちんとした睡眠のようですね。反省。
image-00260209185036.png
これくらいの美白を目指して、徐々にお肌を改革していきたいものです。
目指すは美人風すっぴんだぞう\\\\٩( 'ω' )و ////
posted by こうや at 19:40| 東京 ☀| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月08日

ゆきのいちにち

ざんざか雪が降ってます、積もってます。粉雪めいた雪なので、傘に当たるとさらんらしゃららと鳴ります。路面に近づくとすうっと消えるように見えます。実に幻想的な景色が広がっている東京です。
同じ降るなかお外に出るなら、雨より雪のほうが良い。ごきげんよう、こうやです。

山脈によって湿った空気と遮断されている関東平野の、さらに都心部は、こと最近はあまり雪が降らないうえに人口密度が大変なことになっており、また鉄道が複雑怪奇に絡まり合い乗り入れあっているので、予想以上の降雪は即座に踏み固められトラップ化し、どこか一箇所で電車が止まったりすると桶屋のごとく意外なところに影響が及んだりして大変。
そのうえ本日は大学受験の日でもあるようで、朝電車に乗ったら制服姿の生徒がどっさりひしめきあい、本の間に鼻を突っ込んでいました。
わたしは寒いからという理由でほとんどの試験を私服で受けていたのですが、どうしてみんな制服で受験するのでしょうね。お守りか校則なのかしら。うちは校則がゆるかったのでよく分かりません。でも周りの人は制服で受けていたかも、そういえば……
そんななかのほほんと揺られてお仕事に向かえているのは、鉄道各線のみなさまやその他多くのみなさまのご尽力のおかげですねえ。ありがとうございます。

このあたりまで朝書いてたのですが、今はなんというかレミオロメン版の粉雪めいてきています。
横殴りの粉雪。なんと似合わない言葉。絶唱するよ。絶唱しちゃうよ。
そんな感じ。
大通りの歩道は除雪も降雪も間に合わず、踏み固められて早くもアイスバーンになってました。危ない危ない。
お仕事があったのですが、本来のお仕事よりも帰り道確保のために雪かきしていた労力のほうが大きかったような気がします。既に腕も背中も筋肉痛ですわ〜。
先輩には風邪引いちゃうからやめなさいと怒られました。(´・ω・`)ショボーン
今日はまだ積もるだけなので良いですが、明日が怖いと思います。だって間違いなく、凍るよね。ひゃー。
明日は都知事選投票日ですが、投票率下がりそうですね。期日前投票の出足は良かったらしいだけに、残念です。
そんなわたしも、明日はまるまるお仕事なので今日のうちに期日前投票を済ませないといけないわけですが。選挙権を取得して以来、無駄にしたことなどございません( ー`дー´)キリッ

そこまでお昼すぎに書いていたのですが、のんびりごはん食べてさて夕方。
……吹雪いてました。
風がかなり強くなり、気温も下がってきたので、氷の粒めいた雪が吹きつけてきます。地吹雪です。いや、もうこれ吹雪や。
山手線のホームドアに雪が吹き溜まり、霜取りしてない冷凍庫のようになっています。
ああ、地下ホームってありがたいなあ。地下鉄のありがたみを痛感しました。電車待ちの15分の間にホームに溜まる人に雪が降り積もってましたもの。
そして雪が当たると痛い。痛いよう。
珍しく手袋を手放せなくなっていますが、手袋って優秀ですね。ありがたい存在。
できるならば帽子もかぶってくれば良かったと反省しています。
さすがにまっすぐお家に帰るべきかしらん。でもなんだかもうよくわからなくなってきたので予定通りに動いてみたいと思います。
ずっと大丈夫だったのに、山手線ホームで立ち尽くした15分あまりですっかり足先の感覚がなくなりました。油断は大敵。

さて、そして夜。
暗くなっているので雪がよく見えますね〜白いなー明るいなー(白目)
踏み固められた雪が透明度を増して結晶に、ていうか氷だよね氷。根雪ってか氷。完全にあちこちただのトラップです。油断すると上からもどさっと雪が落ちてきますし風は強いし粉雪は氷粒です。
すまじきものは気候なり。
あちこちが早仕舞いしておりますが、とりあえず、期日前投票には行かねば……

さて、お家に着きました。
無事に期日前投票も済ませ、帰宅したら玄関が雪に埋れていたので雪かきをし、お仕事の連絡も済ませ、疲れきっております。
繁華街の道は危ないですよー、完全にかちかちつるつるに凍ったところで上からざくざく雪が積もっているので、隠しトラップ化していってます。
明日がどうなるか今から不安でなりませんが……お仕事がある限り、何がなんでも出かけなければならないので、がんばりたいと思います。
まず、開いてくれよ玄関……!!!

そんなわけで、時間変化によるレポートが個人的に楽しかったので、そのまま載せてみたいと思います。
たまにしかないことなので、けっこう、テンションは高めです。ひゃっふー。
posted by こうや at 21:31| 東京 🌁| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月07日

髪の毛と静電気

修羅場ってますこうやです。みなさまごきげんよう。
早起きが得意でないので、毎朝の早起きがつらいです。22時には寝たいけれどかなりの確率でまだお外だよう。お休みになったらわたし、8時間くらいたっぷり睡眠取るんだ……!

静電気体質なのかこの季節はどこを触ってもばちばちします。
職場のデスクの、机面と端のゴムの間にある金属部分にふと手が触れた瞬間ばちぃっ!!と痛みが走ったときは、ここもか……orz となりました。
静電気のせいなのか、髪の毛も自由に広がったりします。困ったものです。
しかも乾燥しているのか毛先がぱさぱさで、複雑怪奇に絡み合ったりして泣けてきます。

先日髪の毛を切ったときにトリートメントしてもらったら、その日は絡まることも広がることもなくうるつやな髪の毛でいられてすごくストレスフリーだったので、髪の毛のトリートメントに気を遣おうと決意しました。

とりあえず美容師さんにおすすめされた、洗い流さないトリートメントとやらをぐぐってみるものの、髪質によって評価が違い、果たしてどれが合うのやら途方に暮れてしまいます。はふん。
ネットの海をさまようことしばらく……
おや?ニベア、意外と良いかもってレポがあるぞ?
安くて効果的ということで一時期ブームになったニベア、お家にたんまりあったので、とりあえず洗い流さないトリートメント代わりに使ってみることに。
お風呂でシャンプー&洗い流すトリートメントをし、お風呂から上がって軽くタオルドライした後にニベアを手でじっくり塗りたくります。
硬めなのでお水でちょっと溶く感じにしてみました。
一週間が経過しましたが、前よりはしっとりまとまっている感じです。
でもやっぱり毛先はぱさぱさになってきてしまっているので、そろそろそういう悩みに効くトリートメントを探してみようと思いました。
なんというか……美容の世界は奥が深くてみなさん大変ですね……!

効果が出たら続きます。笑
posted by こうや at 23:45| 東京 ☀| Comment(2) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月06日

かりんとまんアイス

ごきげんようみなさま。
前夜の異様なテンパりが嘘のよう、落ち着いて今日を迎えられたこうやです。
最近また自己対処能力が高くなってきていてほっとしてます!人に頼ったり迷惑かけず!自力で!闇を抜け出す力!必須!
しかし身体のほうは順調に悲鳴をあげていて、対症療法には手を出しているのですが毎回「ちょwこれはw」な反応をされます。
身体は大事に丁寧に使わないとあかんね……

さて、こんな凍てつくような寒さで週末には東京でも積雪みたいな話も出ていますが、こんな日にあえて、最近好きなアイスを紹介します。
image-00260206213703.png
今のところナチュラルローソンでしかお目にかかったことのないアイス、その名もかりんとまんです。
湿気ったかりんとっぽい生地がメロンパン的に上からかかったシューアイスのような雰囲気なのですが、これ、けっこう好きなの。
中は黒みつアイスとこしあんが入っているのですが、黒みつアイス9:こしあん1くらいの割合がバランス良くて。そこに皮の黒糖ぎゅっみたいなかりんと感も加わるとにやにやしてしまいます。
洋菓子食べたい気分だけどあんこものが欲しい、なにより歯ごたえが恋しいよ、といった複雑な欲求が絡み合うときに抜群の効果を発揮するのです。
そしてこういう欲求、わたしはよくあるんですよね……

なにぶん上が湿気ったメロンパンのクッキー生地みたいだったりするので、万人受けするおいしさなのかは分かりませんが、これがアイスケースから姿を消したら、しばらくこのアイスを求めて放浪の旅に出てしまうくらいには好きだったりします。
果たして、夏のわたしが食べても同じように好きかは分からないのですが……冬だからこそおいしく感じるのかもしれない、割とこってりした味わいです。
コンビニなどで見かけましたら、ぜひ。
召し上がった暁には、感想を教えてくださいな。
posted by こうや at 21:57| 東京 ☁| Comment(0) | ごはん/甘味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月05日

何で聴こう?

みなさまごきげんよう。
先輩と話していて、何気なく「最近言われたことをすぐ忘れてしまうので、お仕事はなるべくメモするか言われたらすぐやるようにしてるんですよ〜」と言ったら真顔で「こうやちゃん、それはもう脳みその容量がいっぱいいっぱいなんじゃないかな」と諭されました。
不器用なシングルタスク、こうやです/(^o^)\

最近またもがっつりアルバム類を取り込み、なおかつ全曲同期しているせいもあり、我がiPhoneの容量の75%が音楽データに占領されています。
写真もアプリもその他データまで足したところで消費税ほども容量とっていないので、容量から見ると体感は「インターネットやゲームもできる音楽プレイヤー」化していることに。
別に今のところはそこまで支障がないのでいいのですが、これ以上の増加は厳しいかなと思い、曲の選定……ではなく、携帯音楽プレイヤーを別個に導入しようかなとぼんやり考え始めました。
でも、いったいなにがいいのでしょう?
そもそもそこまで耳が肥えているわけではないので最高級の音質をなんて求めてませんしそれなら携帯プレイヤーではなくオーディオそろえますし、だからといってあまりにぺらぺらな音質も嫌だし……と考えて。
以下の条件が当てはまるものがいいなあと思っています。

◎イヤホンで聞いて満足できる音質
◎小さくて持ち運びしやすい
◎アルバムジャケットの表示が可能
◎プレイリストランダム再生などの操作可能
◎できればWi-Fiやらでネットにつなげる
◎できればiPhoneとつながれる(?)

単純にiPod系にしてもいいのですが、これ以上Apple製品に囲まれるのも……そもそもiPhoneとiPodの併用ってほぼ機能重なっているのでそこまで、ですし、かといってSONYのウォークマンさまも……まず音楽管理ソフトから変えないといけないので、変えるには変えるなりの何か決め手が欲しいところ。
もちろんその他のものでも構いませんが、もし携帯音楽プレイヤーをお持ちの方でこれはオススメ!こんなところがオススメ!などありましたらぜひぜひ教えてくださいませ。
イヤホンやヘッドホンのオススメもありましたら合わせてぜひ教えてくださいー!

とりあえずわたしは、ノイズキャンセリング機能が切実に欲しいです。朝晩の電車内では音楽がほぼ唯一の癒しになっていますわよ……
posted by こうや at 23:49| 東京 ☀| Comment(0) | 美術/音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月04日

100周年記念ラッピング

みなさまごきげんよう。ほんの3日前に「眉下」で切りそろえたばかりの筈の前髪が今日なぜか「上まぶた下」でそろっていて、眼筋が勝手にそこへ焦点を当てようとして大変目が疲れているこうやです。
いくらなんでも髪の毛伸びるの早すぎませんか……と思ってはみるものの、母上の胎内から出たときには既に髪の毛ふさふさで成長より早くぐいんぐいん髪の毛も伸びていたらしいことから鑑みて、髪の毛の伸びの早さは生まれつきのもののようです。
髪の毛と身長に栄養とられましたね……必要なとこにいってないぜマイボディ……

それはともかく!
今日は寒いですね〜、立春なのに冬へ逆戻りしたようです。職場でひと息ついてTL覗いたらみんなが雪だ雪だワーイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワーイとつぶやいていたので、期待して外に出たら雪のゆの字もありませんでした……そんなものですよね……orz
雪!どこで降ってるのよ東京のどこで!。・゚・(ノД`)・゚・。
いいんですけどね。傘を持って出てないので降ってないほうが助かるのですが、ありがたいのですそうに決まっている。
同じ降るなら雨より雪、テンション上がるタイプの関東平野民です。

まさかの本題に入らず話題二つ。笑

さてさて。
先日久々に山手線に乗ったら、まんまとラッピング電車でほいほいされましたー!
宝塚歌劇団創立100周年記念ラッピング山手線です。
image-00260204194039.png
到着した電車に普通に乗ろうとしたら、扉横に仰々しく宝塚の広告が貼られていて、あらまあと乗り込んだら中の広告もすべて宝塚!
やーすごかったですわ。
中吊り広告は100周年記念の男役さん大集合と東西で公演中(当時)の星組と雪組のポスターで、それは予想の範疇でどうということもなかったのですが。
ぐるりがすごかった……!
なにせ、宝塚少女歌劇の初公演から現代に至るまで、100年間の歴史がわかる主要公演のポスターと説明が載っているのです(;゚∀゚)=3ムッハー
阪急電鉄の終点、宝塚温泉に人を呼ぶべく、プールの水を抜き劇場化して始まった宝塚少女歌劇。
小林一三翁によって生み出され、数々の名演出家やスタッフ、恵まれた作品、きらめくスターたちによって今日まで続いてきたことがよく分かります。
image-00260204200810.png
この、「再開」の文字に垣間見える浮き立つような喜びよ。
芸術や娯楽はそれそのものとして、政治的メッセージによることなく楽しみたいですね。
それを見て考えられるように。
人生の讃歌をうたいたい。
image-00260204201034.png
主演の美麗な似顔絵ですよ、下手に写真撮るよりうつくしいかもしれません。

空いているとはいえない車内、人様のご迷惑にならない程度にすり足で移動し、車内中の広告を見て回って大満足でした。
ただ、ほんの数駅乗るだけの筈が、眺めるのに夢中で乗り越しすぎてしまい……
やむなく、行き先から変更しました(;^ω^)
そんなこともあるさあ。

単なるラッピング広告でなく、こうして歴史を感じられるというのが実に良いですね。
東京での100周年の幕開けは、邦画を下敷きの下敷きにした意外な現代劇とこれぞ宝塚!というイメージそのもののゴージャスできらびやかで歌い踊って羽ついてなじみやすい音楽でなおかつ斬新なショーでした。この一年、あらゆるジャンルのお芝居やショーで宝塚の歴史と伝統、そして革新を楽しませてくれるといいなと思います。
そして早くすみれの花咲く季節になりませんかね……:;(∩´﹏`∩);:
posted by こうや at 23:16| 東京 ☀| Comment(0) | 映画/舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月03日

寒い日のごはん

おはようの時間に書き始めて、気づけばこんにちはも終わり、こんばんはになる頃に再開すると、どんな挨拶で始めれば良いのか分からなくなりますね。
みなさまごきげんよう、こうやです。

今日はあったかかったですねー!
お仕事の関係でお外に出かけることが多いのですが、今日はコートを着ずにスーツの上からストールだけ巻いてさらりと出かけられました。
そんな軽装でふらふら歩ける気候は、心も浮き立つときめきの季節……!
立春を迎えるにふさわしい陽気となりました。

立春の前日は節分ということで、豆まきをした方も多いかもしれません。
最近では恵方巻もすっかり市民権を得たようで、あちこちで切ってない太巻き……や……太巻きめいたものが売られています。
サブウェイに行ったら恵方巻サンドなるものがありました。フットロングサイズのもののようです。もはやごはんですらない!笑
ちなみに我が家では、寿司タネを仕入れる関係で昨日の朝、自家製恵方巻をもぐもぐしてました。
一日半ほど早いですが、神様の長い生活考えたら誤差です、誤差。
今晩はきちんと鰯も食べましたよ。信心からってね。
豆まきもしつつ、投げた量より口のなかに放り込んだ量のほうが多い気がします。
ソフト煎り豆おいしい。鬼もおいしく食べればいいのに、お豆。節分はおいしい。

今日はあったかいのですが、肝心の立春な明日は大寒波到来で一気に冷え込むとか。
今日の最低気温より明日の最高気温は低いそうです。もう一回言ってくださいといいたくなりますね。そろそろ寒いのは堪能しきったよ……あっためてよ……
気温で味覚が激変するようなので、この時期はつらい頭と舌と本能がばらばらでつらいです。゚(゚´Д`゚)゚。
だいたい12℃くらいで味覚が変わるのか、寒いときには止まらないファミマのつぶあんまんやガルボ抹茶味が、あったかくなると途端に……別に……ってなりますし、寒いときには見向きもしない茶巾やちらし寿司を口に運ぼうかとなるのはあったかくなってから。
暑くなるとバテて食べなくなりますが、それはまた別として。
寒いときとあったかいときで食べたいものって変わりますよね。

前もブログに書いたかもしれませんが、寒いときのごはんで一番に思い出すものがあります。
大好きな大好きな馬場のぼるさんの、『きつね森の山男』という絵本です。
馬場のぼるさんの絵本は何冊か家にありますが、特にこれが好きで、何度も読み返しています。
すごーく寒がりのお殿さまが出てくるのですが、きつね森に住む山男が、そのお殿さまに作る「ふろふきだいこん」が、実においしそうなのです。
「まず、だいこんを、わぎりにぶったぎるだ。それをにるだ。」
こんな簡単な言葉で綴られる、ほかほか身体があったまるもの。
それが平和のきっかけになるのですが、なんというか、冷えは人をすさませるし、ぽかぽかは人を穏やかにしますね!
今読み返すと割に物騒だったりいろいろブラック&シュールに彩られているのですが、幼いときはもうこの「ふろふきだいこん」に夢中でした。
絵本のなかのごはんに憧れるといえば、ぐりとぐらの大きなパンケーキや、からすのパン屋さん。ナルニア国物語などもよく挙げられますよね。
わたしは、『きつね森の山男』のふろふき大根。
もうひとつあえて挙げるなら、大きな森の小さな家(いわゆる大草原の小さな家の原作シリーズ第一作)の最初に出てくる、あぶった豚のしっぽです。
……どこまでも、素朴。笑

わたしが幸福だったのは、はじめてふろふき大根に触れた興奮冷めやらぬうちに、晩ごはんにふろふき大根を出してもらえたことだと思います。
母上に大興奮でふろふき大根の話をして、そうしたら、晩ごはんのおかずにふろふき大根が……
感動して食べましたよ。おいしかったです。
もともとみそこんにゃく(こんにゃくに味噌だれをつけたもの)が好きで無限に食べられるほどだったので、味噌だれが好きなのかもしれません。
そして、絵本の印象も強かった。
だからこそ余計に、ふろふき大根はわたしにとってかけがえのない思い出になり、寒い日にふろふき大根が食卓に並ぶと大喜びするのです。
我ながら安上がりです。

そういうわけで今夜も晩ごはんのおかずがふろふき大根と豚の生姜焼き(しっぽでなくて残念……ですが、五本の指に入る我が好物です!)で大歓喜だったのでした。わーい!
うれしくって輪切りの大根3切れ食べたら満腹ですが……わふー(;´∀`)

絵本のなかのごはんを食べられる喫茶店やレシピ本が最近話題になっていますが、あれはとても良いものだと思います。
できれば初読の興奮や憧れが募っているうちに、ぜひ!
わたしのふろふきだいこん効果のようになればいいなと思います。
というか、お家で気軽に再現できる絵本ごはんなのでぜひやってみてください。
ぽかぽかのふろふき大根ときゅーっと赤ぶどう酒の組合せ、きっとしあわせになれると思いますよ。
posted by こうや at 22:59| 東京 ☀| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月02日

新しい手帳

昨日は2月1日、お正月明けて1ヶ月かつ旧正月も明けた節目の日でした。
そして、わたしが愛用している手帳の発売日でもあります。

そんなわけでさっそく買ってまいりました、ほぼ日手帳2014spring♪
ほぼ日手帳がLOFTで取り扱われるようになってから、もう、この手帳以外を選ぶことはできなくなってしまいました。
特に4月始まりのspringが出てからは、もう、便利すぎて……(*´∀`*)
ありがたく使っています。

ただ、昨年度、と、昨年は、ほぼ日手帳を職場とプライベートに併用していたのですが、お仕事の日々タスクだけでページが埋まってしまうようになってしまったので、今年から職場用の手帳は別にして職場に置きっぱなしにするようにしています。
image-00260202143218.png
シンプルなデザインの手帳に派手めのシールぺたり。愉快なぞうさんの手帳にしました。笑
タスクはこれでだいぶすっきりしたのですが、出張や打合せの予定は職場用手帳と持ち歩き手帳の両方に書いてます。そうしないと怖いですからね……手帳の使い方はまだ少し模索中でございます。

いきなり話がそれました。
そんなわけで、ほぼ日手帳2014spring、さっそく入手です。
事前にカバーデザインを見ていた感じでは、つばきやポルカドットが好みかなーと思っていたのですが……
全然違うのを買っちゃいました(*´∀`*)
image-00260202222923.png
ミルキーブルーというそうです。
このド派手なツートンが可愛かったのー!(≧∇≦)
サーモンピンクやブルーグリーンなどの、境目の色みたいのが元々好きだったので、これだけしっかり水色、そしてピンクな色を買うのははじめて。
自分でも少しびっくりですが、なにか心境の変化があったのでしょうか?
4月から使い始めるのを楽しみにしています。
紙の補強も兼ねてデッコデコにデコりたいなー(´艸`*)
posted by こうや at 22:33| 東京 ☀| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月01日

【速報】甘酸っぱい乙女のムース

旧正月も明けたということで、諸事情により(大したことではありません)イメチェンをはかってきました、こうやです。
きちんとトリートメントするとこんなに髪の毛ってさらつやになるんですね……うっとり。


もうずいぶんとこく〜んさん記事を書いてなくてご無沙汰なのかとお思いの方もいらっしゃるかもしれませんが、実はこまめに行ってましたよ!
そんなわけで久々に、1日更新しようと思います(´艸`*)

image-00260201124925.png
2月のティーセットは「チョコとイチゴのムース」
こく〜んさん初の全身ムース(?)なケーキです。
下層にはチョコレートのムース。さっぱり軽めなのにチョコレートがどっしりコクのある味わいです。
上層はイチゴのムース。イチゴのムース自体、果物のイチゴのあの甘酸っぱさが閉じ込められてておいしいのですが、さらにそこに宝石のようにきらめくクランベリーのゼリーが!
このゼリーが甘み強めの甘酸っぱさで、イチゴのムースと食感も味も違うので、複雑な甘酸っぱさを楽しめます。
さらにその上にイチゴのソースがかかってて!
イチゴの!ソース!
ムースとはまた違う食感(というかソース)でありながらイチゴの甘酸っぱさがぎゅっと詰まっていて、イチゴの存在感を強めます。
そして一番上にはホワイトチョコレート。
この、甘さだけを表現するために生まれてきたようなこの子は、全体の雰囲気をやわらかく甘く包んでいきます。

2月にはあの製菓業界の陰謀……もとい乙女の味方、バレンタインデーがありますが、そんな乙女のそわそわとした期待と不安と努力の込もった可愛らしさを体現したかのようなケーキでした(´艸`*)

合わせるお茶は、今や簡単には手に入れられないアリアとフォームミルクを贅沢に使った「ふわふわミントミルクティー」。
チョコレートとミントの相性の良さはこく〜んさんの12月のティーセットで添えられていたチョコミントのムースでも痛感したところではありますが、いや、これはおいしいです。
単品でも充分においしいところ、コクのあるチョコレートムースと甘酸っぱいイチゴのムースと一緒に味わうことで乙女のもつ爽やかな空気感を表現していき、口のなかがさっぱりとした幸せで満たされていきます。
はぁん……アリア好きぃ……(*´∀`*)

こく〜んさん比で乙女度の高いケーキとのことですが(笑)大変可愛らしくておいしくて、堪能いたしました。

ちょうど昨日あたりから春めいた空気に包まれ出した東京。その、冷たい冬からゆっくりとほどけだした気候によく合う、爽やかで未来の明るい光を眩しく見つめたくなるようなティーセットです。
2月は一番短い月、この子に出会える機会も一番少なくはありますが、ぜひぜひ、ぜひとも、この乙女の甘酸っぱさを味わっていただきたいですな(*´∀`*)
posted by こうや at 13:13| 東京 ☀| Comment(0) | 紅茶屋さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする