2016年12月30日

うなりくん、初めて知りました

一瞬気を緩めた隙に年の瀬がざんぶざんぶと打ち寄せていて、お目々ぐるぐるするしかありません。
皆さん!あとたった……27時間弱……!?で今年が終わるって、ノストラダムスが予言してるみたいですが、よもや、信じてたり、しませんよ、ね!?!?!?
ごきげんよう、こうやです。年齢がばれそうですね。

さて、まだダウンコートを着るなんて選択肢になかった頃の旅行記も終わってないのにさらに別の旅行まであったり、書きたいことや何や彼やはやまのようにあって未完の下書きばかり溜まっていますが年の瀬なのでとりあえず納めねばなりませぬ。

そんな訳で。
良いお年をお迎えすべく、ちょこっと遠出してきました〜(=゚ω゚)ノ

1時間あまり乗り換えなしという好条件での遠出(日帰り旅行、というには近場ですが)には、少し非日常を感じられる海外SFがぴったり。
発売と同時に購入し、頭の方を読みかけたままになっていた『カエアンの聖衣』を片手に乗り込みます。
いやあ面白かった……ラストも含めて大好きな作品になりました。これはなるほどマニアのアイドル。
念のため、降車駅到着5分前にアラームもセットしていましたが、お世話になる前に気づけましたし、あったかい車内でうららかな日差しを浴びながら異世界を堪能。スペースバロックSFのとんでもなさはいつもと違う路線にぴったりです。
劇団☆新感線やグレンラガン好きならぜひおすすめ、キルラキルファンなら必読の書。
何せまず中島かずきさんが解説で明言しているほどなのですから!
この書がなければ、どちらも生まれていなかった、と!
宇宙で広げる大風呂敷、あ、そうそう服飾好きな方にもぜひともおすすめですので。ぜひ。

一瞬にして語りたいことからずれていってしまう〜

さて、本日伺ったのは、2日ずれたら大騒ぎ、でおなじみの(?)場所でした。
年の初めに限らずとも、初めてだったら初詣!
自分のペースでゆったり回れるのを良いことに、説明書きも読んでご朱印もいただいて、堪能してまいりました(*´ω`*) 思わぬお話も聞けたりしてラッキー♪
いやしかし、どうしても甘やかしがちだけれど、己に克っていかねばね。。
image-b04b7.jpeg
成田山新勝寺、開祖こそあれですが、大変良いお寺さんでありました。

そして。
成田山といえば、ねえ……?
絶滅の危険が叫ばれてから密かに、安い店での不買運動を続けていたものの、渇望やまぬあのものを、出世祈願というわけではありませんが、いただいてきてしまいました。
奮発したぜ!うな重だい!
image-1343c.jpeg
いやぁ……至福でしたわ……脂ののってふわっふわの身、とろける皮、食欲をそそるたれ、そしてたれの染み込んだごはん……
あくまでさっぱりと、しかしつるんとした歯ごたえを失わせない肝吸いに、箸休めのお漬物まで。
あぁ……しあわせやわぁ……(*´д`*)アハァ
途中でお腹は限界を迎えていましたが、それでも箸が止まらないほど至福のごはんでした。
いただくまでに、席が空くのを待つこと30分余り、そこから出てくるまでさらに30分余りと、合計1時間近く待っていたようですが、それだけの価値はありました。むん。

そして、友人からの旅行土産。
行き先を聞いた瞬間、"お言葉に甘えて"(重要)物欲の権化な長文お願い連絡をしてしまった非道ですが、あの無茶なお願いをよくぞ叶えてくだすった!
image-fb3a6.jpeg
ありがたやありがたや……異国の香りをすーはーしてます。うれしい。
できるなら自分でも行きたいものですが、何せ海外は連れがいないと(安全面で)ハードルが高い……
……来年の目標にしようかな。海外!

ファビュラスな姉妹がヘヴンリーな場所でプレシャスな時間を過ごし、周りの方々もハッピーでシャイニーな気分になったらしいことを覗き見てややうらやましくはなりましたが、この年の瀬に遊んでくれる友人への感謝の方が大きいんだぜ。
大変楽しい年納めとなりました。
ありがとうございます!!!

今年は総括のしようもないので、これにて。
どうぞ皆さまも、良いお年をお迎えくださいませ……♡
posted by こうや at 20:57| 東京 ☀| Comment(0) | 旅行/遊興 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月24日

日が暮れたら次の日だから

Happy Holiday!!
今年の暦の並びは、あれですね。なんというか……大変ね。
ごきげんよう、こうやです。
気づけば年の瀬も押し迫り、近来稀に見る大激動の年も終わりを告げようとしています。
わたしは自分のうっかりでまだまだ年を越せそうにありませんが、皆さまはいかがお過ごしかしら?

そんな訳で3連休の中日。
どこもかしこもすごい人混みだったようですが、わたしは相変わらずな日を過ごしておりました。
特にお伝えしたいのは!近藤史恵さんのビストロ・パ・マルシリーズの新刊、『マカロンはマカロン』がとっても良かったことです(*´ω`*) はあ大好き、わたしもパ・マルでごはん食べたい。
今年読んだ本も映画も本当に良いもの揃いだったので、また改めて書けたらいいなぁ。
放り出してる旅行記もいい加減どうにかせにゃね。やることたくさん!

それはともかく。
……なんかね、顔を出したくなったのよ。
今夜の、こんな日だからさ。

時間が合ったので、ほんとに最後の食べおさめ。
E17ABD18-781C-40B0-A5F8-32E502328B49.jpg
今年のこく〜んさんのクリスマスセットも、それはおいしかったです。
アップルパイの下に敷いてあるスイートポテトが先月のものとまた違っておいしく、しあわせ。
シュトーレンではありませんが、ジンジャーケーキのしっかりとした硬さとドライフルーツ、砂糖衣が紅茶によく合っておいしい。オレンジピールのアクセントもすてきです。
そして、バニラアイスには邪道ながら赤ワインシロップを垂らしてまた異なるおいしさも(´艸`*)
限定紅茶のアップルチャイもそれはそれはおいしかったですが、これも赤ワインシロップを足すことでまた違った魅力を楽しめて……いやわたしこれは赤ワインシロップ入りが大好きですわ。
D106BC9A-E8B3-4C80-BD13-84E81FE0D2B8.jpg
おまけにマシュマロミルクティーまでいただいて、すっかり満足して帰路についた……ものの。

最近めっきり、甘いものをごはん代わりにすることができなくなってきたわたくし。なんか、しょっぱいものが欲しくなるのよね。
まして今日は一年で一番見た目にも華やかなものが出回る日ということもあり、しょっぱいものもいただくことにしました。

アラカルトを組み合わせて、プチコース風にしてみたので書いておきます。何かうまいこと名づけられたらもっとそれっぽいのかもなぁ。フランス語、フランス料理に疎いからそのあたりから調べていきたい。
まずはアミューズ。生ハムのサラダ、オニオンドレッシング。
続いてスープ、サムゲタン風。
メインは、ローストビーフ〜トリュフ塩を添えて〜。
白桃の香りのお酒と、華やかなダージリンを合わせて、デザートにはパンのようなシュトーレンを選んでみました。
87B362E4-0B44-4973-8947-C8C6B05ADFFA.jpg
品数が多いと豪華な気がしてきます。わーい。
とても食べ切れませんでしたが、こういうのもおいしいなあ。

あとは、朝起きたらサンタさんからプレゼントがあるといいな……せめて、平穏な休日とか、そういうのがあると……いいな……

食べものの話しかしていないまとまらないやーつです。
しかし、書いたら満足してきました。
それではおやすみなさい。
皆さまにすてきな夢が訪れますように……

今宵の読書のお供はクリスマス・カロルにしましょうかね。
posted by こうや at 22:57| 東京 ☀| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月16日

SKI2016-15 しあわせを感じる朝

すっかり冬の寒さですが、夏の名残の旅行のことを、わたし、まだ、忘れてないよ!!!
ごきげんよう、こうやです。
のんびりと長く続いたこの旅も、いよいよ最終日。
締めに向かってたらりたらりと続きます。

ホテルでひとり晩酌を楽しみ、あったかいお湯に浸かってうああああーと呻き、ほかほかになったところでベッドに潜り込んで文庫本をめくりながらいつの間にか寝ている、そんな夢のような夜を越えて。
朝です。
爽やかな朝日に照らされて目覚めたこうやさん。
ベッドの中で考えました。
今日はどちらのモードにしよう?
とにかく無理をしないことを最重要事項に挙げていたため、旅程も全日程「ハードモード」と「イージーモード」の2種類を設定していました。
初日、中日と結局はハードモードを選んでいましたが、さて最終日は。
思いながら起き上がり、伸びをひとつ。身体はどこも異常なし、快調です。
時計を見ると、すっきり目覚めたのにこの早さ。
なるほど、これはハードモードでも問題ないな。
結論づけて、さっそくうきうき動き出しました。

荷物をまとめ、チェックアウト。そのまま大きい荷物だけはフロントへ預けて、身軽になったところで腹ごしらえへ向かいます。
お目当ての場所へ向かう前に、こちらへも。
住宅街の中にひっそりと佇む小さなこの神社は、幸神社(さいのかみのやしろ)といいます。
0C5B2710-EA76-4375-AFDB-2A2E7C9812BA.jpg
元々は塞の神として、鬼門除けの神様だったようですが、漢字を変えたことを機に縁結びなども入るようになったのだとか。天宇受売もお祀りしているそうで、芸能の神様でもあるのかしら。
カラスに見守られながらお参りしていると、おじいさんがジョギングの途中に立ち寄ってお参りしたりもしていました。京都の神社仏閣は地元に根付いている感じが本当にすてき。
後でネットを見ると、左隣のお家が社務所?を兼ねていて御朱印も書いてくださるそうですが、朝早かったのと、お参りできただけで満足したので今回はこれで充分。
平安時代から残る岩や、可愛らしいお猿さんをひとしきり眺めて後にしました。

幸神社から東に歩くことしばし。
アーケードのある商店街へとたどり着きます。
ここまで来れば、目的地はすぐそこ。
F2B5F06B-2563-441E-9C50-2A9DEB4D801A.jpg
そう、出町ふたばー!(≧∇≦)
朝から開いてますし、朝なら品出し前のことはあっても売り切れていることはそんなにないですし、何より朝の甘味はサイコーですもの。
うきうき買い込みました。ここのあんこはほんと癖になるおいしさです。

そのうちのひとつを朝ごはんにすべく、鴨川へと降りました。
ジョギングコースにもなっている川端のベンチに腰を下ろして。
C760FA52-28C8-499C-8ACC-DB7B0B410D87.jpg
なんと愛らしい、ぽってりとしたフォルムなのでしょう。
えんどう豆をふんだんに使った豆大福を、夢見心地でいただきます。
歯ごたえのしっかりとした、よく伸びるお餅。
その中に、やや塩気を感じさせるえんどう豆がところどころ顔を出し、一番奥にはぎゅっと甘味の詰まったあんこがぎっしり……
はうう、おいしいですう(*´ω`*)
しあわせ、いただきました。

11D85036-48F4-44B2-BD45-7B35479EE3A1.jpg
こゆなすっきりした青空の下、こんなにおいしい大福で一日を始められるなんて、これを幸せと言わずしてなんと言おう。
右上に写っているとおり、鳶にかなり威嚇されましたが、渡すつもりなんてさらさらありませんことよ。

朝からしあわせを満喫し、甘味で体力を充填したところで移動します。
最終日は前日とはまた違う動き方になるので大変なんだよなぁ!
この続きはまた次回。
ではまたね。
posted by こうや at 22:50| 東京 ☀| Comment(0) | 旅行/遊興 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする