2013年12月25日

怖いものは怖い

あまりにも怖くてこれは言語化しておこうと思うので書き散らします。

三津田信三さんの憑くものシリーズは、すごくこわいけれど続刊を待ち焦がれる魅力にあふれています。

もともと怖い話というものが苦手でして、それでも思い返すと怖い怖いと思いながらも怪談本をめくってみたり七不思議や何歳まで覚えていると死ぬというような話を読んでいたものです。それでも怖くてひとりで暗いところに行けなかったなぁ。
小学生のとき、弟の幼稚園の園祭?でやっていた教室を使ったお化け屋敷に入り、床に蛍光塗料で描いたお化けを踏んで先に行くことができず、号泣しながら入り口に戻ったこともあります。(それ自体よりもそのときに親に「いい歳して泣きわめいて恥ずかしい」と吐き捨てられ怒られたほうがトラウマでしたが、しばらくは少しでも光る床に体重をかけることができませんでした)
それでも気づくと怖い話に手を出してしまっていたのは、ミステリ読みであり、ファンタジーの一系統として妖怪などが好きだったからかもしれません。
特に日本の妖怪は好きで、だからこそ、京極夏彦さんを知ったときは興奮したものです。
それに、ミステリ作家はえてしてホラー作品も書いていて、赤川次郎さんや綾辻行人さんの作品を読み連ねていくとやがてホラーを読んでしまったり、恩田陸さんもその系譜に連なります。

最近、といってもだいぶ前ですか、いつ頃だったかに改めて横溝正史にハマり、一作ずつ買っては読み買っては読みしていました。夜歩くまでは読み返したなぁ、何がきっかけで続きを追わなくなったのか。
たぶん、そこから三津田信三さんに入りなおしたからなのでしょう。

このミスだったか本ミスか何かで、刀城言耶シリーズの三作目が大賞に選ばれていたような。そのときにようやく名前を知り、でも表紙からして見るからに怖くて、ずいぶん敬遠していました。
ただ、横溝のようなねっとりとした日本の陰の部分を濃密に残したミステリを読みたくて、手にとったような気がします。
余韻の残るミステリは好きで、たとえそれが恐ろしい余韻だったとしても、有る程度以上謎が明かされていればそれは。
そして何より三津田さんの筆致が、たまらなく魅力的でした。

ただ、作家シリーズには手を出していなくて。あらすじを読んでもそれほど惹かれず(だって明らかに怖そうなのです)ひたすら憑くものシリーズの続刊を待っていたのですが。
ふと。新刊を手にとり、ふと、その姉妹編の前編にあたる本をなじみの本屋さんで見つけてしまい、ふと、買ってしまったのが、はじまりでした。
『蛇棺葬』は、疾走する電車内で読み終えたよですが、いやあめっぽう怖かった。人工の光にこんなに安心したことはありません。
そして安心したいがために買った『百蛇堂』はますます怖かった。ある程度謎が解けたのに、いやだからこそ、怖かった。

ただですね。
さすがにアラサー女子なので、昔のようには怖くないわけです。
ありがたいことに都会の近くで家族と暮らしているので、濃密な闇に包まれて帰ったり長い夜を孤独に過ごすこともなく。
今回の作品でいえば、わたしは明らかに狙われる側ではなく。どちらかというと、怪奇の側に近い外見であることは自覚しています。
部屋に長い黒髪がへばりついていたりびっしりからんでいても、「あ、掃除しなきゃ。海藻類ももっと食べたほうがいいかなー」と思いこそすれ怖がることもなく。
執着されるほどの感情を抱かれたこともないですし、誰よりわたしを可愛がってくれた祖父も石持浅海さんの『ガーディアン』にはなれどわたしを怖がらせることはないと確信しています。
でも怖いのは、ふとした電柱の影の暗がりや、何かが起こりそうな予兆や、そうした目の端のなにか。
起こってしまえばむしろ怖くない、その予感が一番怖いのです。
特に日本の、怪談や、ホラーは。
百蛇堂だってそうじゃないですか。そこからさらに何かありそうなのが怖い、逃げてるさなかが一番怖い。
小野不由美さん『悪夢が棲む家』だってそうです。起こってしまったことより、何かが起こりそうなこと、それ自体が怖いわけでしょう。
そんなことを思いました。

ちなみに、わたしが未だに自分史上最高に怖かったと断言できるホラーは、吉村達也さん『初恋』です。
あなたも明日から実践できるホラー!です。
だからこそちょう怖いです。
要するに、怪物や幽霊や化物やそういうものよりなにより、人間と、人間の情が一番怖いのです。
あれは怖い……本当に怖い。
再読不可な作品ナンバーワン。

ちなみに、映像作品はインパクト強すぎるので無理です。ゾンビもスプラッタもホラーもバトルロワイヤルもヤクザ映画も無理。刺激が強すぎます。なにせスパイダーマン2が怖くて泣いたくらいですからね。突然とか、そういうのに弱いです。

はふん。
落ち着いてきた。
はやみねかおる先生『都会のトム&ソーヤ4』を読んで心を落ち着けたいと思います。

あ、でも、三津田信三さんの作家三部作、前二作も今なら読めるのではないかしら……
家族がいるうちに、ああ……
posted by こうや at 22:12| 東京 ☀| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月18日

面白忘年茶会2013参加録

そういうわけでタイトル通り、面白忘年茶会に伺ってきました〜。
image-00251218004656.png
会場はフィーユ・ブルーさんの紅茶がいただけるカフェのひとつ、新宿のラランジェ・カフェ。伊勢丹会館1階という好立地ながらこれまでお邪魔したことがなかったので、今回は良い経験でした。ブースによって椅子の雰囲気が違い、実にかわいいカフェです。喫煙可なのがちょっぴり……苦手かもですが(;´∀`)
現在はオラトリオに合わせてアップルシナモンハニーのワッフルが出ているそうですよ!
おいしい名前しかついてない!気になる!笑

順調に動けすぎてまさかの一番乗りでしたが、なんと今回は指定席(テーブル指定)とのこと!主催の熊崎さんによる作為のもとテーブルが分けられます。総勢24名近くの参加でした。
テーブルには早くもお茶請けが用意され、本日のプログラムと選べるナフキンをセットして、はじまりはじまり〜♪
ちなみにナフキンは、クリスマス仕様のきのこさんです。きのこの造形と味は好物!なめことかね!笑
image-00251218004632.png
そしてお茶請けはクリスマスということもあってか、ジンジャーナッツクッキーとキャラメルビスケットでした。どちらも定番、紅茶に合わせるために作られたお菓子ですね。勝手に思ってるだけですが、あながち間違ってないと思ってます。

image-00251218004721.png
一杯目はおなじみの茶器でのウェルカムティーです。
桃の花の香りを添えた鉄観音茶ブレンドを使用したティーソーダ。さっぱりした甘い香りと軽い味わいが口に含んだ瞬間に弾けます。
おいしい、これ。ウェルカムティーのスパークリング、だいぶハマってきました。

同じテーブルの方と自己紹介、からの、自分の世界とはまた異なる話をいろいろと聞かせていただきほへーとなっていると、メインの紅茶がやってきました。
image-00251218004746.png
クリスマスだもんね、今年のオラトリオです。ふんわり甘酸っぱい味わいです。熊崎さんはかなり思い入れがあり、あれこれ語ってました。
しかし。
それどころではありませんとも。
なぜなら。
アップルパイきたーっ!(≧∇≦)
image-00251218004828.png
ご案内ではワッフルプレートとなっていたので、まさか、ここで、アップルパイが見られるとは!
しあわせ、です。
こんなしあわせで、いいのでしょうか。
しかもシナモンが雪のように降り積もっているのです。
プレートを考案してくださったお店の方によると、オラトリオと合うデザートプレートということで設定してくださったとのこと。ベリー系の香りの紅茶なので、りんごとカスタードがおすすめ、ということで、カスタードの詰まったアップルパイにしたそうです。そしてご自慢のワッフルも一緒に。
確かに、はじめてオラトリオを販売したときの推奨レシピ?はアメリカンアップルパイでしたね。そのレシピのアップルパイがこく〜んさんのクリスマスプレートで登場し、小躍りしたので覚えています。
いやしかし、感謝感激雨あられ・:*:・(*´∀`*)ウットリ・:*:・
まずはバニラアイスとともにワッフル。いわゆるベルギーワッフルで、かりかりでアイスがしみこむとじゅわっとおいしいです。生クリームも添えてありました。
そしてアップルパイ。ナイフで切ろうとするとりんごとカスタードがむにゅっと飛び出てしまいます。ぜいたくなおいしさ。周りにはちみつがかかっていて、あえてかなり甘めに食べてからオラトリオを含むと、楽園にいる心地でした。
うまうま。わたしは本当にどこまでアップルパイが好きなのでしょうか。

うっとりしていると、熊崎さんによる突発クリスマスティー講座がはじまりました。
面白茶会ではふだん、このような講習的なことはしないようにしているらしいのですが、今回はちょっと別なようですよ。
クリスマスティーの由来はそもそも生活の知恵とのこと。特に緯度の高い西欧において、長い冬はつらいものでした。日照時間の減少によるビタミン欠乏対策と身体をあたためるための健康飲料としてホットワインが広まります。ホットワインは、さまざまな果物(ドライフルーツなど)とスパイスを煮込んで作るものだそうです。そしてまた、同様の理由でハーブティーも普及しており、紅茶はハーブティーの一種として受容されていたそうな。
そしてまた昨今(とはいえ時代の幅はわたしが聞いている限りはっきりしませんでした。クリスマスティーの日本での流行はここ数年、全体でも20年程度のかなり新しい話だったような……)は各メーカーとも紅茶の「ブレンド」に軸足が移りつつあるのだそうな。そんななか、冬にある程度まとまって売上げがあり、なおかつ自社ブレンダーを売り込むチャンスとして、クリスマスティーが見られているのだとか。そしてそもそもホットワインを素地としたあたりでの普及も影響しているとのことでした。
クリスマスティーは大きく分けてシトラス系(アールグレイをベースにしたようなもの)、ベリー系(オラトリオはこれですよね)、そしてスパイス系があるといえるそうです。そしてそれぞれのブレンドにより個性が出る。ただし、素材ごとに抽出時間が違うため、量の設定などはかなり調整が必要だそうです。抽出時間は一般的に一番早く雑味が出るものに合わせ、調整していくとのことでした。

それではクリスマスティーとは買ってきて飲むだけのものかというと、そうではありません。お家で気軽に飲めるのがいいですよね!
そういうわけで続きまして、熊崎さんプレゼンツの即席クリスマスティーです。お砂糖と赤ワインを煮詰めた赤ワインシロップに紅茶をざぱー、これだけ。アレンジとしてオレンジにグラニュー糖をまぶして浮かべてみたり、クローブを刺したりしてもかわいいですよね、と。
今回は軽めに淹れたディンブラに熊崎さんがあらかじめ仕込んでおいたカシスシロップをどばー。
なお、こういうクリスマスティーに興味がおありの方は、12/21にティーセミナーがあるそうですよ。予約不要の先着順、無料講座だそうなので、気になる方はぜひ。
http://t.co/iWANjLMvZy

image-00251218004943.png
そんな即席クリスマスティー、なるほどオラトリオと比べると味が乱暴ですw うん、でもおいしい。個人的な好みをいえば、カシスシロップをもう少し甘さ控えめにしてディンブラをもっと思いきって香らせても良かったかも。このあたりは個人の好みでしょうし、好みの味を自分で作れればいいのですよね。
そのための即席クリスマスティーなわけですし。

みなさんと歓談していると、おまけのお茶が。
名づけて並行世界のオラトリオ。がっつりアールグレイ、つまりシトラス系のクリスマスティーですわう。
image-00251218005005.png
相変わらずアールグレイが苦手でして反射的に唇が尖りましたが、お好きな方がいることも納得できる味。

今回のお茶会では無沙汰をしていたあちらこちらのみなさまにも久々にお会いできて良かったです。行きたいところ、参加したいものが多すぎて、休みの数と合いません!つД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚
お仕事はおかげさまでやり甲斐がありますが、ちと本気でしょんぼりしてしまいました。
少しずつ少しずつ、また、あちこちに顔を出せればと思います。

image-00251218005037.png
最後にお土産までいただき、閉会。
実家暮らしはそそくさと帰りましたが、なんというか、少しの時間でもみなさんとご一緒できたことが本当に心の栄養になりました。
またがんばるぞー!(≧∇≦)
どうぞみなみなさま、良いお年をお迎えくださいませ。

あ、ブログ読者のみなさまにはまだ今年中にお目にかかれるよう、努力、します……(;´∀`)
posted by こうや at 00:52| 東京 ☁| Comment(0) | 紅茶屋さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月13日

りんごと生姜は元気の源@喫茶おとら

お久しぶりです、そしておはようございます!
iPhoneを使い始めて約2年、ようやくiPhoneからブログの更新をできるかも、と思い至ったこうやです。
我が家のネット環境が息も絶え絶えでわたくしの体力も常に赤ゲージのため、パソコンを開くことなく寝落ちることばかりの最近。
iPhone更新という手段を手に入れて、今までよりも気軽にブログを更新していきたいと思います!
その分内容は薄く短くなってしまいそうですが……こればっかりは試してみないと分からないっ(`・ω・´)

そんなわけでさっそく。久方ぶりに、おとらさんに伺ってきたご報告でも。
朝の早い時間から開いているお店ってそんなに多くないので、すごうくありがたい(ノ´∀`*)
朝からのんびりお茶を楽しんできちゃいましたわ。

image-00251212221101.png
久々に来るともうどれもおいしそうで困っちゃう。
季節のタルトもロールケーキも、ああパウンドだって魅力的。
そんな気持ちもありながら、でも、頼めるものはこれしかありませんでしたよね。
タルトタタン(*ノ∀ノ)
思えばあのタルトタタン騒動はもう四年近くも前になるのでしょうか、すっかり冬のおとらの定番メニューになったらしいタルトタタン。そこまでカラメルが強くなく、りんごの甘酸っぱさがぎゅっと詰まったおいしさは、タルトタタンはほっぺたが落ちるおいしさなのだと確信できる一品です(*´∀`*)
そしてそして!
最近できた新メニューなのかしら、前に来たときには気づかなかったお茶が。
それは、ジンジャーティー。
ディンブラとミルクティーから選べるとのことでしたが、それってつまり、ストレートのジンジャーティーとジンジャーミルクティーってことですよね(((o(*゚▽゚*)o)))
このところジンジャーミルクティーの権化と化しているわたくしが、抗える筈もなく。いそいそと頼みました♪
ジンジャーミルクティーは自分で生姜を調整できるタイプで、ジンジャーシロップとジンジャースライスをてんこ盛りもらえます。
ジンジャーシロップは少し辛めですが、やわらかいミルクティーにとぽとぽ入れるとなんともあったまるおいしさに(´艸`*)
そしてジンジャースライスは、汗が噴き出すほど辛い!辛いけどおいしい!ざくざくした歯ごたえもたまらないですし辛いけど甘くて、おいしい。おやつピクルスみたいな感じです。
タルトタタンとジンジャーミルクティー、どちらも笑顔にならざるを得ないくらいおいしくて、たくさんの元気をチャージできました。
このところしょんぼりすることも多かったのですが、弱った心にはおいしいものが一番効きますね。
大満足のお茶を楽しめましたぞ、ありがとうございます。

今日はその記憶を頼りにがんばるぞ(`・ω・´)
ではでは!今週最後の出勤日という方も多いと思います、花の金曜日、最後の力を振り絞っていきましょう〜(・ω・)ノシ
posted by こうや at 08:10| 東京 ☀| Comment(0) | 紅茶屋さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする